topimage

2011-05

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は歯医者さんに思ふこと - 2011.05.31 Tue

気がつけばもう5月も終了ー

明日からは6月。

仕事の方は来月の後半から一気にヒートアップの模様。

またしても暑い夏になりそうです(-_-;)…

ということでっ、昨日は歯医者へと。

付き添いですが久々の雰囲気ですか。

一生懸命和やかな雰囲気を出そうと、

ボサノバのBGMが流れ、

TV画面も癒し系のものが流れてますが、

どう転がったってここは地獄の一丁目(-_-;)…

あちらこちらでルーター独特の高速音に混じり人々の断末魔が聞こえております…


といったことはなく、最近の歯科医療っちゅーのは発達しているようで、麻酔注射のための麻酔なるものもあるようですね。

そんな最先端の医療現場を目にし、

ついつい思い出すのがもっと原始的な医療現場での出来事。


そう、あれは忘れもしない中3の夏。

奥の歯茎からの痛みを感じ最寄の歯医者に行ったのですな。

まぁーこの場合大抵は親知らずがググッと出ようとする痛みというのが多くのケースですよね。

レントゲンの結果当方もご多分にもれず親知らずでした。

ただし…

向きが違っていたのですな(-_-;)。

そう、痛み出した原因は確かに親知らずだったのですが、生えている方向は真横。

ほっぺたに向かっていたのですな。

そんな歯が上に生えようと無理しているのか横に向かって生えようと無理しているのかは定かではありませんが、どう考えたって無理な事態だったのです。

しかも、この歯、まだ歯茎の骨の下。

先生いわくコレはレアなケースらしく自分の手に負えないからI田橋にあるN歯科大学への紹介状を書くからそちらで診てもらいなさいということ。

痛み止めだけもらい数日の後にはその歯科大学へ。

診断の結果を見た先生が、治療方針を決め、数日中に治療することとなりました。

この歯科大学の先生、

紹介してもらった最寄の先生の後輩だということでっ、

年が若いのに託される、

歯科大学という歯科医療の最先端の現場の方である、

といったことで当方もそりゃーもう安心しきっておりました。


そして治療当日、やはり緊張するものです。

ドキドキ気分で病院に向かいました。

診察室に入ると、それはもう壮観なものでした。

当時はパーテーションもなく、何台もの診察台がズラッと並ぶ光景が見渡せたのですな。

いくつかの診察台ではすでに治療が始まっていて、そんな独特の雰囲気に緊張感はさらにググッと上昇。

さて、診察台に座ると、若干の違和感が…

そう、大学病院ですから助手の方がギャラリーとして5,6人くらいいるのですな。

やはりレアなケースということでお勉強のためにみなさん見学されるのでしょう(と、最初は思っておりました)。

まぁー、こういった世界に患者として入り込んだらもうモルモットとして扱われるのはあきらめざるを得ませんが、やはり中3の自分には更なる緊張感を伴ってしまうのですな。

ただ、そんなことに気持ちが向いていたのは最初だけでしたか。

でっ、しばらく待機しているとさながらベンケーシーばりの先生が登場。

周りにいた助手さんたちにもピシッと緊張感が走ったようです。


「では、おでみつさん始めますか」


といった声とともに治療が始まりました。

まず最初は麻酔。

あたしはなにがいやだってこの麻酔を打つときの針がささりグググッと麻酔液が注入されている瞬間が嫌なのです。

しかし、ここは親知らずの痛みからの解放を目指し耐えねば…

といったことでググッと我慢。

麻酔注入完了ー

あの独特のシビレ感がほほを支配し始めます。

そして続くは、

メスによる歯茎の切開。

メスが口に入って間もなく、口の中に暖かいものが流れ始めるのを感じます。


血がダラダラと流れ出しているのだな…


などと想像し、軽いめまいを覚えるのですな。

やがてメスがガリッ、ガリッと骨に当たっている感触が出てきます。


歯茎の切開は完了したのだな、と実感。


そしてお次は…

そう、骨の下にある歯を取り出すため、骨に穴を開けます。

そのために用意された道具は……


ハンマーとタガネ。


