topimage

2012-07

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は「火山のふもとで」 - 2012.07.21 Sat

ということでっ、久々の更新となりますm(_ _;)m…

母から進められて現在読書中なのがっ、

新潮7月号に掲載されている

松家仁之「火山のふもとで」
DSCN2888.jpg

朝日新聞の文芸批評欄にて


松家仁之「火山のふもとで」は「新人」の「デビュー作」とはとうてい思えない完成度を示す長編だ。

文章の清潔と典雅、物語展開の見事に統御された緩急の呼吸、過不足のない描写の節度と鮮烈、それぞれくっきりとした輪郭で造形された登場人物たちの粒立った個性。

ここにはさしあたり人が小説に求めるすべてがあるとも言える。


と評されており、


そりゃーそこまで書かれてば手を伸ばさずにはいられないでしょう


と思ってもおかしくはないかと。

話は高名な建築家の設計事務所に勤務する「ぼく」が「火山のふもと」にあるその建築家が設計した別荘での暮らしぶりから始まります(と言っても仕事だよ)。

事務所を挙げて取り組む国立図書館の設計コンペを主軸に個性豊かな先輩方や魅力的な女性とのやりとりがまた秀逸です。

この高名な建築家のモデルとなっているのは吉村順三さん。

そして火山とは、

そう、浅間山。

別荘とはあの名作「軽井沢の山荘」。

この一軒の山荘だけで一冊の本が出ておりますよね。
DSCN2889.jpg

ですが、同じ町内なのに未だに伺えず(-_-;)…

今度「種」メンバーでサイクリングがてら行ってみたいものです。

って、閑話休題m(_ _;)m…


吉村順三さんといえば、

昨年亡くなられた村上さんを見出した方(のはず…)

とか、

知り合いがそのお弟子さんの一人であるN設計室の永田さんに家を設計してもらった

といった程度しか縁がございません
(その程度じゃっ、“縁”とは言えんだろー)。

20年ぐらい前なら、

丹下さん(ちなみにこの方をモデルにした人物も作中出てきます)の方が派手でモニュメント的でえぇなぁ~

などと思っておりましたが、

30代後半になると吉村さんのなんともいえない住空間の心地よさっちゅーものがにじみ出ていることが分かってきましたか
(本当に理解できているかは定かでない…)


高名な建築家吉村さんがご存命の時期の話からスタートしますので時代は遥かいにしえ…

というほどではありませんが、少なくても今よりは魅力的な時代ではあります。

町内の描写がまた何とも言えず、懐かしくおもっちゃったりもします。

といった次第で地元ネタも含めて楽しく読ませてもらっていますが、

それに関係なく、建築関係の方とか、住空間に興味のある方とか、単純に小説が好きな方、

どなたにでもオススメできそうな作品のようです

(“ようです”で結んでいるのは読了していないからだな(-o"-;)…)




(お知らせ)

「君の椅子」プロジェクト展

現在開催中ですっ!

