topimage

2013-02

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は“怒涛”の改善作業でしたよ(-_-;)… - 2013.02.25 Mon

ということでっ、

気がつけばもう10ヵ月後には“くりすます”。月日がたつのは早いものです(-_-)…

例の複製作業は無事に完了し、後は検査を待つところまできましたm(_ _;)m。

それを終え、引き続き突入したのは、

工房内の改善作業。

例によって例のごとくどえりゃー長い記事ですが、お付き合いいただけましたら幸いですm(_ _;)m…

開業して7年、この地に移り4年、

自分の作風(この場合の“作風”とは構造的なもの)とか自分自身の作業での動きとかが大分整理されてきました。

それに伴い作業において毎度発生するストレスをどうしたものかと…日々感じておりましたが、

性格的に自虐的なもので(でなければ“結婚”しないでしょうな(-_-)…)、

困難な環境でも我慢できる体質なんですな(というと聞こえはいいがただ“ずぼら”なだけ…)。

例えば、開業当初、


使うだろうな…


とか


コレは使えるぞっ…


と思い購入した金物が実は全く使わず

仕事をこなしていく中で追加で購入した金物が主流になっていた。

結果後で購入した金物はすぐに手に届く範囲に置かれず奥深い棚板の奥に置かれる。

毎度苦しい思いをして金物を取りに行くのですが、

喉元過ぎれば熱さを…

というヤツですな(-_-)…

こりない性質なんです。

しかしながら今回の複製作業で複製ゆえに見えてきた自分スタイルっちゅーやつが、

コレを機に改善していこうと思った次第です。

まっ、やったことは至極単純なんですが、金物の移動と廃棄。

自分の背後にあった棚で普段使わないものは奥の棚に移動、もしくは廃棄。
DSCN6293.jpg

逆によく使う金物をそこに配備。
DSCN6292.jpg

それ以外の作業として、まずは、

工房内に散乱して趣味のものの整理。

コレより以前に行った第一弾はシャッター前に置かれていたチャリを、
DSCN6049-1.jpg

ハンガーを設け、
DSCN6050.jpg

入り口上に移動。
DSCN6051.jpg

また、ストーブ脇に棚を製作の上、、設置しそこに野良仕事、洗車用品、チャリパーツを集約しました。
DSCN6298.jpg

接着剤をガロン買いをしておりましたが、量が減るにつれ硬質化(ウチは一極集中で使用するので消費が激しく厳密にいうと粘りが出てくるというのが正確な表現ですが…)。

これを改善するのに百均で購入したドレッシンボトルに移し変える(自宅でも空きボトルは発生しますが悠長には待っていられない…)。
DSCN5946.jpg

仕上げに使うオイルを入れていたボトルが時々転倒しこぼれたり使う量が上手く調整できなかった…

のでっ、ソースを入れる容器に移し替えました。転倒してもすぐにはこぼれないし、チューと出しますので調整しやすくなりました。
DSCN5947.jpg

これを機に“こんぷれっさー”を購入しましたよ。
DSCN5948.jpg

ペーパー仕上げが多いので通常の鉋仕上げをされている方より極度に粒子の細かいダストが発生します。

集塵機がこれをカバーしておりますが、やはり作業中どうしてダストを吹き飛ばしたい時がりましたがこれまでは口でふーふーという極めて原始的な作業(-_-)…

ダスターも購入しましたがコレが結構バカにならない。一本300円弱。安くはありません。

なので、清水の舞台から飛び降りるつもりで購入。

って、9800円でしたけどね(-_-)…

しかも10リッター。

却って10リッターで9800円は高いのでは?(カインズホームでは25Lで9800円)と声もあるかと思いますがコレは“清音”タイプのため。
DSCN5949.jpg

自分でスイッチを入れて廻す機械であれば心の準備ができますが、こんぷれっさーは空圧が下がると勝手に廻り始めるのでノミの心臓である当方はショック死する可能性があります。

できるだけショック死を避けるための選択です(-_-)…

しかもホースとガン付き(-_-)b!