詳細までの治療法を聞いていなかった私には一瞬理解できませんでした。

ハンマーを右手に持ち、タガネを左手に持った先生は声出さずとも目で助手たちに合図を送りました。

指示に従った助手たちは私の傍らにサッと集まり、ある者は肩をある者は顎を、ある者は頭を押さえ込むのです。

みなさんが想像される歯科助手というと若くてそりゃーべっぴんなお嬢様方だったりするでしょうが、ここは歯科大学。

屈強な若者方ばかりです(このために助手方はいたことをそこで理解)。

当方なんぞは微動だにできません。

そして近づいてくる先生。

タガネを歯茎にあてがわれ、

忘れもしません、先生の一振り。

自分の顔面めがけてハンマーが振り落とされるわけですな。

そして、

そう、あれは人間の想像力では及びもしない衝撃が歯茎の一点に集中するのです。


ガツッ、


と…

漫画の擬音とかだと、バキッ、とかドカッ、とかそりゃーなかなか景気のいい音を出しておりますが、現実は以外と地味なものです。

その後も何度も何度も先生のハンマーは振り落とされるのです。

そしてそのたび、


ガツッ、ガツッ…


と衝撃がダイレクトに来るのです。

最初はビクッ、ビクッとそりゃーおびえております。

そんな当方が下手に動くとかえってとんでもない事態となることを見越しての助手たちの懸命な作業なのですが、後半にもなると、


もう好きにして…


と気力も持っていかれております当方は諦めモードに突入…


ようやく何回かのハンマー振り落とし作業で穴が開き、ついに問題の歯の取り出し作業を。

ところがですねぇ…

この取り出し作業中に先生は

禁断の言葉を口にしたのですな。



アレッ?、おかしいな…



口から魂が飛び出して幽体離脱しかかりましたよ、いやっ、ホント。

知ってか知らずかそんなことを口にした先生はさらに奮闘しますが、空しく時は過ぎていくばかり。

そしてさらには

隣の診察台で治療していた先輩でしょうか。



オイ、大丈夫か?


と声をかけてきたのですな。

ひょっとしたら私は三途の河を渡ろうとしているのでしょうか…

深ーい、奈落の底に落ちていくような感覚ってアレのことなんでしょう…

日本屈指のN歯科大学の治療室で「アレッ」とか「大丈夫か?」といった言葉が飛び交っているんですな。

一流と呼ばれる先生方がこのような会話をしているという現実…



だんだんあせり始めた先生、


自分はこの先、いったどうなるのだろう…


と正直笑えるのなら自虐的に笑っていたことでしょう…

そんなことをボーッと考え始めた頃、


そう、救いの神はいたのですな。

さきほど声をかけてきた先輩が



こっちの治療は完了したから俺も手伝うよ。



と心強いお言葉を。

それからの作業はそりゃーもうテキパキしたものでした。

穴が小さすぎて取り出せないから、中の歯を砕いてから取り出すということに方向転換。

大丈夫かなと思ったのですが、その先輩先生は難なく粉砕し、難なく歯を取り出し、難なく縫合し終了ー

その一連の流れはあっという間でしたか。

とはいえ、治療中に気力の98パーセントは持っていかれましたか…


治療完了後、残り2パーセントの気力で痛み止めと睡眠薬をもらい自宅へと向かいました

ちょうどその頃、司馬先生の「龍馬がゆく」にはまっていて、

帰りの電車の中で読むのを楽しみしていましたがそんなものを読む気力もなく、

「真っ白な灰」になって帰りましたよ、ホント。


あれから約10年ほどは歯医者さんのお世話になっておりましたが、あれほどの身体的衝撃と精神的衝撃を受けたのは後にも先にもあの中3の夏だけでしたな。

今はもっと画期的な治療法があるのでしょうね。

そう思うとなんだか今の時代に歯医者に通っている人が少しうらやましく思います…


とは思わない。

やはり健康な歯が一番です、ハイ。

本日の一言

あの時代のコーラはさわやか感満喫ですが、その背後には虫歯という恐るべし存在がありましたな…



本日はここまで
スポンサーサイト

本日はバブルとハートカクテル - 2011.05.27 Fri

ということでっ、

わたせせいぞうさんの「ハートカクテル」です。

DSCN0016_20110527100007.jpg

まったくご存知でない1990年生まれ以降やご年配の方にはなんじゃそりゃ(-o-;)?