皆様のお越しをお待ちしておりますm(_ _)m

8月21日(火)まで

LIVING DESIGN CENTER OZONE

7F リビングデザインギャラリー


「君の椅子」プロジェクト展のwebサイト

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1334.html


君の椅子プロジェクトのwebサイト

「君の椅子」プロジェクト2012年モデル紹介サイト


本日はここまで
スポンサーサイト

本日は白ペンキなわけ - 2012.07.11 Wed

ということでっ、ウチが仕事で使用しているオイルは屋外塗料なのでかなり強靭でございますので屋外製作物には極めて向いています。

にもかかわらずなぜ、敢えて白ペンキなのか。

それは二つのトラウマというか、思い出といえば良いのでしょうか。

以前記事にしたように当方の祖父は写真の先生をしていて、

まっ、これは自費出版なんですが、写真集を何冊か出しております。

その中でも未だに印象深かったのは、


奏楽堂の外壁を写した数枚

DSCN2782.jpg

奏楽堂とは東京藝術大学音楽学部の前身である東京音楽大学の演奏会場として明治23年に建てられました。

昭和47年に老朽化のため移築が予定されましたが地域住民と音楽家たちの反対により台東区に譲渡され、現在に至っているのですが、この間に修復が図られています。

祖父が撮影した当時はまだ修復作業が行われておらず、旧態然としていました。

修復された現在ではキレイに塗りなおされ、それは見事な建築物として国の重要文化財として保存されております。

しかし…


個人的には祖父が撮影した雰囲気の方が好きです。

DSCN2784.jpg

この朽ち果てた感じ

DSCN2783.jpg

というか、

この時間の経過を感じさせる

その空気というのが圧倒的に感じます。

特にこの白ペンキの割れた感じが

もっ、最高です。

って、ここまでの流れで分かりますよね。

何で白ペンキなのか。

そしてもう一つの理由が、

立て直す前の実家の庭の生垣はウッドフェンスを設けていたのですがその色も白。

立てた当時は(つまりあたしが生まれる前)鮮やかな白フェンスだったのでしょうが、

あたしが物心つくころにはそのフェンスの白ペンキもひび割れ、やや朽ち果て感があったでしょうか。

今じゃー、金属製の網とフレームに変わり、そりゃー耐久性は遥かに上がったのでしょうが、やはり個人的にはつまらない。

あの、朽ち果てでもなんとはなしにのんびりとした時代を彷彿させるあるウッドフェンスの方がよかったですな。

(ちなみに実家のウッドフェンスの良さにはコラムニストの泉麻人さんもコラムにて触れているのだっ(-o-)b!)

って、ここまでのもう一つの流れで分かりますよね。

何で白ペンキなのか。


おっと、忘れてました。

この町内にもありましたね。

そんな素敵な白ペンキが。

別荘地にある白看板。

各人の別荘への案内をするこの看板も最近ではこげ茶が多いのですが、

昔のは白。

これまた案内するはずの黒文字がかすれて、

下地の白ペンキもワレワレ。

こんな白看板も素敵に感じております。

って、ここまでの忘れていた流れで分かりますよね。

何で白ペンキなのか。



さて、我が家の植木鉢棚がいつどのようにして朽ち果ててくれるのか、

それは分かりませんが、

今から楽しみなんですよ。

DSCN2780.jpg

えっ、あたしって変(-_-;)?



(お知らせ)

「君の椅子」プロジェクト展

7月19日(木)~8月21日(火)

LIVING DESIGN CENTER OZONE

7F リビングデザインギャラリー


「君の椅子」プロジェクト展のwebサイト

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1334.html


君の椅子プロジェクトのwebサイト

「君の椅子」プロジェクト2012年モデル紹介サイト

(本日の一言)

ポヨがどえりゃーカワイイ(爆涎)…



本日はここまで

本日は植木鉢棚はいいな… - 2012.07.10 Tue

ということでっ、先週末の滝雨の中、当方は「種」に出品するブツ作りを。

なんですが、接着の乾きを待つ間に別の製作物の作業を。

通常は図面を引いたり、スケッチを書いたり、ですくわーくが中心か、もしくは洗濯物を干したり、畳んだり、食器を洗ったり…

といった作業なんですけどね。

先週末に車検から帰ってきた車で週イチの買い物に出かけ、

びばほーむ佐久インター店に立ち寄った時、ふと目に付いたのが、


植木鉢棚。


雑然とした我が家の鉢植えども。

本来鉢を外に出すのも嫌だったのですが、
(特に空になった鉢が雨ざらしのまま転がっている状態… あれはイタ過ぎます、ハイ(-_-;)…)

庭に植えていてはそのまま埋もれてしまうような植物があったり、

車道に近く、車に踏まれて痛々しかったスミレなどを保護したり、

草刈でそのままだと刈ってしまうところだったオダマキも保護したり、

まぁー、そういった様々な事情で気がつけば拾い上げているわけです、ハイ
(↑野良猫とか拾ってくるタイプ)

