topimage

2012-05

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は「君の椅子2012」その5(ラストですっ(-o-;)/!) - 2012.05.31 Thu

ということでっ、


それから数ヶ月の後、小海町高原美術館にて「世界のこどもの椅子展」開催。

毎年この時期に北欧デザイン展を開催しているこの美術館で今年は子供の椅子の展示会。

そして大きく4つに分けた展示ブースの一つが「君の椅子」プロジェクトの紹介。


あぁ…

また、

何だか、

とても不思議な縁ですね…


と実感。

以前も触れましたが島崎先生の講演会には「君の椅子」プロジェクトの代表である磯田憲一先生もはるばる北海道よりいらっしゃいました。

その時の記事はコチラ


そしてそれから3週間後の5月25日(金)午後2時。

場所は道立旭川美術館。
DSCN2108.jpg


今年の「君の椅子」2012記者発表会。
DSCN2110.jpg


そこに同席させていただきました。

思っていた以上の取材陣に、
DSCN2113.jpg

いつものようにビビリまくり、

しどろもどろになり、

ろくな話も出来ず撃沈(-_-)。

相変わらずのトホホっぷりにその夜は滞在先のベッドの上で悶絶しておりました…


会場には織田先生もいらしており子供椅子の社会的かかわりを説明されました、
DSCN2114.jpg

ってまたピンボケだよ_| ̄|○…

そして今年生まれた子供達への贈呈式。

DSCN2125.jpg

最後に美術館前の芝生広場にて撮影会
DSCN2137.jpg


そして今週の日曜にようやく旭川より帰還。

ようやくのお役御免となったわけですが、

2012年「君の椅子」プロジェクトはスタートしたばかり。

未来を感じさせるこのプロジェクトにはワクワクした気持ちで参加できました。

さて、今後もこのプロジェクトは続いていくわけですが、

その“続き”の一つとして更なる飛躍が今年あります。


2012年7月16日よりやく一ヶ月ほど

新宿パークタワーの一角にある、LIVING DESIGN CENTER OZONEにて

「君の椅子」プロジェクトが紹介されます。

※webサイトを見てもまだ案内が出来ておりませんが、開催します(-o-;)/!


お近くまでお出かけの際にはぜひともお立ち寄り下さい。


最後に

磯田先生を初めとしたプロジェクトメンバーの皆様。

いよいよ本格的な首都圏デビューですね。

日ごろよりの地道な努力の賜物が導いた当然の結果だと思います。

今後とも皆様のご活躍を市原悦子よろしく柱の影から応援しております|_-)…


君の椅子プロジェクトwebサイト


(お知らせ-1)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館
http://www.koumi-town.jp/museum/


本日はここまで
スポンサーサイト

本日は「君の椅子2012」その4 - 2012.05.30 Wed

ということでっ、

印象的な夜となったそのプロジェクトメンバーの方々のお話とは、


希望の「君の椅子」プロジェクト。

昨年のあの3.11。

多くの方々の命がなくなったその日。

その日に生まれてきた東北3県の子供達の為に、

なかなかおめでとうと言えない重苦しい流れを

もっと前向きに、

もっと希望を持って、

生きていって欲しい


という思いで車を出し(これも町役場所有の車、つまり、この活動は自治体も一丸となっているのです)椅子を自分達の手で市町村を回り手渡ししていく。

結果98脚の椅子が手渡されました。

いやっ、

ホント、

自分はスゴイ方々をご一緒させていただけるのか…

と実感した夜でした。


そして、デザインと製作の方向性が決まってからの服部さんとの日々は試作を何度も重ねていきました。



といった事は一切なく(-o-)

一発で決まりました。

物事最初が肝心とはよく言ったもので最初の打ち合わせでお互い腹の中のものはブチまけたおかげですか。

というよりはトホホ木工屋のかなりわがままで意味不明な話を勘のいい服部さんが寛容に受け止めたおかげですね。

送られてきた試作を開封し、30分後には


これでお願いします


と電話をかけておりました。

電話の内容も椅子の話より他愛もない事ばかり話して気もいたしますけどね(-_-;)…

(お知らせ-1)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館
http://www.koumi-town.jp/museum/


本日はここまで

本日は「君の椅子2012」その3 - 2012.05.29 Tue

ということでっ、



うへぇー、ホントですか?