多少ご存知であるまさに私と同年代の40代の方には


あぁー、アレね…


とアレの意味の解釈がビミョーなこの作品。

連載されていたころはまさに時華やかなバブルの時代。

正直当方はあの時代を懐かし思う、もっともお気に入りの時代でもあります。
あの頃はジュリアナなんぞに入り浸って団扇をあおるワンレンボディコンのおねぇちゃんが闊歩し、スェード調のベストをはおり4WDを乗り回す渋谷四駆族なるものがはやった時期でした。
もっとも当方なんぞはいたって地味に暮らしておりましたが(-_-;)…
あの時代は消費を美学とし、物もどちらかというと使い捨ての風潮があったかもしれません。
でも、モノが光っていた時代でもあったと思っています。
今の時代出回っているモノというのはやたらと消費電力やら再生利用やら節約、倹約なるものを美学としている気がします。
でもあおの時代をしっている当方としては寂しすぎる気がするのですな。
買っている自分も価格ドットコムなんぞで一円でも安く買おう、なんちゅー勢いもあってそりゃー一円でも安い方がいいかもしれませんが何かせせこましくも感じるのです。
そんな背景がモノにも反映されモノにも余裕を感じない。
タラタラと今の時代に「モノ思うこと」っちゅー今回のお話とはまったく違うことに路線がずれてしまいまいた。

閑話休題m(_ _)m。

とにかくそんないい意味でも悪い意味でも心に余裕があった時代の作品。

そんな時代であってもこの作品に対しては賛否両論がありました。

全編カラーの非日常的な世界で男女の恋愛ストーリーが4ページという短いかたちで表現される。

そのあまりにも現実感のない作品に最初は当方も


けっ、何を気取っていやがるんだ、

どうにも鼻持ちならない。


などと思っていた時もありました。

しかし、モーニング誌上で読み進めていくうちに段々とその魅力に惹かれていったわけですな。

気取りすぎたセリフなのかおしゃれな会話なのか。

それは受け手がどう捕らえるかというところでしょう。

かつ、作者も後半になるほど話がうまくなっていきました。

当方が所持しているのは最初の3冊と最後の3冊。

これを見比べても随分と内容が違います(絵も格段に上手くなっています)。

わたせせいぞうさんというと大抵の場合は

あっ、あのキレイな絵を描く人?

とか、もしくは

あー、あの気取った絵を描く人?

というのが大半の声かもしれませんが、

実はこの方はショートストーリーが絶妙に上手い方なんですな。

コレを連載後、作者は「菜」という鎌倉を舞台にした仲むつまじい夫婦のショートストーリーを連載し、むしろそちらの方が後に代表作になるのですが、やはり当方はこちらのほうが好きなのです。

常に恋愛の終わりか、始まりしか描かない。つまり淡い期待感か焦燥感しかこの作者は描きません。

ただ、

何かを始まり予感させる期待感のある終わり方でも、

寂しく静かな物悲しい終わり方でも、

読み終わった後には不思議と爽快感があるのです。

家族がいて、もう40も過ぎれば、そんな世界なんぞにはまったくもってして興味を持ちませんが、

そんな時代(ハイ、この場合の“時代”というのは当然「恋に破れた時代」のことを指します、ハイ)もあっなぁーとか、

そんな時代背景すら懐かしく思う当方には年齢的にちょーどいいのです。

この漫画の連載が終了したのは1990年。

これから後、バブルもはじけ、この国の人はなんだか元気がなくなったのですな、いい意味でも悪い意味でも。

そんな彼のこの作品も今では古本屋で数百円です。

それだけもう作品としては埋没しかけているのでしょう…



埋め込みコードがなかったので飛んでいただけると幸いですm(_ _;)m

vol.95 サリーの指定席

一番好きだった話はvol.213 ガラスのキリンですか。あの話には何度救われたことか…



本日はここまで


本日は工房の火が灯っておりません… - 2011.05.24 Tue

ということでっ、久々の更新ですか…

ニューPCは絶好調!

