topimage

2018-02

本日は給水ポンプの交換(東芝洗濯機 AW-60GL) - 2018.02.14 Wed

ということでっ、久々の連日投稿(-o-)/~

しかも修理ネタを連続投下。

というより、実はこちらの方が少し前の出来事で、しかも記事原稿もそれなりにうちこんでいたのですが、


まさかのほぼ打ち込み終了間際のふりーず

あんど

まさかの途中まで一切保存せず作業


あんときゃーかなりへこみましたか(´-`).。oO

その痛手から立ち直り再び原稿制作への情熱を再燃させ今に至ったわけです、ハイ。

でっ、我が家の洗濯機ですが先日カミさんより給水ポンプの調子が悪いとの報告を受けまして。

P1241069.jpg

こちらです、ハイ。

どのような症状かと言いますとウィ-ンウィーンと唸りましても一向に水を吸わないわけです。

またもやググってみますと洗濯機の給水ポンプというのはかなりの確率で逝かれるようなのですね。

よくよく考えれば垢まみれの水をあんだけの量毎日吸っていたらそりゃー逝くでしょう。

自分だったら一日ならまだしも三日連投だったら「どんな罰ゲームなんだよ…」と企画を考えた監督に文句の一つも言いたくなりますな。

給水ポンプさんにはよく頑張ったねとねぎらいの一つでも声掛けを行い、勇退していただくことにしたいものです。

でっ、通常であればここでメーカーに連絡を入れ有償(補償期間は過ぎていますので)にて修理を依頼するところなんですが更にググりますと、


何か自分でやれそう…


と思った次第なんです。

でっ、まずは新たなポンプの購入ですよね

メーカ名や洗濯機の型番、関連ワードを打ち込みます

P1241070.jpg

※因みになんだか汚いのは我が家のニャーズが洗濯機に乗っかりボタンをポチリとする誤作動を防止するために猫除けシートを小さく切って固定していた名残です…結局使いづらいので外しましたが…

「東芝」、「AW-60GL(W)」、「給水ポンプ」、「修理」

などと打ち込むと関連記事が出てきますのでそこで案内されている販売サイトへと移動。

東芝の洗濯機、給水ポンプ、という項目では一致しますが型番では完全一致とはなっていませんのでそこからそのサイト内でさらに調査。

ようやく完全一致のポンプまでたどり着きました。

自分の場合は


T420-45-115


が該当しました。尚対応機種は


AW-60GK、AW-60GL、AW-60GM、AW-6G2、AW-6G3、AW-70GL、AW-70GM、AW-7G2、AW7G3


となりますm(_ _)m

早々にポチリまして待つこと4日。

届いたところから作業開始。

前回記事にも記載しましたが以下記事は飽くまでも参考程度にされて自己責任にて作業をお願い致しますm(_ _;)m

「当局は一切関知しないのでそのつもりで」(-o-)

※声は大平透さん(喪黒福造やハクション大魔王の方ね)でイメージのこと


まず用意するもの

【新たな給水ポンプ(T420-45-115)】

P1241074.jpg

開封するとこんな感じです。

P1241075.jpg

【ドライバー】

プラスあんどマイナスの両方を用意のこと

P1241073.jpg

【バスコーク】

P1241076.jpg

接続部分の水漏れ防止に必要です

コーキング材でもいいのですがあれは一度開封したら使い切らないといけませんのでちと勿体ないかと思いこちらにしました(しかしこれでも次回いつ使うかは不明…)

