topimage

2012-11

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はシェルフの納品でした - 2012.11.25 Sun

ということでっ、

昨日納品してきたシェルフでございます。

DSCN4397.jpg


特長は棚板の形状ですよね。

モノが飛び出ないようにストッパーとして手前が立ち上がってます。

インテリアにご興味をお持ちのお客様が大量に保有していた雑誌から選び出された製品の「この方向で」と伺ったご要望をかたちにしました。

フレーム形状にすることで軽快感も出しました(かつ材の使用量を減らすことでコストの軽減にも努めました)。

棚板部はSPF材、フレームは強度を確保するのにブナ材。

異樹種、しかも似て非なる樹色(思いっきり違えばそれはそれでおもしろいものです)なので“ママ”組み合わせるとビミョーな違和感が出るのですが、仕上げを工夫することで問題も楽々クリア♪。

白系にしたことで上品に仕上げました。

この白は“ただの白”ではなく、実はちょっとした工夫を施してます。

それは、






企業秘密です(-_-)





ですが、ヒントを。




中古のブルーバード(-o-)b




かなりマニアックな方ならご理解できるかも。



実際に納品させていただいたお宅です。

DSCN4407.jpg


白壁と合間って雰囲気も良いかと。

お客様が飾られた“木のもの”がキイテいますよね。


これからのこの仔との暮らしが豊かなものとなりますように♪


本日はここまで。
スポンサーサイト

本日は敷地内の薪は… - 2012.11.21 Wed

ということでっ、

敷地内にある薪、

DSCN4357.jpg


ですが、

時々工房木跡の宮鍋君に持っていってもらってます。


えっ?

自分のところで使わないの?


といった声も聞こえてきそうですが、

以前投稿した記事(その時の記事はコチラ)のように

当工房では日々薪材が生産されております(-_-)…


当初は我が家の薪にするつもりでしたが、とてもそこまで到達できそうにありません。

ふと見ると、宮鍋君の薪ストーブはアメ車並みの燃費で燃え盛っており、

こりゃー、ぜひとも工房木跡で消化してもらったらこちらとしては助かると。

いつまでも放置してせっかくの薪材が朽ち果てていくのを眺めるのもちと気が引けるし。

といった次第でさきほど宮鍋君には朝イチで来てもらい薪の積み込み作業を。

DSCN4356.jpg

まずは積み込みやすいように余計なツルなどの除去作業。

DSCN4359.jpg

そして積み込みだっ。

DSCN4360.jpg

毎度のことながらこういった単純作業の時は雑談が発生するものでそんな世間話をしながら一時間ほど経過。

宮鍋君のハイエースには薪を満載。

薪置き場もようやく地面が見えてきましたか。

DSCN4362.jpg

あと2回? 3回?

ようやくここも整理できそうですな。

しかし、ハイエースに満載した薪で工房木跡は一月分とか。

計算するとウチの薪材を全て消化して4月まで持つかどうか…

でっ、後はどうするかって話になりましたが、本人曰く


気合ですよ(-o-)b!


とのこと。

あんた“気合”って、それで寒さしのげるのでしょうか(-_-;)…

その時期、工房木跡での「種」ミーティングは避けようと思った冬の朝でした(-_-)。


本日はここまで

本日は“冬彦さん”になりましたよ - 2012.11.14 Wed

ということでっ、

全くもってして私的なことなんですが、

昨晩、カミさんが台所で夕飯を作っていたら、


アレ?


という声が。

扉のバタンバタンという音がし、

その後沈黙を守るとある“箱”。

ちょっと見てくれというのでコンセントなり、断線していないのかを確認しましたが、

原因が分からず。


どうした?


と声もかけましたが

それに反応せず






















うそぉーん_| ̄|○…


東芝 ER-FX8(T)
DSCN4270.jpg


我が家の電子レンジです。
DSCN4266.jpg

脇のラベルを見ると97年製。
DSCN4272.jpg

たかだか15年生。

車ならかなり高齢ですが、この手の家電としては、


あまりにも若すぎるだろ(-o"-;)/!


というのが本音ででしょうか。

なにしろ実家の電子レンジは30年生ですがまだまだ現役です。

しかもこのレンジ当時としてはかなりハイグレードなモノでして、

オーブンも通常の4面対流の他、5面熱風も配備。
DSCN4268.jpg

背の高いシフォンや食パンも焼けるるというオーブン機能にもかなり力を入れたモデルでした。

また、電子レンジとしても当時としては珍しい重量感知センサー付き。

それまで時間を入力しないと可動しなかったのが、ただ皿を放り込んでスタートボタンを押すだけで重さから温め時間を算出して自動的に可動するのですな(-o-)b。

まっ、今となっては当たり前の機能かもしれませんが、当時この機能にはかなりシビれましたか。

それだけに価格も安くはなく10万近いお値段。

サラリーマンとしてはかなり高い買い物でしたよ。

でもねっ、一生モノとして購入したつもりが


たかだか15年かよ……


いやっ、ホント正直ショックですよ。

よっぽど分解して確認しようと思ったのですが本体ラベルに書かれている、


高圧注意

技術のあるサービスマン以外の人は絶対にキャビネットをあけないでください。

キャビネット内部には数千ボルトの高電圧部が数多くあります。

万一さわると危険です。

DSCN4271.jpg



という文句に及び腰となり断念しました。

松戸、旭川、そして長野…

我が家とは常に一緒に引っ越して参りました。

ここが終の棲家となりましたか。

お疲れ様でしたm(_ _;)m。



ホント、ショック……


ちなみにあまりにも悔しくて電子レンジ東芝ER-FX8(T)を歯がゆく見つめるあたしを見てカミさんが一言、


冬彦さんみたい


というお言葉をいただきましたよ。




本日はここまで

本日はシェルフ製作中ー - 2012.11.13 Tue

ということでっ、気がつけば前回の更新より早、2週間。

ここ最近は“えふびぃ”ばかりの更新…

気になる方で“えうびぃ”をやられている方は検索下さいm(_ _)m。


時が過ぎ行くのは早いものだなぁ(-_-)y~~~


といった次第です、ハイ。


その間、落ち葉掃きに専念する日々…


というわけではなく、

現在はご注文いただいたシェルフの製作を進行中ー

乾燥を避け、ビニールをかけてある現状はさながらローラ・パーマーを彷彿(?)させておりますか…
DSCN4260.jpg

もっとも特徴的なのは、

ごらんのような端材にてご想像下さい。
DSCN4261.jpg

部材の加工は大体終え、後は面取りと、ペーパーがけと、組み立てと、調整と、仕上げと…

何だ、まだまだありますな(-_-;)…

DSCN4262.jpg

あっ、意味はない画像ですが、何かぷろっぽく見えるかなぁ…

と思って上げました。

とはいえ、今週中には終え、来週からは“壮絶なる作業”に突入したいと思います。

そういえば、T市の展示会もあったな(-_-;)…


時間が足りなすぎっ。




本日はここまで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。