と言いたいところですが、ソフトの不具合はやはり発生。

特にイラストレーターは悶絶ものですか…

いきなりバチンと落ちたりpdf変換が上手くいかなかったり。

やはりOSの違いは予想以上に苦戦しております。

いよいよとなったら新たに7対応のイラレ購入も視野に入れております、ハイ。

ここ最近はひたすら図面、図面、図面、資料、資料、資料、提案、提案、提案…

と、デスクワークばかり。

工房の火は灯っておりません…

正直どれくらい灯っていないか数えるのが怖いくらいです。

だけど、事務仕事もせにゃー仕事も進まない…

いやぁーここ数日の天気も事務仕事にはうってつけではありますが。

先週末に野良仕事をし、植物には恵みの雨でしょうか。

庭の植物も動き始めました。

雑草もね(-_-;)…

DSCN0015_20110524103213.jpg

本日はここまで

本日は引き継ぎ作業で苦戦中です - 2011.05.19 Thu

ということで、メールを開くのに5分というものすご~くぅ恵まれた環境から脱出するために新たにPCを購入。

ホント、業務に支障がありましたので。

細かいところでいうと煩雑に使うキーなどは字がかすれてて確認できない状態なので、


え~とぉ、確か「K」のはず(-o-;)…


といった次第でした。

早速に新たなPCでメールをひらいてみたところ、いやぁ~、なんと快適なことか。

これでサクサク仕事ができると思ったのですが、世の中そんなに甘くない。

これまで使っていたPC、開業依頼使用していたものなので引継ぎ作業は始めて。

会社勤務だとシステム担当の方が全てセッティングしてくれたのでバスッとスィッチを入れればすぐに快適作業に突入。

しかし、個人事業の現在、こういった作業も自分でやりざるを得ません。

メールについてはhotmailなのでアドレスの更新などの作業はないのですが、やっかいなのは

イラストレーターなど。

開かない、

開くがフォントが正しく表示されない

など…

動作確認をし、その都度ネットでググッてみて問題を一つ一つ解決。

でっ、旧PCからデータを移行しようと手軽に使えるメモリースティックなどを活用しようと思ったがこれが見つからない。

探すこと30分。

やはり見つからない(-_-;)…

仕方がないのであまりお手軽ではないバックアップ用のハードディスクを起動しようとする。

ところがコンセントが埋まってしまっているのでタコ足を探す。

これまた見つからない…

探すこと20分…

と、朝の6時から作業を進めていますが、9時現在、未だオフィスとイラレ、フォトショップしかインストールできておりません_| ̄|○…

リストを見るとあと10個くらいはインストールしないと業務に差し支えるのですが(ToT;)…

どうやら一日作業になりそうです。

DSCN0014_20110519090537.jpg


本日はここまで

本日は新築に引っ越しました - 2011.05.12 Thu

ということでっ、

少し前の事ですが、上京してしばらく不在にし、帰宅してみたら、ボロボロのフォトフレームが空になって置かれておりまして、ふとこのフォトフレームが本来あるべき位置に視線をやると真新しいフォトフレームが置かれていました。

フォトフレームの中でちょこんと座っているのはサタデー(当方が最初に飼ったネコです。詳細に触れるとちょっと暗いので“コチラ”は割愛します、それでも気になる方はブログ内を“サタデー”にて検索下さい)。

ボロボロだったものを修理、もしくは真新しいものに差し替えるのは本来であれば当方であったはずでしょうが、あいにく不器用なもので、満足にフォトフレームも作れません。

見るに見かねた家内が入れ替えてくれました。

いいかげん隙間風びゅーびゅーだったあばら屋から快適な新築住宅へと引っ越したということで。

写真は生前の祖父が撮影したもの。

もう住まいは取り壊し、母に聞いていないのですが、膨大なネガも一部をのぞいて処分したことでしょうから現存する写真はこれだけでしょう。

小学生の頃から30年以上私の傍らにいてくれたフォトフレームはこれだけですね。

マロンは家族の一員だったし思い出を共有するためにリビングにありますが、この仔については全く個人的なものでむしろ家族には深い部分まで知らせない方が良いかと思っていますので、この先もずっと私の部屋でひっそりと暮らしていくことでしょう。