ですが、さすがにあまりにもみっともなさを感じ、
DSCN2776.jpg

DSCN2775.jpg


うむっ、植木鉢種はいいぞ…


と思った次第なんです、ハイ。

しかし、

我が家の経済的事情がたかが238円の植木鉢棚とはいえ許してもらえない(-_-;)…

先日の車検も大きな痛手となってますのでね。


なのでっ、自作することに。

材料は、

治具にするには短く、もはや薪としての運命しか待っていないツーバイ材。

それと、カミさんが前のアパートで収納用として使っていたスノコ。
(これも薪としての運命を全うするところだった)

サクサクッと図面というか、仕様図を引き、

木取りを行い、

ビス穴をもみ、

組み立て、

最後はペンキヌリヌリ

ペンキは以前購入したものを使いまわし。

なのでっ、今回の出費はゼロと、お財布にも優しい(-o-)b。

でっ、こちらが完成品。
DSCN2764.jpg

DSCN2765.jpg

でっ、実際に設置。

DSCN2781.jpg

少しは整然となったのでしょうか(-_-;)?

DSCN2778_20120709112133.jpg

まっ、立体的にはなったかな…

いやぁーそれにしても薪としての運命しか待ってなかったスノコが違った人生を歩み初め、

良かった、良かった…


と、今朝ほど工房前のドアには新たなスノコが_| ̄|○…
DSCN2763.jpg





それにつけてもなんでオイル仕上げじゃなくて白ペンキなのか?

それもちゃんと理由があるのですが、それは明日にでも…


(お知らせ)

「君の椅子」プロジェクト展

7月19日(木)~8月21日(火)

LIVING DESIGN CENTER OZONE

7F リビングデザインギャラリー


「君の椅子」プロジェクト展のwebサイト

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1334.html


君の椅子プロジェクトのwebサイト

「君の椅子」プロジェクト2012年モデル紹介サイト


本日はここまで

本日は滝雨と“初恋の人” - 2012.07.09 Mon

ということでっ、

全国的なのかっ、

県内全域なのかっ、

それとも東信地方なのかっ、

はたまた軽井沢町内限定なのかっ、

昨日、一昨日と滝雨が何度かありましたね。

まっ、家とか、工房の雨漏りについてはまったくもってして心配なかったのですが、

懸念されたのはあたしの車。

車庫も建てられない経済状況

平元年式のボロ車

雨ざらしにせざるを得ない(-_-;)…

雨漏りが発生して車内が水浸し_| ̄|○…


といった図式が完成されており、滝雨発生の度、トホホな状況にあります。

しかし、ここで画期的な対応を思いつき、実行。


ホームセンターにてプラのトレイを購入

雨漏りが発生する場所に設置

以上(-_-)b


でっ、2週間ほど前からそのようなかーらいふを送り、今週末の滝雨。

今朝ほどいかような効果があったか測定するために確認を。

おっ、窓越しにありますよ、トレイが。
(あっ奥にあるタオルも対策に一つです(-_-)b)
DSCN2766.jpg

でっ、確認すると…
DSCN2767.jpg

画期的な対応しておいて良かったぜorz…

正直ちと大きすぎるか(-o-;)?

と思っていたのですがコレぐらいは必要なようです、我が家のボロ車には。

サビは出てるは、
DSCN2769_20120709111026.jpg

塗料は割れてるやら、
DSCN2771.jpg

給油口のフタがしまらないやら、

100メーターぐらい離れていると分からないんですけどね、

実はかなり悲惨なんですよ。

もう24才なのに雨ざらしだし…

なのにっ、

先週車検に出しちゃいましたよ(-_-;)…

結果はクラッチの油圧シリンダーがブローしていて、

修理の必要が出て

またもやお札に羽が生えていきましたけどね。

なんでそこまでして乗るかって?