といった声を漏らしてしまう製作者とは、

以前の職場の大先輩、


服部勇二さん。


前社では誰もが認めていた(会長から全幅の信頼を得てましたから)腕前の持ち主。

その仕事ぶりに腰を抜かしましたか。

その時の記事はコチラ

西川栄明さんが執筆された「日本の森と木の職人」でも第一章で取り上げられております。

それだけでどれだけの腕前か想像がつくかと思います。

正直服部さんが所属されていた部門に配属されたいと思っていましたね。

そんな超一流の方を一緒に仕事ができるとは…

更なる及び腰状態になりつつもそれとは裏腹に楽しみにもなりましたが…

そのプロジェクトの粋な計らいには感謝ですよね。

さて、デザインも固まり、いよいよ実際に服部さんの工房に伺い、打ち合わせを。

超一流の方との久々のご対面。


緊張したのなんのって


ということはまったくなく(-o-)


それは、

かなり、

ゆるゆるな


くだけた打ち合わせでしたか。

やはり以前何度か相談に乗っていただいたり仕事をお願いしていたこともあり、顔見知りというのはやはりリラックスして打ち合わせができるものです。

一流の腕前を持ちつつ昔よく見られた職人気質な気難しさなどひとかけらもない、気さくな人柄。

一流の職人とそれはそれは遠慮のない会話を交わしましたか。

方向性も見え、予定の期日までに試作を終え、当工房に送っていただけるよう話は決まり打ち合わせは無事に終了ー


そして、その後は「君の椅子」プロジェクトに参加されている方々のお話を伺うことが出来ましたがその夜は今でもかなり印象的なものでした。


(お知らせ-1)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館
http://www.koumi-town.jp/museum/


本日はここまで

本日は「君の椅子2012」その2 - 2012.05.28 Mon

ということでっ、



今年の君の椅子プロジェクトのデザインを担当されませんか


という話が舞い込み、電話越しに説明を伺いながらも



あぁ…

何ですかねぇ…

この不思議なめぐり合わせは……

ウソから出た誠とでも言いましょうか。

とにかく何とも言えない妙な縁だな…


と頭の中でグルグルと思いを巡らせ、快諾したわけです。

といった裏話はこれまでプロジェクトの方々にすら話しておりませんでしたか(-o-)…



さて、快諾したのはいいが、これまでこのプロジェクトに関わってきたデザイナーと製作者。

この業界に身を置く者なら誰もが知る方々ばかり。

いやぁー正直トホホ木工家で大丈夫なのか?

と引き受けた後に及び腰になる始末。

でも引き受けたからには責任を持って果たさねばなりませんな。

ということで例によって例のごとくウンウン唸る日々が始まったわけです。


そんな日々を送っていく中、当初は決まっていなかった製作者が決まりその連絡があったのですが、


うへぇー、ホントですか?


といった声を漏らしてしまう製作者でしたか。


(お知らせ-1)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館
http://www.koumi-town.jp/museum/


本日はここまで

本日は「君の椅子2012」その1 - 2012.05.27 Sun

ということでっ、今年の1月のある日、


それは一本の電話から始まりました、


という下りかもしくは「一通のメールから…」という下り、

どちらかで我々木工屋の仕事は始まることが多いのですが、

自分にとっては今思えばそれより前の昨年の春先くらいの一年ぐらい前から“それは”始まっていたのだと思います。

旭川で同じ職場だった同僚が子宝に恵まれ、


そりゃー、めでたいな


などとメールのやりとりをする中、出産祝いとして椅子を作ろうという思いになり、そこでのやりとりの中、


こりゃー「君の椅子」みたいだ


といった話が出ました。


君の椅子?

君の椅子かぁ…


以前からその存在は耳にしており、サイトは何度か拝見しておりました。

旭川市に隣接する東川町、剣淵町、愛別町の3町から生まれてきた子供達に「君の居場所はここにあるんだよ」という思い込め、椅子を贈呈する。

えぇ話だ…

とそれにならったワケではないのですが、

その年の盆休みは曲げ木と格闘しながらトホホ版「君の椅子」プロジェクトを発動したわけです。

その時の記事はコチラ

トホホ版「君の椅子」が完成してから5ヵ月後の今年の一月。

ようやく冒頭に戻るのですが、


今年の君の椅子プロジェクトのデザインを担当されませんか


という話が舞い込んだのです。

(お知らせ-1)