まぁー何はともあれ、今後ともよろしくお願い致します、サタデー。
DSCN00112011427.jpg




本日はここまで

本日は雨ではかどるはずですが… - 2011.05.11 Wed

ということでっ、雨の日のデスクワークっちゅーのははかどりますね。

シトシトと振る穏やかな雨音が自然と気持ちを落ち着けさせます。

昼時になり、コーシーなんぞをすすりながら、


さて、午後はいかようにして書類をまとめるか…


なんぞを思案しながらズビズビすするのです。

のはずですが、気が付くと、庭のことばかり考えておりますな。

何はともあれ雨の日は好きなんです。

野良仕事と材木の運び入れの時だけはお断りしたいのですが…

DSCN0009_20110511121518.jpg


本日はここまで

本日は連休中に起きたもう一つの事件 - 2011.05.09 Mon

ということでっ、4日ほど前の夜のことでしょうか。

階下のカミさんの声で目を覚ましたあたし。

どうやら我が家の愛猫をさがしている様子。

何だか落ち着きがなかったのであたしも協力することに。

子供部屋から、寝室、納戸、勝手口、リビング、果ては工房まで…

隅々まで探しましたが見つからないのですな。

そして浴室。


良く見ると網戸が収納され、窓は20センチほどの隙間が…
DSCN0001_20110509133943.jpg


まさか(-o-;)…


と思いつつも続けて家中を捜索し、結局見つからずじまい。

念のため屋外に出て、探してみましたがやはり見つかりません。

仕方がないので時間も遅かったし寝ることに。


翌日一応家の中を捜索しましたが、見つからず、屋外へ。

朝方、散歩されている方って大抵が犬が同伴状態。

なのにあたしは手ぶらでフラフラと。

不審者のように思われているのではというしょーもない被害妄想を抱えつつ思い当たる箇所を捜索。

家を出て、最初に発見したのは茶色のシマシマ猫。歩み寄っても逃げない様子。

警戒心がないなぁ…などと思いながら反対方向に足を向け、捜索を再開。

犬を連れた方と早朝の挨拶を。

普段なら野良仕事の合い間のことですから別段緊張することはないのですが、やはり被害妄想には勝てず妙な緊張感を覚えます。

フラフラさまよい、気が付くと集合住宅界隈を。

目の前を三毛猫がすれ違い、まさか!と思ったのですが、毛色が違う…

振り向きざまの顔も明らかに違うし…

それにつけても逃げないな、猫たちは…

家に向かう道すがら今度はクロネコと遭遇。

多少の警戒心はあるらしくこれは遠くより様子を伺う感じ。

結局家にたどり着き、最後に家の周りを一周したら。

庭の隅からヒョコッと。

見慣れた毛並みの猫が見慣れた首輪をしながら見慣れた表情でご登場。

いきなり声を上げたり、近寄るとかえってビックリして逃げると聞いていたのでソロリソロリと。

向こうもソロリソロリと近づいてきたので手が届く範囲となったらヒュッと首裏を掴み、脱走犯を確保。

もともと野良ですから、


野生に戻ってしまったらこれは仕方のないことだよな(-_-;)…


などと思いながらも、やはりうれしいものです。

確保後、体を拭き、カミさんからキツイお叱りを受けておりました。

猫を飼うなら室内飼い。

今どきのネコ飼いはこれが基本です。

今後は浴室の施錠を強化し、

そのために書かれてある注意書きを、
DSCN0002_20110509133951.jpg

変更しました(PCで何とか確認できるかと…)。
DSCN0004_20110509133955.jpg

車のトラブル直前の話で、今年の連休は落ち着かないものとなりました。

庭先ではサクラソウが芽吹き始めたようです、ハイ。
DSCN0005_20110509134000.jpg



本日はここまで

本日はまたもや事件です。 - 2011.05.07 Sat

ということで…

またもや事件発生。

時は昨日の夜10時半ごろ。

とある打ち合わせを終え、帰宅中の出来事。

打ち合わせ場所からわずか数百メートルのところでの突然のエンジン停止。

キーをひねっても一向にエンジンが始動しない。

後方からやってきた先輩方に事情を話し、とりあえず、車を移動し、丁度目の前が下り坂なのでそこで押し掛けをしようと。

牽引ロープを使い、車を移動し、くだり坂にて押し掛けスタート。