ホムセンで四百円弱で買えます。

【デジカメもしくはスマホ】

配線関係やポンプがどのようにレイアウトされていたかを確認するのにあるといいです。

「あれっ、これってこれでいいんだっけ?」と不安な気持ちで作業するのもどうかと思いますので…

【ウェス】

水回りの作業ですから万が一に備え用意するべきです。

【掃除機】

いずれ分かります…

さて、作業へと入っていきますが、まずはコンセントを抜きます。

作業中に何気にポチリして誤作動を招いた最悪ですからね(ネタとしてはおいしいが…)。

次に給水ホースの取り外し。

ダイヤルを「止」にし、濡れては困ると思いタオルを周りに敷き、いざっ、取り外しにかかると

P1241071.jpg

何ですか、ちゃんと内部でそれに対応した栓が付いているのですね(-_-;)…

P1241072.jpg

無事に取り外せたので早速移動ー


したのですが本来であれば排水ホースも外します。

自分はその作業も面倒だと思いそのまま移動しましたがその場合には排水ホースに負荷がかからないように注意しました(ちょっとしたストレスでも水漏れの原因になります)。

洗濯機には左右にレバーが付いていますので一人でもそれ程苦労しませんでしたが不安がある場合や女性であれば二人で確実な移動をした方がいいかもしれません。

P1241077.jpg

P1241078.jpg

でっ、そもそもなんで移動したかと言いますとポンプを取り外すには背面にあるネジを外さないとカバーが外れないからです。

移動した後ですが洗濯機下はとても素敵なことになっていました、まっ、予想していたけどね。

P1241079.jpg

ここで掃除機が登場するわけです、ハイ。

背後丸を付けた2か所のネジを外します。

P1241080.jpg

で、カバーを外しますがカポッと簡単に外れるわけでもなくツメらしきものでかみ合っていますので多少力を入れながらでも力を入れすぎるとバキッとこわれるので慎重に…とやや矛盾しますが程々の力で外しましょう。

黄色い線で囲っているのが交換すべきポンプです。

P1241081.jpg

でっ、ここで付属したこちらの穴の開いたシートの意味が分かります。

P1241085.jpg


P1241082.jpg

P1241086.jpg


水漏れ防止のためにここに付けるパーツだったのですね。

配線を外します。

P1241083.jpg


ここでどっちがブルーでどっちがグレーか…

と迷わないようデジカメ等で画像を記録しておきましょう。

こちらが外した状態。

P1241084.jpg

尚サイド取り付ける際にはオス端子が薄いの慎重にしっかりと取り付けてください。

ちょっとでも斜めに力が入ると端子が曲がります(経験者は語る…)。

また画像のようにしっかりと端子がかぶさるように接続しましょう、これを怠ると漏電やショートの原因になります(よく分かんないけど、そんな気がする…)。

ポンプと洗濯機本体を接続している下部のツメを外します(反対側もあったかもしれないので色々な角度で確認することをお勧めします)

P1241088.jpg

本体とポンプをつなげているチューブというかホースというかこの2か所にはコーキングがされているのでこれをマイナスドライバー等でグリグリしながら剥がします(カッターなど鋭利なものですと本体を傷つける可能性があります)。

P1241090.jpg

P1241089.jpg

P1241092.jpg


でっ、最後はパカッを本体を外し(なお外す時はえいやっ!と勢いよくではなくソロリソロリと外しましょう、もしかしたらどこか外し忘れている箇所があるかもしれませんので…)、新たなポンプを付け替えます。

P1241093.jpg

本体をチューブを2か所接続しますがここでバスコークの登場です。

接続部分に水漏れを起こさないよう上手く包み込んで下さい。

尚、古いポンプを外す際にコーキングがどのようにされていたかを注意深く観察されることをお勧めします。

ポンプ取り付け後はカバーも取付、元の場所にもどし、給水ホースの取付、コンセントをブスリとし、これで完了ー

ではっ、早速始動を、


してはなりませぬm(_ _;)m


バスコークが硬化するまで待ちましょう。それを待たずして回すと水漏れの原因になります。

尚硬化時間は製品の硬化時間に従いましょう(気温によって硬化時間は変わりますので詳細に確認されてください)。

でっ、後日回してみたら見事に治りました。

音も給水量も前より良くなったみたい(なのは気のせいかもしれない…)。

因みに他サイトの方は給水ホースも接続部分のゴムが劣化していてOリングを交換していたようです。

なので上手く給水しなかった場合は落ち着いて他箇所、場合によっては再度ポンプの取付状況の確認をされた方がいいかと思います。

ポンプが不良品だった、とは早々に結論を出すべきではありません。

※実は修理後2日目にカミさんから給水の調子が良くないといわれたのですが数日様子を見ると治っていました(よくわかんないけど←確認もせずに続けて使用している感覚はおかしい…)。