東急ハンズ渋谷店7a

Hands Gallery Market

おかげさまで無事に終了しました。

ご来場いただきました皆様ありがとうございました。

(お知らせ-2)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館
http://www.koumi-town.jp/museum/


本日はここまで

本日は元「システム収納」の設計担当なら、 - 2012.05.26 Sat


見ておくべきですよね。

本日はさて、 - 2012.05.25 Fri


参りますか。

本日はせぶんすたぁの木より - 2012.05.24 Thu


親子の木の方が好きです(-_-)…

本日は久々に - 2012.05.24 Thu


来ました。じぇっとこーすたー通り

本日はこの地らしい - 2012.05.24 Thu


ながめ(-_-)…

本日は当地らしい - 2012.05.24 Thu


眺め(-_-)…

本日は脱輪 - 2012.05.24 Thu


した時に夜中にも関わらず電話を貸してくれたお宅ですな。

本日は住んでいた - 2012.05.24 Thu


アパートだ…

本日は今は - 2012.05.24 Thu


機上の人です(-_-)…

本日はまた - 2012.05.24 Thu


来てますよ。

本日は続く…

かな?

本日は忘れる生き物 - 2012.05.22 Tue

先日装甲車が欲すぃ、とカミさんに相談したら


もうあんたのことはワケが分からん…


といわれたおでですm(_ _)m。


ということでっ………

それは、降ってわいたように怒涛のごとく押し寄せてきたのです……

始まりは日曜日の朝、

カミさんを早朝に軽井沢駅まで送り届け、自宅に到着後、そふぁーに座りおもむろにノートPCをぱかっと開き、


これまでの数ヶ月の走りこみはこの日の為、本日「軽井沢ハーフマラソン」開催。出るのはカミさんだけどね。


などとつぶやこうとしたら、


いきなり衝撃。


一瞬なんのことやらと思う間もなく、

頭から何かかぶり、

そして見事に今まさに打ち込もうとしていたノートPCへもかぶっていく。


それは土。

えぇ、そふぁーの背後の棚にあったシクラメンの鉢がドサッとな
(ちなみに鉢のサイズは幅60センチ、奥行き25センチほどの大ぶりなにくいヤツ(-o-)b)。

見事に落下したわけです。

この棚からドサッとそふぁーに落下。
DSCN1925.jpg
※画像はそうじちゅうのもの。

なぜこのような事態になったかというと

えぇ、それは我が家の愚連隊の一員ぶーにゃんが棚に上ろうと足をかけたからでしょう。

思わず


ブチィ!!!!

(ぶーにゃんの本名はブチなのだ(-o-)b)


叫びたかったのですが

まだ子供が寝ていることもあって大声出すことに若干の抵抗が生じ、

かつ、

呼び方にもクセが付いていたので、


ぶーにゃん……


と小声でつぶやく程度(-_-)…

本人はシュタッと着陸後、ツッタカと逃走。

残されたのは頭から土をかぶり、土だらけのノートPCを抱えた中年オヤジが一人。

まずは…

頭から土をはらい、

それから鉢から飛び出た土を戻す。

デカイだけあって正直かなりの量でしたよ。

でもねっ、無残な状態のシクラメンが気の毒で植えなおしたんですよ。
DSCN1926.jpg


それでも無残ですけどね(-_-;)…

それから掃除機でずびずばっとな。

これまた粒子が細かいのでそふぁーの隙間までしっかりとかけんとあかんのですな。

それとね、一番ヤバイと思ったのはノートPC。

土だらけのモニターとキーボードに念入りにずびずばっと。


大丈夫かな、大丈夫かな…


と思いつつかけてですね、

一応念のためと、でぃすくどらいぶを開いたらね、



小石が6粒ほどポロポロと…



でぃすくどらいぶから小石が6粒ほどポロポロって


どんだけ(-_-;)?



えぇ、ちょっと軽いめまいを覚えましたよ、いやっ、ホント。

ひょっとしたら実はかなりヤバイ事態なんじゃない?