数十メートル、坂を下り始めるとエンジンがかかる。

いやぁー、無事にかかった。

これで何とか自宅までたどり着き、あとは明日にでも専門の人に見てもらおうと。

協力していただいた方にお礼を述べ、見送った後、同じ方向のKさんが心配だから後を付いてくるというありがたいこころ遣い。

そこから走り出して数百メートル。

みるみるウチにライトが暗くなり始め、電圧計のメーターもググッを下がる。

大通りに出た時には息も絶え絶え。

その大通り、深夜は大型トラックがかなりの数行き交う場所なのでそのままボヘェ~などとしている場合ではない。

後からついてきてくれたKさんとともに牽引を試みるが、Kさんの車での牽引が無理なことが判明。

カミさんに連絡し、引っ張ってもらうことに。

それまでKさんの車で待機。

もう解決しそうなので帰ってもらってもよかったのにわざわざ付き合ってくれて本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちが入り混じった。

待つこと20分くらい。

カミさんが到着。

もう自力では動けない車をKさんやカミさんと共に方向を変え、牽引できる状態まで移動する。

さて出発、といきたいところだが、ハザードすら炊けないこの車を交通量の多い道で牽引するのはあまりにも危険。

Kさんが最寄の駐車場を案内し、後からハザードを炊きながら着いてきてくれた。

牽引すること5分。

目的地に到着。

駐車場の車を停め、一安心。

そこまで付き合っていただいたKさんには本当に感謝。

そこからはカミさんの車で帰宅。

気が付けば12時過ぎ。

ようやく一息つけるかと。

しかし、ここで解決せねばいけない問題が。

あした現地まで行き、車の引き取りには立ち会わなくてはいけない。

カミさんは翌日、終日車を使用。

つまり現場にいくアシがない。

そこで先輩のSさんに連絡し相談を。

12時半という異常ともいえる時間帯にも関わらず、快諾いただいた。

軽く晩酌をし、直ぐに就寝。

翌日は早速保険会社に電話をし、レッカー車を手配。

Sさんに迎えに来てもらい、現場に立会い、車は無事に修理工場へと。


ようやく…

ようやく、

一段落した。



やれやれと言いたいところだが、それは付き合っていただいた他の皆様であろう。

深夜の押し掛けから始まったこの事件。

支えてくれたのは東御市文化会館でご一緒させていただい皆様方。

もし、こういった人とのつながりがなかったら自分はどうしていたのだろう。

あの大通りで一人右往左往し、場合によっては大事故を発生していたかもしれません。

東御市で行ったこの展示会で自分の世界は大きく広がりました。

どうにもこうにも人見知りが激しい私。

交流ベタな私ですが、少しずつ輪が広がってきているようです。

今年は年の始めから


雨降って地固まる


私にはそんな年です。

大であれ、小であれ、事件が起こり、そのハードルを乗り越え何かを得ていく。

今年はこの先もそんな年になるかと思います。

ハードルを乗り越える時にはパワーが必要ですが、不思議と支えてくれる方がいることに感謝です。

それに甘えることは怠惰な気持ちを生むことになるかと思いますが差し伸べていただいた手には何はなくてもまずは感謝です、ハイ。

昨晩の件、お付き合いいただきました皆様にはこの場をお借りしてお礼申し上げますm(_ _;)m。


本日はここまで

本日はGWど真ん中ですな - 2011.05.02 Mon

ということでっ、GWど真ん中ですが、


仕事だな(-_-;)…


テーブルの脚の加工なんぞを。

このご時勢、観光客がそれほどいないらしくお店もやや寂しい感じらしいです。

ウチはいつも閑古鳥が鳴きっぱなしですからあまり関係ありませんが…

テーブルが続き、その後は収納。

椅子は当分お預けです。

子供たちは自宅でゴロゴロ。

カミさんは仕事。

あたしも仕事。

なんだかなぁー

海外でも行ってみたいですね。

今日も道端に百万円落ちてないか探します…

と、徒然なるままに記事を上げてみました。



本日の一言

GW中は「ハガレン」読破週間。ストーリー性が高いですね。

歌はこれが一番お気に入りです、ハイ。




本日はここまで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。