topimage

2015-05

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はお気に入りの海外ドラマ - 2015.05.31 Sun

ということでっ、「クドクド書くっ」と宣言したからには今後「クドクド書くっ」わけですが、「クドクド書くっ」からには「クドクド書くっ」のに時間がかかるわけですし、「クドクド書くっ」にはもちべぇしょんなるものが必要なので更新が散漫になることはご了承下さいm(_ _;)m。

まぁ、しかしえふびぃに比べると相手を意識せず(といいつつも必要最低限のまなぁは意識します、ハイ)つぶやけるのは気が楽ですね。

ここ数年自分の嗜好というかついつい外せない方向性なるものに気がついた、というのでしょうかね。

キーワードは「ハチマル」。

まっ、要は80年代のグッズ、メディア、文化なるものに思いを馳せちゃうわけです。

時はバブル時代、日本がもっとも活気付いていた時代でいい意味でも悪い意味でも「イケイケ」な時代でした。

自分がなぜそこに惹かれてしまった魅力やそこを網羅した記事を書き出すと本当に膨大な量になり、打ち込み時間マジで数日に及ぶこと必至ですので少しずつ小出しに不定期に気が向いたら配信したいと思います、ハイ。

でっ、今回は海外ドラマシリーズでのお気に入りについて。

お気に入りを上げろと言われれば自分は「トラック野郎B・J」でもなければ「ナイトライダー」でもなければ「ファミリータイズ」でもなければ「特攻野郎Aチーム」でもなければ「エアーウルフ」でもなければ「冒険野郎マクガイバー」でもなく、


「アメリカンヒーロー」の一択(-o-)b!


でしょうか。

「僕、高校教師のラルフ・ヒンクリーです…」と富山敬さんの美声で始まる出だし、「UFO時代のときめき飛行 アメリカン・ヒーロー!果たしてどうゆうことになりますか…」というトホホ感バリバリな流れがいい感じですな。

「地球を救え」と宇宙人から赤いスーパースーツを託されたにも関わらず取扱説明書を紛失し毎度四苦八苦を繰りかえします。しかし笑いを交えながら努力を怠らず任務を遂行していくその姿に魅力を持ってしまうのです。

また、オープニングの歌もいいんですよね。

多くのドラマがやや勇ましさを表現していたのですがこちらはバラード調の柔らかい曲調でユーモア感と夢を持たせてくれる雰囲気に大げさに言うと何か希望を感じるわけです。

位置づけ的に第一話と言えるパイロット版のタイトルは、


『全米熱狂〝アメリカン・ヒーロー〟痛快初登場 ワンダーフライト 飛べ!スーパーマンを超えて…』


何とも夢を感じさせるタイトルじゃないですか。

日本の上り調子な景気にもベストマッチな雰囲気がますます拍車をかけたような気がします、ハイ。

そんなトホホ感たっぷりでありながら希望をもってしまう主人公の姿を久々に見たいな…とamazonで検索したら、パイロット版一枚で「19589円(送料別途)」。

P5316943.jpg

さすがにDVD一枚に19589円(送料別途)はかけれんよ(-_-;)…


プレミアム価格っちゅーヤツですかね。

ここは断念し、youtubeでop見ながら当時に思い馳せる、という空しい日々を送る木工屋が信州におりましたとさっ、



本日はここまで

スポンサーサイト

本日はえすえぬえすとの付き合い方について - 2015.05.29 Fri

ということでっ、心境の変化といいますか、まぁー、そのっ、えすえぬえすとの付き合い方を少し変えようかと思いました。

なのでっ、長いですよ、今回の記事は(なぜゆえに「なのでっ、」かは不明…)

きっかけは昨日伺ったtamoさん宅でのtamoさんよりのご指摘でして…

「ブログの方がオデさんらしい」

と、いうような内容のお言葉と自分は受け止めました。

facebookなるものを始めて2年と8ヶ月。

多くの方が利用されている故にそこで広まるつながりの多さやいいね”ボタンをポチる手軽さは魅力的です。

しかし…

当然えすえぬえすの媒体に合わせ文言、文体、配信内容は使い分けをしています。

しかしながら一極集中の投稿にしないとそれはかなり大変な作業でございます。

それ故に今のところ一番反応のあるfacebookに集中させていたのですが、やはり無理がありますね。

なにが無理って、


俺はもっと詳細にクドクド書きたいんだっ!、


が出来ない(というより出来ない空気感がある)こと。

自分は「三行投稿」(行間を空けるので正確には五行投稿)を信条(そういえばサークルの自己紹介本で「信条」という項目に「175です!←それは身長!!」と書いていた先輩がいたな(- -)…)としてます。

PCだとそれ以上になると“続きを見る”マークにまとめられ以下の内容を見ない方もいらっしゃるので一目でわかるようにしています。

また自分の感じた喜びや楽しみ、時には憤りなど瞬間的な感情を投稿する傾向にあるような気がするのですが自分はどちらかというと、

画像や出来事に基づいて気持ちの交通整理をしてから


クドクド書く(-o-)/…


方がいいのですよね。

このクドさを満喫できないことに何がしかの不満があったのでしょうかね。

tamoさんのお言葉でその呪縛から開放されたというところでしょうか。

といった次第でそんな大袈裟に言うほどのこともないのですが今後当ブログは日頃思っていることや自分なりの哲学(←なんぞある訳もナシ)をクドクド書く場所としました。

でっ、せっかくなので(何がせっかくかというと先日よりブログを更新してもfacebookへのリンク切れが起きているという現実)