と思い、ここはバックアップを早急に取るべきでは…

と思いつつもやはり優先事項は部屋の清掃。

悲しいかな、ネコを飼っているくせにペットアレルギーの当方は毎日掃除機をかけないと死んでしまう体質なのでこのまま部屋中をかけまくる。

ようやく完了ー

当の犯人はのんびりと、まったりとな…
DSCN1929.jpg

えぇ…、ネコは忘れる生き物ですから…

と思った時間には子供たちを起こし、上の子を習い事におくらなければならない時間。

朝食を作り、子供を起こし、下の子については昼には戻ってこれないので昼食の準備も。

食器を洗い、上の子を送るためにすぐに出発。

というのも前述したマラソンのため交通規制がしかれている町内。

渋滞を予想して早めに動きます。

がっ、予想に反してのスイスイ状態。

その間にバックアップしておけば良かった…

と思っても後のかーにばる。

とりあえす、送り届け、その後マラソンのゴール会場まで。


軽井沢駅前の交差点は交通規制がしかれいつもとは違う様相が新鮮ですな。
DSCN1934.jpg

ゴール会場には1時間を経過し、すでに到着し始めた方々もチラホラと。
DSCN1937.jpg

DSCN1940.jpg

ランナーの応援にかけつけた元AKBの大島麻衣さん。
DSCN1954.jpg

カミさんを迎え、子供を迎え、帰宅。


出場の証、ふぃにっしゃーずたおる!
DSCN1964.jpg


と喜びもつかの間。

忘れた頃にやってくるのです、それは。

今度は背後からではなく、


側方から


いきなりの
DSCN1971.jpg


ポインセチアの枝がボッキリと逝っちゃいましたよ(-_-)…
DSCN1972.jpg

4本。

もう怒る気力もありませんよ、ホント。

仕方がないのでちょっきんちょっきんして挿し木に。


上手くいけば増殖できるからいいかっ!

ハッハッハッ(-o"-;)/!!!

ハァ……



そしてまたもや掃除機をかけましたよ。

家族のものが好意で手伝おうとしてくれるのですが



もういい…

一人でやらせてください……


と勝手に沈みながら黙々と作業を。

犯人は懲りずにまた棚に登ってましたよ(-_-)
DSCN1968.jpg

えぇ…、ネコは忘れる生き物ですから…

このままじゃ二次災害も起きるからまずはシクラメンの鉢は屋外に移動。

側方の棚を最上段を除いて外し、さて、棚を固定していた金具の跡をどう隠すかと。

そうか、

そふぁーの隙間に挟んでいた映画のポスターをここにバンと。

でっ、そういえばこのポスターの裏って何か別のポスター挟んでいなかったかしら…
(ポスターを折りたくないよくこうやって管理しているのです(-o-)b)

と、何気に額縁を立てたまま分解したら

DSCN1975.jpg

えぇ、すっかり忘れてましたよ(-_-)


1000ぴーすぱずるを。


いっそ無理やり撤去を

とも考えたのですが、

やはりそれには惜しい仕事でしたので、

修復開始(-_-)。
DSCN1976.jpg

おっ、だいぶいいとこまで……
DSCN1977.jpg


と、そこへ、
DSCN1980.jpg

ホント、勘弁して下さいm(_ _;)m

いやっ、もう何か気に触ったことがあればあやまります、ホント。

そして、完成を待たずして夕飯の準備におわれましたよ。

続きは子供が引き受け、なんとか完成(ToT)ー

こうして日曜という神様の安息日に右往左往させられましたよ、

あんたには。

DSCN1875.jpg
網戸と窓の隙間に入るのはやめて下さい(-_-)


えっ、もう一匹は?


DSCN1931.jpg
カゴの中で熟睡の一日でした。




(お知らせ-1)

残り数日ですっ!!

東急ハンズ渋谷店7a

Hands Gallery Market

にて5月26日まで出品します。

お近くにお越しの際にはぜひともお立ち寄りください(-o"-;)/!


(お知らせ-2)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館

http://www.koumi-town.jp/museum/




本日はここまで

本日は急に欲すぃくなったもの - 2012.05.18 Fri

ということでっ、当方が好みとする車の傾向をご存知の方には想像つくかもしれませんが、

どちらかというと、シャープで直線的なものが好きで、

スバルであればアルシオーネ

日産であれば鉄火面(6thスカイラインRSたーぼ)、

三菱であればランサーEXターボ(故にエボがちと苦手…)

スーパーカーであればフェラーリやポルシャよりも断然カウンタック
(というか、未だにふぇらーりやぽるしぇの造形美が理解できておりません(-_-;)…)

