topimage

2013-03

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は「木工家の家具展」、のワークショップ - 2013.03.25 Mon

ということでっ、「木工家の家具展」のワークショップに自分も参加しました(-_-)。
※当然料金も払いましたよ(-o-)b!

DSCN6626.jpg

差し出されたのは右より材料、小刀、南京鉋、クランプ

DSCN6634.jpg

どの道具を使ってどうするかは自分次第。

当方は南京でしゃこしゃこ…

DSCN6635.jpg

おぉ! ひっくり返せばへこみ対策で真鍮板埋め込み処理(-o"-;)!!

DSCN6636.jpg

こんなんクランプも紹介されました。このクランプだとテーパーのついた材もしっかりと“ほーるど”。

DSCN6637.jpg

しかも材に傷が付かない様にクッションフロアを貼り付けている心憎い演出(あっ、道具は全て芦田さんがご用意。さすがっ、と唸なりざるを得ません(-_-;)…)。

DSCN6638.jpg

さて、削り込みを終え、最後はペーパーにて仕上げを
※本来腕の良い方なら刃物の跡を生かした仕上げとしますが滅多に鉋を使わない当方はペーパーにて“逃げました”。

DSCN6639.jpg

ペーパーでの整型にもついつい熱が入りましたよ。

DSCN6640.jpg

最後はクルミ油+ミツロウで仕上げます(さすがっ、ブレンドした日付も記入されているとは…)。

DSCN6633.jpg

機械加工がメインの当方、久々に“手”を動かしましたよ。

DSCN6642.jpg

2,3日油がなじむまで寝かせておいてから使うのが良いとのこと。

少しずつ形になってゆき、形となり、そしていずれは食卓にあがる。

作ることが楽しく、そして生活で使われてゆく道具を作る。

意義のあるワークショップだと思いますよ。

次回、30日、31日にも午前10時~午後3時まで開催しますm(_ _;)m。


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト


ワークショップのご案内はこちらより

「木のワークショップ」

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m

※“えふびぃぺーじ”開設してます。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝



本日はここまで
スポンサーサイト

本日は「木工家の家具展」展示風景 - 2013.03.20 Wed

ということでっ、遅れましたが「木工家の家具展」展示風景となります。

会場での来場者からの声、もしくは上から目線で「お前何様だ」品評会(-o-)/ー

※すみません、関係者の皆様あとでシバいてくださいm(_ _;)m…

以下アイウエオ順

芦田さんの作品

DSCN6523.jpg

左手にある「うたたねベンチ」にて“うたたね”を体感できますっ!


荻原さんの作品

DSCN6513.jpg

新作のテーブルは「安定感があってとてもいい」との声をいただきました。


小山さんの作品

DSCN6525.jpg


子供椅子、ちびっ子に好評ですっ!飾り棚は「シンプルで美しい」との声をいただきました。

佐々木さんの作品

DSCN6522.jpg

左手奥の椅子には「極楽極楽…」の声が、左手手前の分解式の椅子には皆様の注目の的。


春原(スノハラ)さんの作品

DSCN6505.jpg

手のかけた作品に多くの方が声を唸らせています。


高橋さんの作品

DSCN6521.jpg

ハイスツールなのになぜかちびっ子が座りたがる(-_-)… 子供を見方につけるのは羨ましい…


田島さんの作品

DSCN6511.jpg

手前の桐で作られた椅子は見た目とは裏腹にかなりの軽さがあり、またかけ心地も良いです。


谷さんの作品

DSCN6516.jpg

相変わらずの隙のないデザイン!、と思っていたのですが最近何ともいえない大らかさも感じており、それが魅力の一つなんだな…と思っております(-_-)


丸山さんの作品

DSCN6515.jpg

自分同様の北欧スタイルなんですが、やはり雰囲気が違います。安定感がありますよね。


皆木さんの作品

DSCN6510.jpg

座面の“モコモコ”は無意識に触っちゃいます(-_-)… 背板がまたシャープでうまくまとめてます。


宮鍋さんの作品

DSCN6524.jpg

祖母のために製作した座椅子。本人の優しい人柄が作品に反映されています。奥のテレビボード、扉の意匠には“ワケ”がありますよ。その“ワケ”、詳細は会場にて(-_-)/。

保原さんの作品

DSCN6508.jpg

おーる“楓”という作品群には独特の迫力感があります。“函”があると開けたくなる…がっ、申し訳ありませんがお手を触れてはダメなので当番の者にお申し付けくださいm(_ _)m。

えっ、自分の評判は?