でしたが、コレが使い物にならない(-_-;)…

スパイラル式ホース独特の引っ張り感とプラ製ガンの軽さという組み合わせが極めてバランス悪し。

のでっ、コレは早々に通常のホースとガンは金属製に、
DSCN6296.jpg

しかも通常の3倍(シャア専用かよ…)の噴射力が発生するタイプに交換。
DSCN6297.jpg

背後の道具棚も常にキレイにされこれで快適な環境が作れます。

正直量の少なさは否めませんが、タッカー打ちをするわけでもなく、スプレー塗装をするわけでもないのでコレでなんとかやっていけるかと。

いよいよ不足感があったら補助タンクの購入も視野に入れます(-_-)…

水場周りも普段使わない砥石が幅を利かせてましたが、コレは撤去(当方は年に一度しか使わないので)。
DSCN6299.jpg

変わりに隅で行き場所もなくコソコソしていた塗料、接着関係の道具を工房内に転がっていたハンガーパイプを利用し整理。

自宅へ通じるドア前には踏み台を製作して設置(実は設置して快適さを実感したのはコレ)。

DSCN6301.jpg

種メンバーはご存知の“とある”天板を再利用。

かなり贅沢な踏み台でして多分前代未聞でしょう(-_-)…

作業台下には棚板を設けました。
DSCN6288.jpg

コレでクランプ関係の上に時々置いていた道具のために発生していたクランプ収納の煩わしさを解決。

コレを機に背後に配置していた道具を移動しました。空いた棚には離れたところにあった治具を置くことに(コレまた取りにいくのが煩わしかった(-_-)…)。

治具の整理も行いました。曲線を出すためにスーパー成型(と前社では言っていた)や曲げ木を取り入れようと一時期考えていましたがどうにも不自然な木目には違和感を持ちました。