でっ、トヨタであれば○○○○

といった次第なのです。


決定的に車に興味を持ったのはトヨタの○○○○だったのですが、よくよく考えてみると、

子供時代にあったスーパーカーブームから数年後のあれは小学3年生の頃、

当時田宮のミリタリーシリーズが我々の間ではブームとなり、

その製品の構成は独軍5割、米軍4割、1割が日軍だった(ような気がします…)

でっ、友達同士の間では独軍と米軍に嗜好が別れ、当方はやはりデザイン的に断然独軍でした。

そのなかでも特に、

sd.kfz251



sd.kfz222


のカツチョよさにはシビれ、

今思えば、あの直線的でシャープなデザイン(多分あれは平らな鉄板を効率良く使い、かつ銃弾をそらすために鋭角なデザインとなったのでしょう)。

モロにツボに入ったのでしょう。

でっ、あれから30余年。

あんなものは現存しているのかしら?

と何気にググッてみると

なんとレプリカが海外で売りに。

その記事はコチラ

しかもyoutubeにある動画では、



33秒あたりから見える運転の仕方。

ハンドルを抱え込むようにして、狭い窓から視界を覗き込むその後姿は

まるでミニSLを運転するおっちゃんみたいッス。


……

楽しそうッス………

ホント

欲すぃくなりましたわ…


がっ、常識的に公道で砲台つきの装甲車が走ることはほぼ無理でしょうかね。

それともボロボロのトラックでも買って改造してみますか…

コチラは実際にトラックから作り上げた作例です。




いやぁー、やっぱカッチョいいよな…


(お知らせ-1)

東急ハンズ渋谷店7a

Hands Gallery Market

にて5月26日まで出品します。

お近くにお越しの際にはぜひともお立ち寄りください(-o"-;)/!


(お知らせ-2)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館

http://www.koumi-town.jp/museum/




本日はここまで

本日はあのねっ、地面ってホントに固いんだよ… - 2012.05.11 Fri

ということでっ、

最寄のコンビニと郵便局に所用があり、外出しようと思ったのですが、せっかくなので先日頂いた自転車の様子を見るのも兼ねようかと。

そもそも最寄のコンビニやら郵便局に行くのにわざわざ車を出す生活習慣もいかがなものかと(-o-;)?

遠方にしかないというのなら分かりますが、たかだか徒歩にて10分足らずであれば歩くなりチャリにて移動が当たり前かと。

でっ、出動したわけです。極上のチャリにて。

出発前に空気圧を見てポンプにてシュコシュコ。

よし、空気圧もバッチリ。

懸念していたチューブがレトロなだけに空気漏れが発生するのでは?といった問題も見られず、かつ近所なので短時間であればOKかと。

ディレーラー(変速機のこと)も問題なく可動するし、

チェーンのコスレもなし、

ブレーキシューパッドのコスレもないし、

タイヤのフレーム、それ以外の部分へのコスレもなし、

後ろブレーキをかけてのかかり具合も問題なし、

前ブレーキのかかり具合もちとゆるいが許容範囲、腰をすえての調整の時に片付けよう。

ハンドルのブレ、緩みもなし、

サドルも同じく問題なし。

よし、出発だっ!

とゆるい坂を下りながら久々のドロップハンドルを楽しむ。

この独特なリジットな構造からくる路面のゴツゴツ感を拾う感じがまたなんとも言えず、

懐かしさとともに古いタイプゆえの煩わしさが却ってマゾ的な当方をゾクゾクさせる。(何しろ車は未だにオモステというマゾ要素バッチリなヤツですから…)

迫り来るT字路。

ミラーが設置されているので車が来ているかは一目瞭然。

子供達には必ず曲がり角では安全確認を、といいながら当人は軽い目視だけでノーブレーキで突っ込みます(だって子供の頃から曲がり角では止まらないもん♪)。

どれ30年物、神的コンディションのロードの切れ味を見てみるか、

とペダルを強く踏みしめ、

コーナーに進入していく、










アレッ?


あーいう時、っちゅーか人間予測のつかない不測の事態が発生した時っちゅーのは時間の進み方がかなり遅くなるものでして…


ハンドルを曲げ、

車体を傾けて進入しているのに、



曲がりらんぞえ?