そりゃー、もー「何だこの椅子は…」とか「コレはないだろー」とか「木工屋としてどうなんだ、そもそも人間として…」とかそれ以前に普通に“スルー”

といった感じですよ(-_-;)…


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト


ワークショップのご案内はこちらより

「木のワークショップ」

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m

本日はここまで

本日は「木工家の家具展」開催中ー - 2013.03.19 Tue

ということでっ、

ただいま東御市文化会館にて
DSCN6434.jpg

「木工家の家具展」開催中でござりまするm(_ _;)m。

DSCN6451.jpg

13人、個性豊かな方々の作品が出品されてます。

初日開催の“ぎゃらりとーく”にはかなりの方々にご来場いただき、出品者の皆様の“木”への思いは語っていただきました。
(画像にて“とーく”が近づき来場者が増えてきている… といった感じが伝わると良いのですが…)

DSCN6458.jpg

出品者全員の画像をまだ抑えておりませんで会場風景は後日紹介いたしますが、自分の一角だけはしっかり押えておきました(-_-)…

DSCN6496.jpg

君の椅子コーナーも展開中です。

DSCN6494.jpg

※「君の椅子」小冊子を飛ぶようにお持ちいただいております(-o"-;)/…

DSCN6501.jpg


初日の流れでいきますと今週末の来場にも期待が持てそうです。

土日はワークショップを開催し、箸作りとバターナイフ作りを体験できますので皆様もぜひともお立ち寄り下さい。

以下、昨年の様子です(-o"-;)/!

DSCN0009_20130319052933.jpg

DSCN0015_20130319052935.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト


ワークショップのご案内はこちらより

「木のワークショップ」

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m

本日はここまで

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録 番外編 - 2013.03.17 Sun

ということでっ、

この一連の作業にまつわるゆるい画像(-o-)/……

さて、明日より上京しかつてない仕事を始めるのか…と思った瞬間
DSCN4422.jpg

何だ、この図面の多さは…と思った瞬間
DSCN4757.jpg


もう何日外出もせずヒゲもそらず、パジャマのまま作図作業をしているんだろう…と思った瞬間
DSCN4767.jpg

ぶーにゃん先生に図面確認をしていただいている瞬間
DSCN4844.jpg

「種」忘年会に出席、次の日よりまた上京して茨城向うんだよな…と思っていた瞬間
DSCN5030_20130312125839.jpg

茨城へ向うスーパーひたちで久々の駅弁を堪能した瞬間
DSCN5116_20130312125900.jpg

運び込まれた大量の材木にコレを僅か数ヶ月で消化してしまう作業をするのか…と唖然とした瞬間
DSCN5179_20130312125903.jpg

家族を駅まで見送り、さぁー後は3人で1週間以上この激戦を戦い抜くぞ…と固く決意した瞬間
DSCN5194.jpg

雪が降り始めましたか…でも当分引きこもるから関係ないか…と思った瞬間
DSCN5198.jpg

やはりおまえも“若い子”が好きか…と思った瞬間
DSCN5391.jpg

大晦日の朝、素敵なアートピースを発見した瞬間…
DSCN5554.jpg

こんなにクソ忙しい大晦日だってのにたな卸しをしなくちゃいけないのか?…と疑問を持った瞬間
DSCN5558.jpg

そんな状況なのに乗っかられてしまい、少し小休憩をした瞬間
DSCN5580.jpg

年越しは“緑のたぬき”という手抜き料理で年を越した瞬間
DSCN5665.jpg

シャッター前に大量の雪が積もり、明日は確かソファの搬出なんだけど…と悩んだ瞬間
DSCN5826.jpg

加工がすっごいメンドくさい…と思った瞬間
DSCN5910_20130312130007.jpg

「遊んでください」、「い・や・よ」と言われている瞬間
DSCN6045.jpg

作業で忙しいのになんでこんなことしているんだろう…と我ながら疑問に思った瞬間
DSCN6051_20130312130033.jpg

随分前から自分のカウンターに何か置かれているのだが良く見えないんだよな…と思った瞬間
DSCN6078.jpg

そう、自分でなんとかしなくちゃいけないんだ、と思った瞬間
DSCN6083.jpg

こんな偏った食生活をしているのに一向に太らない、むしろ痩せていく自分に疑問を持った瞬間
DSCN6171.jpg

またメンドウな加工だ…と思った瞬間
DSCN6199.jpg

おし、あともう一息だ、と思った瞬間
DSCN6222.jpg

金具付けはゲームセットの合図、の瞬間
DSCN6235.jpg

先輩方からいただいた寄せ書きが自分への励ましとなっていることに感謝した瞬間
DSCN6248.jpg

そして、長かった5ヶ月に終止符を打つ検査日がついにやって来た…と思った瞬間
DSCN6366.jpg

色々ありましたが、

助けてくださった皆様、応援下さった皆様、


ありがとう!