Facebookを2年8カ月やって感じたこと

まっ、これはよく言われていることですが、


リア充の自慢板だな(- -)…


と、いいつつ自分も自慢をしていたりするのですがそれは別段自分には嫌味に感じません、ハイ。

むしろ充実した生活をしていて安心する位です。

別に偽善でもなければひどく安心するほどのものでもなく、まっ、ふ~ん…(←印象悪いぞ)程度の出来事としてとらえるわけですな。

それと、時々「いいね」ボタンを押せない記事を投稿する方がいますよね。

具体的にいうとシャレにならない話や事実が同じとしてもまとめ方に問題がある場合ですか。

例えば

大切なワンちゃんが亡くなりました→これまでの思い出を大切にしていきます→我が家に来てくれてありがとう→コレは「いいね」ボタンがポチれる

大切なワンちゃんが亡くなりました→毎日が悲しくてしょうがないです→…… ポ、ポチれない

親密なつながりなので比較的に顔を合わせる機会もあり、


オイオイ今度顔を合わせるのに何て声をかければいいんだよ(- -;)…


と思っちゃいますよ。

まっ、個人の自由ではありますがネツト上に非匿名で投稿するのであれば記事を見た人がどのように感じるかは少しは気を廻して良いのでは。

逆にtwitterでグチるのは何となく分かります(時々「えっ…」と引く投稿もありますが…)。

あと、お子様の写真を投稿する方。


危機意識なさ過ぎだろ(- -;)…


いくら透明性が高いシステムだからといって無防備な気がしますよ。

小さい内はいいですがある程度の年齢になったら控えた方がいいかと思います、ハイ。

あっ、当然自分は家族の情報は極力封印し、画像などは一度も投稿していません。

といった次第で(どういう次第なんだ)、

日常のふとしたことやサラッとした文体はFacebookにて、

でぃーぷな話題やクドい文面はブログにて、

配信しようかと思いましたっ、

それとtwitter、 ありゃー放置だな。

クドく書けねぇし、反応少ねぇし、何が楽しいだろっ、

人それぞれですよ、えすえぬえすも…

本日はここまで

本日は2015年4月のだいじぇすと - 2015.05.11 Mon

ということでっ、2015年4月のだいじぇすとですが、5月分初旬も含めますm(_ _;)m

4月1日、今日一日どんなつぶやきも疑っておこう、と思った瞬間…

P4015985.jpg

寒さが戻ってきたが最近工房内に設営した総工費一万円(プラ段、ツーバイ材、ヒーター他)のわぁくすてぇしょんにてぬくぬく気分で加工図の制作を行い、これを高いとするか安いとするかは人それぞれだろうが、自分は満足だった瞬間

P4086072-1.jpg

ちょっとしたメンテナンスでこちらに里帰りしたスツールはいい具合に焼け、縮杢が引き立ち、極力縮杢で統一したそのスツールは納品してから1年と9ヶ月を経て、自分が想像していた以上に存在感のあるものになっていた瞬間

P4106110.jpg

の、再納品の途中でチャイティあっとシュガースポットコーヒーにて おいしゅうございました、の瞬間

P4106116.jpg

でっ、メンテナンス中にお貸ししていた小マック(とは前社のモデル「マック」を米国の幼稚園に納めるために特注にて制作したもの/国内では2脚のみ現存)が返却されたがにゃーずどもに好評だった瞬間

P4106122.jpg

手法は様々であれ、白と黒だけの世界には張詰めた空気感が漂い、美術館の持つ雰囲気が相乗効果を生み出し独特な世界に… 来て良かった展示会、というより来て良かった美術館になっていた瞬間、あっと小海町高原美術館

P4126127-1.jpg

薪にしようと、丸ノコで切って、床に転がって、拾い上げて、手が止まって、サンダーかけて、磨いて、オイルを塗って、乾かして、頼まれたわけでも、売りたいわけでも、金になるわけでもないのに、何やってんだろっ、の瞬間

P4146129.jpg

悪代官「越後屋、お主も悪よのっ」 越後屋「いえいえ、お代官様にはかないませぬ…」 という図にしか見えないらしい瞬間…(家族談)

P4176230.jpg

【悲報】子供の昼ヌキが確定したらしい瞬間…

P4226251.jpg

春めいた休日、昼過ぎまで組み立て作業で一汗かき、

P4266291.jpg

蒸し鍋の準備を終え、後は飲むだけだな(-ω-)と思った瞬間…

P4266299.jpg

またこの季節となったか、の瞬間(- -)…

P4286315.jpg

P4286317.jpg

背板から肘へと続くフォルムを意識しつつ… 早朝撮影、上手くいきました、の瞬間

P5036390.jpg

ごぉるでんうぃ~く最終日(なのか?)、久々に高所から降ろし、久々にほこりを払い、久々に空気を入れ、久々に油を差し、久々にこいできて、空気を抜き、高所に戻した瞬間

P5066443.jpg

P5066466.jpg

納品の道すがら尖石縄文考古館に立ち寄り、縄文土器にも関わらずエッジの利いた作品にまた新たな刺激を得た瞬間(撮影おぉけぇです)

P5096610.jpg

P5096615.jpg

先日撮影した椅子(たち)は、素晴らしいロケーションを展望できるアトリエへと納品され、ホント、素敵(すぎる)な空間だった瞬間。あっと林建築設計室蓼科アトリエ。

P5096626.jpg

P5096629.jpg


また来月(-o"-;)/!

※「工房風緑木」Facebookページ開設してます。

工房風緑木 | Facebookページ


本日はここまで

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。