そりゃー、中学生の時にあたしのかーらいふを目覚めさせた“初恋の人”だからですよ。
DSCN2772.jpg



(お知らせ)

「君の椅子」プロジェクト展

7月19日(木)~8月21日(火)

LIVING DESIGN CENTER OZONE

7F リビングデザインギャラリー


「君の椅子」プロジェクト展のwebサイト

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1334.html


君の椅子プロジェクトのwebサイト

「君の椅子」プロジェクト2012年モデル紹介サイト


本日はここまで

本日はいい材料ですよ、ビーチって… - 2012.07.07 Sat

ということでっ、

「種」用の作品を現在製作しているのですがっ、
(7/15までに作品を仕上げ、各人画像を提出しなければいけないのだっ(-o"-;)/!)

材料はブナ。

まっ、厳密にはビーチなんですが。

というのも国産のブナの方が一見健康的で素性がいいんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、

実際には北欧産のビーチの方が反りが生じづらくまた木目も美しい。

なので、ウチも北欧産の「ビーチ」を使用しております。

でもねっ、工業製品(まっ、要は工房家具じゃなくてメーカー家具ということ(-o-)b!)では多々みられるのですが個人工房ではあまり…

というわけでもないかもしれませんが、正直ウチの周りでも使っている方を拝見しません。

確かに北欧産とはいえ、樹種の中では反りやすいし、木目もそれほどおもしろくないかも(-_-;)…

だけど個人的には「ビーチ」が今のところ一番のお気に入り。

材を細くしても使用に耐えうる強靭さ。

自分の作風には合ってます。

それ以外では先日入手したトネリコが適切かも。
(使うのが楽しみだっ、グッフッフッ…)

また「ビーチ」はほんのりとピンクがかった風合いに色気を感じますね。
(だから、それが極力生かせるソープ仕上げなのだっ(-o-)b!)

それと、柾だと現れる杢。

これまた地味なんだけど、そこが却って控えめ感がいい。

いい材料なんだけどなっ、

なんでみなさん使わないんだろっ?

DSCN2762.jpg


(お知らせ)

「君の椅子」プロジェクト展

7月19日(木)~8月21日(火)

LIVING DESIGN CENTER OZONE

7F リビングデザインギャラリー


「君の椅子」プロジェクト展のwebサイト

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1334.html


君の椅子プロジェクトのwebサイト

「君の椅子」プロジェクト2012年モデル紹介サイト


本日はここまで

本日はあれから一年を経てもの作りに対する姿勢は… - 2012.07.03 Tue

ということでっ、

あれから一年が過ぎました。

あれからというのは、


椅子の巨匠、


村上さんがなくなられてから、


ということです。

先日の東御市で行われた展示会での記事で触れたように

これからは楽しいお酒を飲むことに。

だから先日の「種」の宴も楽しいものとなりました。

じゃっ、村上さんを通して今年一年で実感した「もの作り」に対する姿勢は?

それは、


やはり、


自分らしさを持った


おりじなるな一品



ということでしょうか。


村上さんもウィンザーの後にも色々と試行錯誤をしていたようですが、

やはり村上さんは「ウィンザー」なのでしょう。
(と言ったら語弊があるかもしれませんが…)

村上さんのウィンザーを意識した椅子作りをしていた時期もあったのですが、

自分には「ウィンザー」は終着点にはなりませんでした。

ですから、


自分らしい


おりじなるは、


やはり原点に立ち戻りました。



それをどのような形にして自分の原点を洗練させてゆくのか。

その機会はいつになるのでしょうね。

DSCN2759.jpg


さて、今夜の晩酌も楽しく飲みますよ♪


(お知らせ)

「君の椅子」プロジェクト展

7月19日(木)~8月21日(火)