敢えてタメ口お許し下さいm(_ _;)m。



●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


※“えふびぃぺーじ”開設しました。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝



本日はここまで

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その11 - 2013.03.17 Sun

ということでっ、

ラスト9作目。
DSCN4621.jpg


ここまで来るとある意味名残惜しさも出てきました。

今回のお題は「四方コロビ」。

これまでテーブルで四方コロビを付けたことはありません。

いくら図面を引いてもここも今回は“現物合わせ”だろうな…

という気持ちで臨みましたか。

あらかじめ余裕を持った部材取りをしたので組作業で調整し組み上げました。
DSCN6239.jpg


旋盤作業も少しは慣れてきたのかそれほど苦戦することなく仕上げられました。

DSCN4635.jpg
現物

DSCN6243.jpg
複製

最終的に作業を終えたのは2月22日でしたか。

27日に検査していただき、

3月7日に搬出。

8日に搬入。

11日に私以外の関係者が記念館に集まり、仕上がりを確認し、結果、了承いただけました。

これでおよそ5ヶ月におよぶ作業に幕が降ろせたようです。

一連の作業で新たに獲得した技術は20個。

その中で最も学べたことは


人間本気になれば何でもできるんだな


ということ。

まっ、人が作ったものですから当然と言えば当然ですが、

あまりにも門外漢な世界でしたから正直初めは不安でしたが今となっては自信へとつながっております。

本当に良い経験となりました。

そしてその経験を東御での展示会でも生かせそうです。

多くの意味で今回このような仕事に携わらさせていただいたことに関係者への皆様にお礼申し上げます。

また、

金物の危機を救ってくれた田澤さん

大きい家具の保管場所として工房を貸してくれた宮鍋君

そして、

折れそうになった時、くじけそうになった時、

えふびぃにて励ましてくれた皆様、

えらく長いこの一連の記事を拝読いただきました皆様、

本当にありがとうございました。

本日新宿区立中村彝アトリエ記念館が10時より開館します。

もし差し支えなければお立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _;)m。


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


※“えふびぃぺーじ”開設しました。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝




本日はここまで、の“ふり”して夕方に続く…

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その10 - 2013.03.16 Sat

ということでっ、

8作目。
DSCN4492.jpg

今回のお題はとにかくデカい(-o"-;)…

部材の多さ、大きさでは郡を抜いていました。

また、実測したことで分かった各部材の寸法のバラバラさ。

自分が通常制作する場合、強度、ディテールのバランスの範疇で部材寸法の共通化に極力勤めるのですが、

複製するのだから寸法についてはそれに従わなくてはならない。

これまた接合部分の作りもてんでバラバラ。

なので、接合加工のセッティングはその都度変更しながら制作しました。

またその大きさ故に、自分は本当に家具屋なのか組み立て中疑問が湧きましたね(-_-;)…

ちなみに彩色を専門にされているプロ集団だけあってハンドルの古色処理にはビックリしましたよ
DSCN5223.jpg DSCN6131.jpg

左エージング前、右エージング処理後。

この工程で副次的に生まれたテクニックがありました。

それは、

シーズニング無用の制作作業。

シーズニングとは規定の寸法より少し大きめに材料を取り、少し寝かしておくこと。

それにより、あらかじめ材の反りを出させ、最終的により精度のある材料として加工していきます。

がっ、

今回はそんな悠長なことは言ってられません。

時間がない中、いかに精度の高い材料を用意するか(厚み20、巾30、長さ1500の“真っ直ぐな材”を反らさせずに用意←スライド部分なので“真っ直ぐ”は重要)。

見つけましたよ、やり方を。

人間必死になればひねり出せるのですね。

コレは結構な財産となりました。

DSCN6160.jpg

●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


※“えふびぃぺーじ”開設しました。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝




本日はここまで

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その9 - 2013.03.16 Sat

ということでっ、

7作目。
DSCN4639.jpg

今回のお題は「ペンキ塗りの使い込み感」。

間に入っていただいた復元作業を専門にやられている方曰く、

実はコレが一番心配していたとのこと。

プロが果たして素人のような荒々しい仕上がりができるのかと。

自分も単純にペンキを塗っただけではその質感は出ないと思いました。

がっ、頭の中ですでにどのような工程をしていくかはイメージしていました。

画像で確認できるか分かりません上半分と下半分で若干イメージが変わるのがお分かりになるでしょうか。
DSCN5956.jpg


3つの工程を経てこの家具を仕上げました。

まっ、構造的な部分では一番楽でしたけどね(-_-;)…
DSCN5958.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m