視線を下げてみると…



ハンドルを曲げれば、当然タイヤも同じ方向に曲がるわけで(ハンドルのコンディションに問題がなければの話ですが…)、



なのに曲がらない?…


って一瞬のことだったんですけどね、


視界がさながらカメラのオートフォーカスのようにグググッと、


ズームイン。





あ……


タイヤが横滑りを起こしている。

そうかっ、タイヤばかりは年季が入りすぎて柔軟性がなくなり(コレは樹脂の硬質化といい、天然、合成問わず時間の経過とともに発生する現象である(-o-)b!)グリップがまったく利いていないのだな…


などと一人納得をした直後。




ガシャ








久々に実感しましたよ。

地面の硬さを。

車ならサスペンションが

単車でも同じ、

自転車ならノンサスでもタイヤが

靴であればソール(靴底のこと)が

それらが地面からの衝撃を吸収するんですよね。

それがね、

ダイレクトにね、

肘と膝に、


ガツン


とね、


来ましたよ。


いやぁー久々の転倒。

以前はいつでしたっけ?

少なくても長野の前でしたか。

でもね、コケた時って身体的なショックより精神的ショックの方が大きいのですよ。

だからねっ、


誰か見ていないか(-o-;)……


とスカウター並みに周囲を確認し、

転んだ直後にすぐに立ち上がり、すぐに引き返す。

それも決して「痛い」などとは口にせず、慌てることもなく、いたって何事もなかったようにすまし顔で。

幸い近所でしたのですぐに家にはたどり着けます。

そして自転車を玄関脇に立てかけ、

家に上がり、

冷蔵庫より冷たいお茶を出し、

ググッと一杯。

一息つき、



いった…………


とうずくまるのですな。

肘と膝をまくりあげ、確認すると、

両方ともすりむけた跡が。





オレは小学生か(-o"-;)…




なんとも懐かしい傷跡を目にしましたよ。

40過ぎたオヤジが…



ちゃちゃっと水をかけてハイ、完了ー

自転車のコンディションを確認すると。

あぁ…

ブレーキレバーの変形を確認、

アルミ製ですから乱暴な修復はクラックの原因に。

なのでっ、ヘタにいじらずそのままに。

フレームがイッちゃっていたら最悪の事態だ、

と確認したら問題ナシ。

そのかわり身体が衝撃を拾ってくれました(-_-;)。

後遺症が残らなければいいけど…

って心配はご無用。

だってすぐにいつものチャリでコンビニに向かいましたが、とりたてて問題もなく、帰宅後の今でも大丈夫ですから(と、ホントはヤセ我慢だけど…)。

それよりも自転車を早速にキズモノにしてしまった方がショックですよ、いやホントに…

軽視しすぎてご迷惑をかけちゃいました。

ブロックパターンもしっかりと残っていてタイヤ再度には「空気圧」と漢字で刻印されているほど涙もののグッドコンディションのタイヤですが、安全には変えられません。

観賞用に残しておいて、新品を購入せねば。

と一発目の「BS 30年物ロード再生シリーズ」は相変わらずのトホホっぷりをお見せしてしまいました(-_-;)…

DSCN1860.jpg


(本日の一言)

久々にえぇーエンディングだな~と実感。

でもねっ、実写版のムッタは大泉洋がやるべきだっとも実感、しているのは自分だけではないことが分かってなんだかうれしい…




(お知らせ-1)

東急ハンズ渋谷店7a

Hands Gallery Market

にて5月26日まで出品します。

お近くにお越しの際にはぜひともお立ち寄りください(-o"-;)/!


(お知らせ-2)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館

http://www.koumi-town.jp/museum/




本日はここまで

本日は我が家の日常 - 2012.05.09 Wed

ということでっ、

以下、我が家での今朝、数時間ほどの“どーでもいい”出来事でオチもございませんことをご了承下さいm(_ _;)m。

早朝の4時過ぎ。

例によって例のごとく

我が家の愚連隊(「くるねこ」ご一読の方はご存知の“ニャー”と鳴く生き物ですっ、ハイ…)2匹が当方の寝室に押し入り、腕をカミカミ、顔面に猫パンチをくらわし、


メシをくれー

メシをくれー


と催促を。

日課とはいえ、

毎度のことはいえ、


やはりツライものがあり、

時には布団をかぶって立て篭もるのですが、

ここ最近は気温が上がり、

長時間の篭城はかなりツラく、

5分とたたないうちに白旗を上げます(-_-;)。

階下に降り、それぞれのドライフードをそれぞれのお皿に入れ、しばし待機。

入れて、はいおしまい

とはなりません。

なぜなら片方は現在減量中。

通常のドライフードを食べないように監視が必要なんですな。

食べ終わるのを見届け、再び床に入り、2度寝に突入ー

一時間経過。


どこか遠く、

最果ての地では、

アラームが鳴り、

そして、階下へ降りていく足音が聞こえるような、聞こえないような…




アリ!