LIVING DESIGN CENTER OZONE

7F リビングデザインギャラリー


「君の椅子」プロジェクト展のwebサイト

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1334.html


君の椅子プロジェクトのwebサイト

「君の椅子」プロジェクト2012年モデル紹介サイト


本日はここまで

本日は「種」ミーティングございましたm(_ _)m - 2012.07.01 Sun

※「種」ブログと重複していますが、より多くの方々にご覧いただきたく掲載致しましたm(_ _)m。

ということでっ、

田澤さん、来訪ー
DSCN2590.JPG
新潟でのクラフトフェアからの帰りに寄っていただきました。

目的は明日行う「種」のミーティングのため。

前日に入っていただきこの日は工房探訪ー

ですが、その前に我が家の庭を見てもらい名称不明な植物を見てもらうことに。
DSCN2594.JPG
田澤さんは以前の仕事が森林調査でしたからその筋のプロ。

これは変わった房をお持ちの植物。
DSCN2596.JPG
あっ、ちなみにコレは最凶のツタウルシ。
DSCN2591.JPG
紅葉の季節には真っ赤っ赤になりそれはキレイな色づくようなのでそれはそれで楽しみです。

近づかずに遠めに眺めるのに留めますが(-_-;)…

気がつけばそれなりの時間が経過し、

慌ててtamoさん工房へ。
DSCN2598.JPG
早速工房を案内してもらう、

前にえぇ…

当然のごとくご自慢の自転車の紹介からスタートです(-_-)。
DSCN2600.JPG

どれぐらいの重さですか?…
DSCN2601.JPG

と田澤さんも興味深げ。

蒔き割り用の斧にも興味深げ。
DSCN2602.JPG
さて、tamoさんの工房。
DSCN2606.JPG
田澤さんも楽しそうにご覧になってました。
DSCN2607.JPG
何の材料でしょう。
DSCN2608.JPG
もしかしたら…

tamoさんのところには「いわく」付きの材料が自然と集まり、


これは…
DSCN2611.JPG

とその「いわく」を説明していただきました。

南京鉋を説明を聞く田澤さん。
DSCN2618.JPG
そう、南京に真鍮プレートを貼り付けるのはお約束。
DSCN2622.JPG
村上さんの南京にもほぼ全部貼り付けてありましたっけ。

tamoさんの南京は単なる真鍮フプレートははりつけているのではなく、

ある「しかけ」が施されていて、


なるほど…


とうなづいてしまいますな。

ご自慢の平台も、
DSCN2623.JPG
ありゃっ、なぜ台のお尻が黒いか?
DSCN2624.JPG
まっ、鉋を扱う方なら想像がつくかと…

おっとペーパーも色々と取り揃えているようで…
DSCN2625.JPG
ご自慢の庭は、
DSCN2626.JPG
えぇ感じにまとまっていますな(-o-)/。
DSCN2627.JPG
かえるも常時在沖のようです。
DSCN2628.JPG
入れていただいたこーしーのカップはステンレス製で鏡面仕上げのおかげでおもしろい感じのうつりこみが…
DSCN2631.JPG
どうも遅くまでお邪魔しましたm(_ _)m。

さて、日を越して、次の日は「種」ミーティング。

しなの鉄道にて移動の予定でしたが

これは…
DSCN2634.JPG
などとついつい二人で「緑」の散策してしまい、

おかげで、

本当なら小諸に向かうところが

なぜか軽井沢アウトレットモールに(-_-)…
DSCN2635.JPG
乗り遅れた成れの果てです。

しかし、
DSCN2636.JPG
それにつけても、
DSCN2637.JPG
平日とはいえ、この季節にこの現状。

ちと心配になります…

その後しなの鉄道軽井沢駅発の車中は、

かなりゴージャズな車内。
DSCN2639.JPG
小海線に乗り換え、
DSCN2640.JPG
佐久平駅に到着ー

ですが、

なぜ、新マンがこちらに(-o"-;)?
DSCN2641.JPG
初めて佐久平駅を降りたのですが、お土産屋さんもあるのですね。
DSCN2642.JPG
えらく派手な時計に出迎えられなんとも印象深い駅でしたな(-o-)。
DSCN2643.JPG
さて、こちらはジャスコ佐久平駅前店。
DSCN2644.JPG
tamoさんらと2階軽食コーナーにて合流。
DSCN2645.JPG
宮鍋君は、ポツリとお弁当を食す(-_-)…
DSCN2646.JPG
さて、

芦田さん、

nemoさん、

と「種」メンバーが集まり、

打ち合わせを。
DSCN2648.JPG
ジャスコ佐久平駅前店2階軽食コーナーにてね(-o-)b!