※“えふびぃぺーじ”開設しました。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝



本日は夕方に続きます。

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その8 - 2013.03.15 Fri

※“えふびぃぺーじ”開設しました。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝


ということでっ、

6作目。

DSCN4522.jpg

この頃には復元するのが楽しくて、朝から晩までひたすら作業してましたか。

今回のお題は幕板(天板真下の部材)の構造とそして、「モザイク天板」。

現物の画像を何度見てもどのような構造体なのかが分からなかった作品。

DSCN4527.jpg

バラしてしまえば一目瞭然でしょうがそんなことは当然できないので外からジッと眺めて推理するしかありません。

考えること半日。自分なりの見解を実行してみました。

まずは単なる一枚板で四方を組み、

DSCN5939.jpg

飾り加工をした幕板上部を天板に仮止め。
DSCN5942.jpg

この上部のパーツ、一枚板との接合部分、きつ過ぎず、ゆる過ぎずの加減がコツ。
DSCN5940.jpg

位置を確認後取り付け作業を。
DSCN5943.jpg

その後横部分の部材を取り付け、
DSCN5944.jpg

最後は幕板下部の取り付け。
DSCN5952.jpg

実際のものがどのように制作されたのか未だ自分には分かりませんが、

自分ならこう作る

という見解のもと、制作しました。

そして今回の複製作業の関係者(とは、区の職員の方々や間に入っていただいている施工業者等)の中で最も懸念されていたモザイク天板の再現。
DSCN4523.jpg

微妙な反り具合とその使い込み感。

これをどう再現するのか。

3ミリまで削りこんだ材の1/3ほどは水に漬けて浸透させた後、アイロンを当てることで急激な蒸発により反りを出させました。

それらをの材を一枚一枚張り込んでいきます。

そして本番はこれから。

段差、目違いに合わせ彩色を施していきます。
DSCN5918.jpg

使い込まれると恐らくここの部分が黒くなってゆくだろう…

イメージを膨らませながら作業を進めていきます。

フチ板の浮きも…
DSCN4525.jpg
現物
DSCN5962.jpg
複製

結果大分忠実に再現できたかと。
DSCN4538.jpg
現物

DSCN5961.jpg
複製

DSCN5966.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日はここまで

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その7 - 2013.03.15 Fri

※“えふびぃぺーじ”開設しました。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝



ということでっ、

5作目。
DSCN4611.jpg

今回のお題は天板の反りと金物。

現物の長期に渡る経年変化で出てきた天板の反り。

これを再現するためわざわざ削り込みました。

DSCN6055.jpg


また、側板がえらく薄かったのでここは例のテクで処理(知っている人は“知っている”)。

一番苦戦したのは金物。

DSCN5145.jpg


掘り込みまでの再現は要求されなかったものの形状は近づけて欲しいとの要望。

探しました、ネットでありとあらゆるサイトを。

知り合いの金属加工を専門としている友人にも相談しましたがこのようなプレス加工をする引き手の制作はかなり難しいとのこと。

最終的に田澤さんに相談したところ、とある海外木工webショップを紹介してもらいました。

そして近いものがありましたよ(-_-;)…
02w3685-av1.jpg


初の海外での買い物。
DSCN5886.jpg


ドルのレートやら英文でのメールのやりとり。

全てが“初”でしたが、これまた良い経験となりました。

カタログも送付してもらいましたので今後ともお世話になりそうです。

DSCN6057.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日は夕方に続きます。

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その6 - 2013.03.14 Thu

ということでっ、

4作目。

DSCN4543.jpg

今回のお題は彫り物。そして、「調色」。
DSCN4564.jpg

彫りを専門としてない当方。

満足な道具もありません。

頼りとなったのは子供が版画彫りで使用していた「トンボ印の彫刻刀」。
DSCN5881.jpg

図面も引けないので撮影した画像を参考に一日かけて掘り込みました。

DSCN5936.jpg



あっ、座面のフレームに出ていたメチも、
DSCN4554.jpg

当然“再現”しましたよ。
DSCN5935.jpg

この作品についてちょっとイレギュラーなのは、

既成家具との合体制作。

実測前より画像を元に目を付けていたアンティーク家具。

実測から帰ったその日に早速購入手配。
DSCN4751.jpg

背と座以外、制作したところがほぼ同じではないかと思えるぐらい似ているこの椅子を改造することでこの作品を仕上げることにしました。

なので組み合わせた時に色の違和感があってはいけません。

何度かの調色(当然コレも“初”作業)作業を経てのヌリ。

何とか上手くまとめられましたか。
DSCN5934.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日はここまで