アリよ!!

大量のアリよ!!!


この季節であればよくあることで取り立てて騒ぐこともないのでは?

とも思うのですが、そこまで大騒ぎをしているのなら仕方がない。

駆除も兼ねて階下に下りると

カミさんは既に掃除機を構えており、おびえているわけでもなく

すぐにスイッチオン。

ごく普通に掃除機で吸い始める。

駆除できるのなら別に騒ぐ必要もないじゃないか。

と思いつつ再び寝室に戻り、3度寝を。


5分経過。



リモコン!

テレビのリモコン!!

テレビのリモコンはどこ!!!



階下から轟く声。

心中


知らんよ…


と思いつつ、再び階下へ…





行くこともなく、テレビが付き、スイッチオンを確認。


自分で問題が解決できるのなら巻き込んで欲しくない


それが正直な気持ちですよ、いや、ホント。

20分経過。

子供たちが起こされ、階下に彼らが降りていく音とともに、

さて、起きるか

と、自分も起床。

早朝4時以降、どこまで満足な睡眠をとれたのでしょう?


自分の朝食は自分で作るので卵をフライパンに割りいれると


そろそろアリの季節ね


と遠まわしな催促。

分かりましたよ。

ホームセンターに行ってきます。

ちなみに昨日も行きましたよ。

作図中の現在、極力在宅し、早く書き上げたいのが本音なんですが、

佐久市まで行かなきゃならないのでホームセンターに行けば半日はツブれ、

ゆえに計画的に必要なものを書き上げ、まとめて外出を行いたいのが本音なんですが、

ホームセンターに行ってきますよ。

会社勤めじゃないからいつでも外出できていいよね。

と思われがちですが、却って時間管理はシビアにせんと自分の首を絞めるのですが、そこは身の軽さを錯覚するのでしょう。

言われれば行かざるを得ません。

でもね2日連続のホームセンター通いは憂鬱なんですよ、色々な意味で。


といった日常が日々繰り返される我が家です、ハイ。

ねっ、オチないでしょ(-o-;)。

(本日の一言)

こちらはオチがあります(-o-)b。今聞いても新鮮だっ!




(お知らせ-1)

東急ハンズ渋谷店7a

Hands Gallery Market

にて5月26日まで出品します。

お近くにお越しの際にはぜひともお立ち寄りください(-o"-;)/!