ネットで調べてみますと業者にお願いすると2万円ほどかかるようです。

なのでだいぶ節約できましたね。

それほど難易度は高くなかったので自分としては得をした気はします、ハイ。

ただし不安であれば間違いなく業者依頼をお勧めします。そちらの方が確実です。

要はこういった作業が自分は好きなんでしょうね、金銭的なことにかかわらず…


東芝【部品】東芝洗濯機用バスポンプ T420-45-115 ¥3241-+送料 成


本日はここまで
スポンサーサイト

本日はヘッド受の交換(INAX ラ・バス CKNB(2)-B-L の場合) - 2018.02.13 Tue

ということでっ、久々の更新となりますm(_ _;)m

昨今のえすえぬえす疲れとでもいいましょうか、何だかfbだのインスタなどの更新が億劫になり始めた今日この頃でございます…

とはいえ本業でございます木工ネタにつきましては節目ごとに更新するとしてこちらのブログにつきましてはほぼ趣味的なことや日常ネタなどに特化し気が向いた時に更新しようかと思い立ちました

といった次第でこれまでのインスタ誘導記事も削除いたしましたよ。

さて、家を建てましてから早8年、次第に所々ボロが出始めまして外壁の塗り替えもそろそろ視野に入れんといけんな…などと思っていた今日この頃浴室のシャワーヘッドの受けがブローしました(- -)…