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その5 - 2013.03.14 Thu

ということでっ、

3作目。
DSCN4582.jpg

実はコレが、最も作品中難易度の高いモノとなりました。

なぜなら、

この作品、

図面が引けません

簡単に言いますと後脚が全てにおいて斜めに接合。
DSCN4594.jpg

基準線の設定がほぼ不可能。

言い訳がましいかもしれませんが、

図面を起点とした場合の四方コロビはたやすくできても

モノから数字を拾っての作図はかなり困難を極めました。

そして詰めても詰めても詰め切れない箇所についての最終手段は、

現物合わせ。

結果、部材を上げてからの組みながらの接合加工。

最後は上手く形にすることが出来ましたが、ほぼい綱渡り状態での制作でした。
(がっ、結果コレが自信へとつながりましたが…)

最終的なペーパーコード張りは生涯において未だ三度目のもの。

最初のコード張りは一日半かかりましたっけ…

今回は、

4時間。

なんだ、数を重ねれば自然と早くなるんだ。

そんな事も学びました。
DSCN5926.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日は夕方に続きます。

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その4 - 2013.03.13 Wed

ということでっ、

一作目を終え、結果、少しは自信がつき始めた年末。

年明け早々には張り込みを依頼しないと期日には厳しくなるソファに着手。
DSCN4463.jpg

年末年始は休み返上となり、家族を先に帰省させ、自分は一人“自宅合宿”となりました。

今回のお題は旋盤作業。

以前小物用に購入した旋盤では今回の仕事は制作出来なかったので加工ストロークを長くするため、パイプを購入し改造。

ルーターの応用加工を掲載している洋書を参考に倣い加工の治具を制作しました。

確かにキレイに倣い加工が出来きます、

がっ、

コレが加工スピードがひどく遅く、


かつ恐ろしいぐらいに加工作業がコワい。

のでっ、制作方針を変更。

出力した図面を元にフリーハンドで加工。

コチラの方が遥かに加工スピードが早かったです。

とはいえ自分にはかなり複雑な面形状に最初は正直苦戦しました。

何としても年内にソファの旋盤作業にケリをつけたかったので気がつけば終わったのは12月31日の20:00過ぎ。
DSCN5650.jpg


元旦は双方の両親への挨拶がありますので日帰りで上京。

2日より操業でした。
DSCN5682.jpg

年明けより構造体の着手。そして休み明け早々に椅子張り会社への搬入、
DSCN5806.jpg

期日には間に合わせました。

DSCN6117.jpg


※張り地については現在入手できる範疇で最善のものをチョイスして制作しました。

●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日はここまで

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その3 - 2013.03.13 Wed

ということでっ、

全ての作品に全て“課題”が設けられました。
DSCN4569.jpg

こちらの椅子。

一見ただ板を貼り付ければいいのではないか。

とお思いかもしれません。

自分も最初はそう思いました。

がっ、コレ、座面の曲線に合わせて板のフチの角度を全て調整しなくてはいけませんでした。
DSCN4575.jpg

図面で作図しながら良い落とし所となる共通の角度を設定し加工。

結果のこの形となりました。
DSCN5921.jpg

また、板の欠けやエッジの色の落ち具合、ホコリのかぶり感。
DSCN5922.jpg

一連の作業で最初の制作だったので模索しながらの処理でした。
DSCN5925.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日は夕方に続きます。