(お知らせ-2)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館

http://www.koumi-town.jp/museum/




本日はここまで

本日は椅子づくしの一週間の末の開花でした… - 2012.05.05 Sat

ということでっ、気がつけば2週間ほど更新を怠っておりまして…

皆様いかがお過ごしでしょうかm(_ _;)m。

その間、特に何事もなく…

といったわでもございませんでしたが、まっ、時系列的にダラダラとお伝えしますと、

先週の土曜、4/28(土)の事。

場所は工房木跡、宮鍋君の職場、時はお昼過ぎの午後2時過ぎ。

この日は4/29(日)より松本市民芸術館にて開催される「村上富朗 木の椅子展」の設営作業。

松本市は毎年五月には有名な「松本フラフトフェア」を始め「工芸の五月」を市全体で開催し、その一環なのである(-o-)b。

宮鍋君の愛車である、ハイエース。
DSCN1740_20120505072427.jpg

ここに、ビニールがかぶされた椅子たちに養生を行い、
DSCN1741.jpg

ハイエースへの積み込み作業を。
DSCN1743.jpg

でっ、ここで斧が登場。
DSCN1745_20120505072551.jpg

コレを使って椅子を(-o-;)…

ではなく、積み込み作業を終えた頃、宅配便にてコレが配達されたわけです。

時系列なので話はホントにもう、グダグダな流れです、ハイ。

薪割り作業に宮鍋君が購入。

我が家に放置されて3年、腐海の森にでも転がってそうな薪を引き取ってくれことになり。

さて、試し割りを。
DSCN1746.jpg

やはり薪は切り株にのせて割るのが絵になります、ハイ。
DSCN1747.jpg

おっ、宮鍋君、初めてにしては、様になっております。
DSCN1748.jpg

フッ(-o-)、オレにかかれば軽いもんだぜ、とでも言いたげな余裕の笑み。
DSCN1750.jpg

虫食いでモザイクをかけなければかなりヤバイ薪かと思いきや以外と素性がよろしいようで。
DSCN1751.jpg

これであればどうやら使えそうですな、腐海の森の薪も。

さて、3時過ぎに宮鍋君の工房を出発。

向かったのは、
DSCN1753.jpg

ハイ、谷さんの工房です。
DSCN1754.jpg

見上げれば、敷地内の桜は満開でしたな。
DSCN1756.jpg

ウチのはまだなんだけど…

コチラでも2脚ほど椅子を積み込み、松本市へGO。

集合時間までまだ時間があったので集合場所である、松本市民芸術館最寄の喫茶店にてこーしーたいむ。
DSCN1757.jpg

なんですが、おしゃれな店内では頭タオルをしていた当方はかなり浮いていましたか(-_-;)…

会計時には店員さんから


「舞台の方ですか?」


と聞かれ、思わず


「ハイ…」


と返事を。

いやっ、ホントは木工関係者なんですけどねっ、

でもねっ、何か、


「いえ、違いますよ(あっ、イメージはバリトン調の声で…)。近くの松本市民芸術館に椅子の運び込み作業でやってきたのですよ、この頭タオルはいつものでクセでして、気にしないで下さい、ハッハッハッ…」


って、説明するのも見苦しいというか、面倒というか、結局あたふたしちゃいましたな。

あぁ、ほんとビックリした(-o-;)。

お店を出たら宮鍋君に


なんでそんなウソついているんですか


とツッコまれまして…

でっ、その後芸術館にて展示作業を。
DSCN1765_20120505072950.jpg

谷さん、ワイヤーの整理作業を(画像ブレているけど…)。
DSCN1768.jpg

数時間の作業を経て、会場は完成ー

おぉー、見事なバナーです。
DSCN1771.jpg

実際に村上さんが使用されていた作業工具も展示され、
DSCN1772.jpg

パネルの展示作業は現地で合流した芦田さんと宮鍋君とで悪戦苦闘の末完成させましたか。
DSCN1778.jpg

ズラッと並んだ村上さんの椅子たちは会場の照明がひと際カッチョよく見せてくれます。
DSCN1773.jpg

って、記事を上げる頃にはもう終了しております(-_-;)…

でも、名古屋で開催されます木工家ウィークでは


5月30日(水)~6月4日(月)に

松坂屋名古屋店南館1階オルガン広場にて

「CHAIRS+3・村上富朗 木の椅子展」


木工家ウィークNAGOYA・2012webサイト


と題して村上さんの椅子が展示されますのでこちらをご期待下さいm(_ _)m。


さて、それから数日後の5/3(木)

小海町高原美術館。

こちらでは「世界の子供の椅子展」の関連イベント「子供の椅子を考える」を開催。

島崎先生による講演会「こども椅子のデザイン」が行われました。
DSCN1793.jpg

4/7に行われたオープニングレセプションとはまた違ったお話が伺えました。

それにしても先生の記憶力は抜群で「こちらは1852年に…」とスラスラと解説されているのがスゴイです、ハイ。

お世辞抜きに先生のお話は本当に面白いです。

更には展示企画の一つである「君の椅子」プロジェクトを主催されている磯田憲一先生がわざわざ札幌よりお見えになられ、プロジェクトの説明を。
DSCN1801.jpg

島崎先生がおっしゃっていた正に「目から鱗」と言えるこのプロジェクトのスゴさには会場の多くの方が驚き、またその考え方に共感されたことでしょう。

いやはや有意義な一日となりました。

といった具合で色々と椅子づくしの一週間となりました。

でっ、谷さんの工房の桜を「えぇなぁー」と眺めた一週間後の今朝ほど。

DSCN1813.jpg

我が家の桜もようやく開花となりました。


「子供の日」にようやく開花とは、ホントこの町は春の訪れがかなりのんびりとしています、ハイ(-_-;)…


(お知らせ-1)

東急ハンズ渋谷店7a

Hands Gallery Market

にて5月26日まで出品します。

お近くにお越しの際にはぜひともお立ち寄りください(-o"-;)/!


(お知らせ-2)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館

http://www.koumi-town.jp/museum/




本日はここまで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。