良い打ち合わせ場所がなくて苦渋の決断ですな(-_-)。

あっ、ちゃんとドリンクとか頼みましたよ。

3時間以上におよぶ打ち合わせ終了~
DSCN2649.JPG
さて、例によって例のごとく、

tamoさん自転車鑑賞の会、というか体感の会でしょうか。


ふむふむコレは…
DSCN2667.JPG

と芦田さん。
DSCN2668.JPG

ビッグサイズの宮鍋君、
DSCN2674.JPG
チャリがいつにも増して小さく見えます(-_-)…
DSCN2675.JPG
田澤さんも試乗。
DSCN2678.JPG
しかしやはりスケールが…
DSCN2679.JPG
それは、
DSCN2694.JPG
nemoさんであっても。
DSCN2695.JPG
やはりtamoさんだからこそお似合いの自転車かもしれませんな…
DSCN2683.JPG

あっ、ちなみに駐車場での自転車の運転は禁止されていますので皆様ご注意を(-o-)b!

警備員さんからイエロカードいただきました(-_-)。

さて、お次は…

夕方より宴を開催( ̄ー ̄)。
DSCN2708.JPG
この始まる前のなんともいえないワクワク感。
DSCN2709.JPG
田澤さんもふむふむとメニューにチェックを。
DSCN2710.JPG
さて、スタート。

生に、お通しに、お刺身、
DSCN2715.JPG
もっ、最高ー

さすがtamoさんご紹介のお店。

味もお店の雰囲気もバツグンでした。

お車で来訪の芦田さん、tamoさんはノンアルにてm(_ _)m。
DSCN2716.JPG
メニューを見て検証中の二人。
DSCN2717.JPG
nemoさん、メガネを外して飲みモードが本気に。
DSCN2718.JPG
食べるの大好きtamoさん。
DSCN2721.JPG
宴が始まり、早一時間半が経過。
DSCN2722.JPG
後ろの時計は6時半。

そう、5時からのスタート。

日が出ているうちから飲み始められるのは自由業、いや違った“自営業”の強み。

まだ六時半なのにかなり和やか、というかかなり出来上がっている状態(-_-)。
DSCN2725.JPG
苦手なすしネタをnemoさん、宮鍋君で仲良く交換っこ。
DSCN2726.JPG
で、このまま最後まで盛り上がり宴は終了ー

いやぁー楽しかったッス。

本来なら私と田澤さん、宮鍋君は電車で買える予定でしたが、

tamoさん、優し!

自宅まで送ってもらいました。

ありがとうございますm(_ _;)m…

さて、その翌日。

田澤さん、ご帰還。
DSCN2727.JPG
荷物の積み込みを行い、
DSCN2728.JPG
新潟でのクラフトフェアで入手された鋸を拝見させていただき、

なんとふりーにて入手した凧。
DSCN2729.JPG
しかも「無形文化財」の刻印入り。
DSCN2730.JPG
何ともうらやましいものです…

といった次第で田澤さんは

ジャスコ佐久平店に寄られて、

小海に寄られて、

滝見の湯に寄られて、

のんびりとご帰還されたようです。

さて、展示会まで残りあと2月半。

いよいよ間近に迫ってきましたよ、


「種」。


「種」公式webサイト


(お知らせ)

「君の椅子」プロジェクト展

7月19日(木)~8月21日(火)

LIVING DESIGN CENTER OZONE

7F リビングデザインギャラリー


「君の椅子」プロジェクト展のwebサイト

http://www.ozone.co.jp/event_seminar/event/detail/1334.html


君の椅子プロジェクトのwebサイト

「君の椅子」プロジェクト2012年モデル紹介サイト


本日はここまで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。