本日は記事中の誤解があってはマズイので… - 2013.03.12 Tue

【お詫び】
m(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)m

すみません。

文中誤解を招く可能性のあった表現についてお詫びします。

今回のお話は新宿区から直接依頼があったわけでなく、

大学の後輩が運営されているエージングや復元作業を専門にされている方からの依頼です。

たまたま自分の同級生に相談しにいったところ私の存在を知り、そこから始まった話でございます。

こんなトホホ木工屋を新宿区の方がご存知のわけありませんのでそこは重々誤解されませんよう、お願い申し上げます。

m(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)mm(_ _;)m

本日はここまで、ホントです。

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その2 - 2013.03.12 Tue

ということでっ、

11月29日。

この日は茨城県立近代美術館へ。
DSCN4657.jpg

茨城県水戸市出身である中村彝のアトリエが敷地内に復元され、実際に使用された家具が所蔵されており、実測のため区職員の方々や今回この話をご紹介いただいた方々と共に訪れました。

DSCN4649.jpg


さて、今回複製する家具は以下9点。

1.木製椅子
DSCN4569.jpg

2.大型イーゼル
DSCN4492.jpg

3.紐あみ椅子
DSCN4582.jpg

4.三本脚卓
DSCN4639.jpg

5.ゴブラン織長椅子
DSCN4463.jpg

6.革張り黒塗り椅子
DSCN4543.jpg

7.アトリエ用タンス
DSCN4611.jpg

8.モザイク張卓
DSCN4522.jpg

9.黒テーブル
DSCN4621.jpg


これらを傷が付かぬよう慎重に実測をしながら感じたことは、

資料で見た時よりコレは遥かに大変な作業だ、

と。

形状、構造が軒並み自分が思っていた以上に複雑でした。

内心


いやぁー、コレは参ったー


と思いながらも、

職員の方に


大丈夫ですか?上手く復元できますかね…


と聞かれた時には涼しい顔をして


ハイ、大丈夫です


と答えましたっけ…

もう後は引けない状況となりました。

と、いうよりそこまで追い込むしかないと思いました。

また、この場で「いやぁ~コレはかなり難しいですね…」などと口にしたらその場にいる全員が“石化”していたでしょう(-_-;)…

場の流れでそう言うしかないな……と思った次第で……


その時思い出していたのは

旭川にいた時、目にした地元新聞の記事。

特集されていた家具工房の方の信条として


仕事は安請け合いしない。

安易な対応は却ってお客様にご迷惑をおかけする


地道に仕事を続けていくには一つの選択肢かもしれません。

このケースで言えばその場でお断りするのも選べました。


しかしながらコレと相反して思い出したのは何かの雑誌に掲載されていた朝日相扶製作所(100パーセントOEMの“黒子”家具メーカー)の特集記事。

その記事中取材を受けた方がおっしゃっていたのは


来た話は全て断らない

その都度発生する“課題”を常に乗り越え、それを自社の技術力とし、強みとする。


この会社はそうやって業界屈指の家具メーカーとなりました。

信州の片隅でトボトボとやっている小さな家具工房がそんな大企業と一緒にされたらご迷惑でしょうが、

※正しくは「このような大企業がトボトボとやっている小さな家具工房と一緒にされては」でしたね。

失礼致しましたm(_ _;)m


その心意気、

自分にも貸して下さい。


後は手を動かし、図面を引き、家具を復元することだけを考えるようにしました。


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日はここまで

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その1 - 2013.03.12 Tue

ということでっ、

中村 彝(ナカムラ ツネ)

日本近代洋画界に彗星のごとく現れ、惜しまれつつ世を去った。

明治末期から大正時代にかけて活躍した洋画家・中村彝。彼は新宿中村屋の支援を受け、後に新宿下落合(現在下落合3-5-7)にアトリエを備えて数々の作品を生み出した、新宿にゆかりのある画家です。

下落合に残る彼のアトリエが建築当初の姿に復元整備され、3月17日、新宿区立中村彝アトリエ記念館として開館します。

17歳で肺を患い、37歳という若さで亡くなるまで、彼の制作活動は病との闘いでした。

しかしながら彼の芸術にかけた情熱や残した作品は、近代以降の日本洋画界に大きな影響を与えています。

以上「新宿ニュース2月20日号」より抜粋。

DSCN6410.jpg



生まれ育った新宿区、それも目と鼻の先の下落合3丁目に3月17日、新宿区立中村彝アトリエ記念館が開館します。

その記念館に置かれる複製家具の製作依頼。

内容は古めかしい彩色作業をする前までの家具製作。

2012年10月の末、この話が最初舞い込んだ時、あまりの作風の違い、正直ためらいました。

しかしながら、

作風が大きく違うからこそ自分にとって大きな経験となるだろう

そして、

お世話になった新宿区への恩返しも兼ねて引き受けましょう。

そんな思いでこの話が始まりました。

●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日は夕方に続きます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。