なので当面この工法はやらないことに。

分解し、薪材料行きー

ちなみにこの治具は開業し始めた時に作った一号機。
DSCN6249.jpg

このブログのぷろふぃーる写真がその時に製作した部材です。

長い間お疲れ様でしたm(_ _;)m。

そしてコレが“幻”の椅子一号機だっ!
P5190025.jpg

これら一連の改善作業で一番発生したのは薪材料でしたね。

クリアケースにして5箱分。

当面薪生活には困らないようです(-_-;)…

そして工房を劇的に変化させたのは、





この場合の“音”とは騒音のことではなく(建てる時に防音対策を施しましたので音漏れはほぼありません(-_-)…)、


みゅーじっく


のことです。

ダストが多いこのような環境なので同業の方は皆さんお持ちの古いステレオとかラジカセを使われるのですが、あいにく当方はそれすら所持してません。

なので、思い切って購入しましたよ、“みにこんぽ”(-_-)…

DSCN6254.jpg

KENWOOD C-414-P

現在入手できるミニコンポでコスパはずば抜けております(モデル末期のためなんと値下げ率65ぱーせんと…)。

しかも色で金額が違うという現象があり不人気のピンクを選択。

却って本体が全部白というのはこのモデルだけなのがお気に入りとなります。

スピーカーのピンクという点は後ほどどうでも良くなることが分かります(-_-)…

主に“らじお”と“えむぴーすりーの再生”を目的としております。

なので重要なのはUSBの入り口。
DSCN6253.jpg

試しにUSBを差し込んでもみたらホラこの通り(コレでも最小のUSBを購入)。

DSCN6252.jpg

なのでっ、

四角を書いて、

DSCN6255.jpg

ボール盤で穴を空けて、

DSCN6256-1.jpg

糸ノコで切断し、

DSCN6257-1.jpg

ヤスリをかけて、

DSCN6258.jpg

こんなんしました。

DSCN6259.jpg

ありゃりゃ穴位置が違う_| ̄|○…

DSCN6261.jpg

再度ヤスリをかけ、なんとか治めましたよ(-Д-;)…

DSCN6266.jpg

当然コレだけではダスト対策にはなりませんので収納箱を製作。

DSCN6269.jpg

本体の天板には熱を逃がす穴を設け、ダスト対策にネットを貼り付けて対応。

DSCN6267.jpg

裏板には最小限の配線孔(ちゃんとコードの太さを実測しましたよ(-_-)…)を。

DSCN6268.jpg

グダグダな端材を再利用したので少しでも見栄えをよくするために白ペンキで仕上げました。

DSCN6271.jpg

本体前板はPET板を購入して切断。

DSCN6272.jpg

ちゃんと鉋がけもしましたよ(-_-)←こんな時しか鉋を使わない…

余った引き手を再利用し、裏から止めるネジはマグネットキャッチの受けも兼ねてます(色はガラスエッジにしたので“ソレ”っぽい感じを狙いました(-_-)…)。

DSCN6274.jpg

丁番で前板を取り付けてこんな感じ。

DSCN6275.jpg

続けてスピーカーの収納箱にはタッカーにてネットの取り付けを。

DSCN6276.jpg

スピーカーを入れてフタをします。

DSCN6277-1.jpg

落下防止のL字金具を取り付け、

DSCN6278.jpg

背後の道具棚の上にこの様に設置し、

DSCN6280.jpg

本体収納箱も取り付け、ようやく完了ー(結局“一日仕事”でしたよ(-_-;)…)

DSCN6281.jpg

スイッチを入れると、おぉ…ブルーの“いるみ”がキレイだ(-o"-;)/…

DSCN6283.jpg

前板もホラこの様に。

DSCN6286.jpg

これで快適なみゅーじっく環境が出来上がりました。

といった事を朝から晩まで15時間休憩ナシ、ご飯ナシ(一日一食生活のため)で三日かけてやりましたよ(-_-)。

開業から7年間、細々(ほそぼそじゃなくて“こまごま”ですよ(-_-)b!)とした問題を一気に解決させました。

これで新生活が始まります。

でもねっ、工房は当面使わないのっ、

申告作業があるから(-_"-;)…



●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日はここまで
スポンサーサイト

本日は自分は家具屋なのか(-o"-;)? - 2013.02.14 Thu

ということでっ、


こんな柱みたいなデカいものを組んでいると自分が家具屋なのか大工なのか分からなくなってきます(-_-;)…
DSCN6088.jpg

そして、

金属部品も“木”で代用といった製作をしていると自分が家具屋なのかモデリング屋なのか分からなくなってきます(-_-;)…
DSCN6112.jpg


●お知らせ●

東御での展示会、tamoさんが“えふびぃ”にてイベントを作成しました。よろしければご覧下さいm(_ _;)m

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」


「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m

本日はここまで

本日はここ最近の“こうぼうだより” - 2013.02.01 Fri

ということでっ、

“えふびぃ”ばかりでブログの更新を怠っております今日この頃…

ご無沙汰しておりますm(_ _;)m…

昨年の12月頃より急速に忙しくなり、

年が明けてからは更にひーとあっぷ。

休みなしの14時間労働が日常化しております(-_-)…

このような手間のかかる加工も本来なら自分の作風ではありませんが、
DSCN5910.jpg

複製作業ならではの事ですね。

仮組みちうのコレも自分ならこのまま直線をいかした“みにまむ”デザインとしますが、ここからが本番。
DSCN5914.jpg

“飾り”をガンガン入れていきます

今回の作業はホント多くの事で勉強させてもらっています。
DSCN5913.jpg

詳細につきましてはまた後日投稿致しますm(_ _;)m。

どうやらこの経験は3月に開催される「木工家の家具展」にも生かせそうです。

東御市文化会館 情報サイト


あっ、それと同業の田澤さん の紹介で“初”海外サイトでのしょっぴんぐなるものをしましたよ。

探していた引き手がどうしても国内では入手できず、田澤さんにすがりついての行動でした(-_-;)…

英語でのやり取りだったので“大丈夫か(-o"-;)?”と思いましたが、意外とすんなりと出来るものですね。

この経験も今後に生かせそうです。

しかし………


同封されていたカタログが、
DSCN5915.jpg

おもしろすぎるじゃないかー
DSCN5916.jpg

こんなのを読んで作業が停滞し、更に自分の首を絞めているわけですな(-_-;)…


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m



本日はここまで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。