P2121094.jpg


でっ、しばらくの間は市販のこちらのヘッド受けを使用しておりました

P2121095.jpg

が所詮は汎用品、吸盤パワーの急激な低下に、


こりゃ、アカン…


と思いました。

その後、ホムセンにて何か代替えとなるものはないかと探しましたが磁石式のものがあり


これでも買ってみるか


とも思いましたがたまたま居合わせたカミさんから


所詮こういったものは耐久性も悪いのだしちゃんとメーカーのものの方が良いのでは


と提案がありました。


なので帰宅後チコッと調べてみました。

ウチの浴室はINAXの「ラ・バス」というシリーズでして取説を見ますと

スライドフック付握りバーの後に「CKNB(2)-B-L」と表記されてました。

この品番と「INAX」、「ラ・バス」、「交換」などのワードを入れてググりますと

「CKNB(5)-SF/CH」

なるものがamazonサイトで紹介されてました。

でっ、他サイトも見るとどうやらウチの使っていたパーツは既に廃番とのこと。

であれば現モデルで対応するしかないかと思いましたが果たしてこのモデルが適合するのかという疑問が出てきます。

もう少し調べてみると他ヘッド受けとの違いはバーの直径のみということ。

直径24ミリと30ミリの2種類がありましてウチのは計測したところ30ミリでしたのでこちらの「CKNB(5)-SF/CH」で問題はないようです。

なのでamazonサイトに飛びポチろうとしましたが他メーカーで同じ直径で安いものも案内されてました。

値段は半値までとはいきませんがかなり安かったです、でもINAX純正のものにしました。

なぜかというとやはり品質の高さを優先させました。

洋服の品質でよく有名ブランドのタッグを付けるだけで高くなると聞きますが、やはりこういった日常使いのものはある程度値段が高くてもいいものを選びたいものです。

ここで「安物買いの銭失いはしたくない」、という気持ちを優先させました。

ポチリとやりましてから3日後、商品が届きましたので早速取付作業を。

実際にご自分で交換されている方のサイトを見ますとどうやら付属の取説には具体的な交換方法が案内されていないようです。

なのでっ、却ってこういった紹介サイトが重宝されます。

とはいえ、以下紹介記事はあくまでも参考程度とされ、もしご自分で行う場合は自己責任にてお願い致しますm(_ _;)m

準備物は


新たに注文したヘッド受け

P2121097.jpg


ドライバー

P2121098.jpg


以上2点になりますm(_ _)m。


まずは壁面に取り付いていますバーの取り外し作業を行います。


ここで悩むのが特にネジで固定されているわけでもなくどうしたものやら…といったところが第一関門でしょうか。

正解は壁面側のパーツを「逆回し」をして外す。

普通に回すと却って締め付けてしまいますます外れにくくなりますのでご注意を。

P2121099.jpg


でっ、外れました。

P2121100.jpg


さて、この壁面とバーを接続しているパーツを外さないと壊れたヘッド受けと新品を交換できないので内蔵されているネジを外します。

P2121101.jpg


結構ネジが長いので空転するまで回し続けて下さい。

P2121102.jpg


取り外し後新たなパーツをバーに通します。

P2121103.jpg


で逆の手順で取付を行い終了ー

P2121104.jpg


アイボリーでまとまっていた所にいきなりのメッキパーツに違和感は否めませんがこればかりは致し方無いかと。

まっ、これまでと違いプッシュボタン一つで高さが調整できますので使い心地は向上したので良しとしましょう。

8年も経ちましたので徐々にではありますがいくつか箇所で修繕が必要になってきました。

ネットが復旧していない時代であれば専門家への依頼が必要でしたが現在ではこのように調査すればちょっとしたことは素人でも行えるのはありがたいものです。

INAX スライドフック メッキ仕上げ CKNB(5)-SF/CH お値段¥4798-成り

本日はここまで

本日はハレの日 - 2016.04.04 Mon

※今回の記事は長いですから場合によってはスルーいただいて結構です、ハイ(-o"-;)/!

ということで、本日はとある美大の入学式(ハレの日ですが“仏滅”です、ハイ…)。

お蔭様で本人はその式に出席できることになりました。

私自身は普通の大学(とは名ばかりの変人の集団でしたが…)出身でしたのでまったくもってして美大受験なるものは「どうすれば良いのじゃ(- -;)?」と悩んだものでした(というよりは呆然自失の方が正しいかもしれない(-_-;)…)。

しかしながら私の周りには美大を目指した方や美大に通われた方そしてその道で成功された方など多くの方が不思議とおりまして(特に本人志望の大学関係者の多いこと(-o-;)…)。

「高2ぐらいから本格的に始めないと駄目だよ」、「自分の実力が全国ではどの程度なのか知るために節目ごとに首都圏の美術予備校の短期講習には出た方がいいですよ」、「実技の10点より学科の10点の方がはるかに取りやすいです、肝は実技より学科です」、「学科なんてどこでもいいからとにかく入ったモン勝ち、転科すればいいんだし、よく上を目指して何年も浪人する人がいるけど結構そういう人ってズルズルいっちゃうんだよね…」

などなど子供が目指さなければ知らない世界でした。

高校1年の冬より上京してすいどーばた美術学院の冬季講習に臨んだことから始まりました2年間。

高2の春よりは高崎の美術予備校の夜間コースに通い、横川まで自分はカミさんと調整(高2当時、下の子は中3で佐久の塾に行かせていたので二手に分かれることも)して迎えに行きました(軽トラ)。

苦手な英語を克服することが突破口だと赤本と「くもんの中学英文法」と「英単語 FORMULA1700」(もう「DUO」や「FOREST」では無理と判断)で正月返上の突貫工事を決行。

年の明けた1月、センター試験が終わった翌日よりどばたの直前講習に参加させるため単身上京。

本番を迎えた2月より12日間連続の入試。

試験終了後からまたどばたに通い、いよいよ2月25日は最難関の芸大の1次試験(倍率は11.3倍、対して美大はだいたい4倍ぐらい)。

結果を待ちながらまたまたどばたに通い、迎えた3月1日、

この日、本人の2年間に渡る受験の日々に終止符が打たれました。

ちなみにこの日は高校の卒業式でもありましたが当然欠席(- -;)…

結果は4勝1敗。

親ばかですがまぁー、まずまずの成果でしょうか。

12日連続の試験なんてそのハードさを知らない現役だからこそ出来る日程。

もし浪人した場合は学科の力は落ちる一方、実技はそれほど伸びず(すでに2年通っている人間が飛躍的に伸びるわけない)どんどん美大合格は遠ざかるだろうと。

ゆえに今年がもっとも成果が期待できる年と想像してました。

念願叶っての入学ではございますがあくまでもココは通過点。

今後は創作活動とネットワークの構築、そして社会経験を踏まえたアルバイトの日々、と自己管理能力を持ってもらう忙しい4年間を望みます。

でっ、ハレの日は本人とカミさんに行ってもらい自分はネコと留守番です(ぜっ、全然くやしくなんかないんだからっ、)。

さて、お次は…、下の子の受験ですな。

よりによって第一志望が国公立の工学部、倍率が5倍と美大より高いのよね(- -;)…


本日はここまで

本日は自分のカーライフについて思ふこと - 2015.12.26 Sat

ということで前回取り上げた「カーライフ」で触れた



の続き。

といった次第で僕は結局初恋の人を手中に入れた。

テレビで宣伝していたCMを見て一目ぼれし、それまで全くもってして興味のなかった自分が始めて買った車雑誌はその車の特集だった。

そこから色々と車の世界を知っていくうちに正直目移りもした。

学生時代最初に買おうと思ったが予算が届かなかった(つまりその経済的事情ではその後もメシを食わせていくこともできなかったであろう)。

そこからは家庭の事情やらでなかなか購入できなかったのだが

もうそろそ購入しないと車体が見つからないのでは…

といった危機感から踏み出した。

納車されたときは


ようやく、

ようやく迎え入れることができた


といった満足感。

年々パーツの入手が困難になりつつあり修理に出したら「これがメーカーで在庫していた最後のものです」と勧告された。

つまり、次にそこがブローしたらおしまい、

とは自分は思わない。

なにしろもっとご年配の貴婦人が元気よく町中を闊歩している。

それはただただオーナーさんの愛情の結果だと思う。

絶対に何がしかの方法で生きながらえられるはずだ、と信じている。

齢、26歳、まだまだ若いお姉さまだよ、おまえは。

本日はここまで

本日はカーライフについて思ふこと - 2015.12.19 Sat

ということで前回取り上げた「趣味を持ちたい」で触れた


「車」

正直「車好き」と自称している人が色々な車に乗り継いでいるほど気の毒なものはないと思う。

結局は本気になれないのだろう。

異性とのお付き合いと同じでフィーリングが合わないっ、ちゅーヤツが原因の大半だろう。

中には途中で不幸な事故に遭遇し死に別れるケースもあると思う(そういった方ほど思い入れの強さを感じる)

だけど大半は何かが物足りないから別れるのだろう。

やんちゃな性格や大食いな体質、新しモノ好きならそれは若い子が好きっ、ていうことで。

投資ならそれは人身売買に等しい。

夫婦になればいくつかの不満が点在すると思うのだがそこは認めて付き合っていくはずだ。

でも、車はモノだからポイっ、とできちゃう。

別に車に趣味がない、生活のためにトラポとして乗っている方々は当然この話からは外れる。

一方に「車好き」とか公言している方々のこのような行動にはフーン…と思ってしまう。

現実として維持費の問題はある。

ポルシャやらフェラーリ、ランボルギーニの維持費は膨大だろうが、じゃ、むちゃむちゃ消費癖のあるお嬢様だとわかっているのなら経済的な基盤をしっかりとした上でつきあうべきだろう。

自分の身にあった相手を探す、ということも視野にいれなくてはいけないかと思う(急激な経済的な事情の変化だけは致し方ないと思う)。

その上で一生付き合っていこうと思える車と出会い、可能なかぎり付き合っていく。

これが幸せなカーライフだと思うのだが…

本日はここまで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索