topimage

2015-06

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は本来であればだいじぇすとですがこれまた洋画のお話 - 2015.06.02 Tue

ということでっ、本来であれば先月分の出来事(まぁーほぼえふびぃ記事のまとめのようなものです)を掲載するのが月初のお約束ですが、


まっ、それだとクドクド書けぇねぇーし、大したことしてねぇしなっ(- -)…


といった次第で割愛します。

しかし、これまでは重複事項という流れだったので比較的楽に更新できたのですが、そうなると二足のわらじを履くことになるのですが、今のところはもちべぇしょんがあるので何とか更新を努力しますが場合によっちゃ、


放置プレイ状態(いかがわしい事を想像しないように(-o"-)b!)


となる可能性もありますことをご了承下さいm(_ _;)m

さて、昨日取り上げました「アメリカンヒーロー」。

主人公扮するはウィリアム・カット。

代表作はやはりこの「アメリカンヒーロー」となるわけですが、映画では「ビッグウェンズディ」にも出演されていましたよね。

その他にもドラマや映画に多数出演されていますが、


他は知らんな(- -)…



あっ、ちなみに「ビッグウェンズディ」で主役をされましたジャン・マイケル・ビンセントは後に「エアーウルフ」でも主人公をされましたよね。

同じ日テレ局で同じ時間帯(しばらくの間、後に水曜に移動)で放映されていたのも何だか妙なもんかと。

当時のジャン・マイケル・ビンセントのギャラは破格だったようで(1本(とは1話分)20万ドル(-o"-;)!)…

ですが、後に酒に溺れ、薬もやり、交通事故を起こし、脚も切断し、何だか終末感がハンパない方ですね…

閑話休題m(_ _)m


でっ、それはともかく今回触れたいのは「アメリカンヒーロー」で生徒役をされていたマイケル・パレ。

まっ、正直それほど印象は深くなかったのですが、この方が主役をはった、「ストリートオブファイヤー」。

※以下ネタバレとなりますので視聴されたい方はここまでで読むのをやめた方がいいです、ハイm(_ _;)m

これは、これは!

かなりお気に入りの一本でした。

ネツト検索をするとカルト的な人気を誇っているとか。


そぉだろぉ!、そぉだろぉ!!


何がいいってそりゃー主人公のカッチョよさでしょう。

ヒロインのダイアン・レインなんかとりあえずどぉーでもいいです。

というかヒロインなんぞだれがやったって変わらんし、主人公がカッコよければのぉぷろぶれむ、な映画です。

主人公登場のシーンでは姉にからむワルどもをカッチョ良く撃退(平手打ちあんど敵が取り出したバタフライナイフをヒョイと奪って見事なナイフワーク(というのか?)を披露)。

一気に話しは飛びますが、奪われたヒロインを無事取り戻し、敵のボス(は後に「プラトーン」でエライアス軍曹を熱演したウィレアム・デフォー)とのタイマン勝負も無事勝利。

死人が一人も出ない珍しいアクション映画としても有名だとか(変なところで有名だ…)。

歌手であるヒロインがラスト近くに歌う「Tonight Is What It Means to Be Young」はテンションが上がりっぱなし(あっ、杉浦幸主演の「ヤヌスの鏡」の主題歌です。ただし流れたのは日本語版に訳したものを椎名恵が歌っていましたか)。

ちなみに実際に歌っているのはダイアン・レインではないです。

なんでもダイアン・レインが「私に歌わせてくれ」と監督に直談判したら「ふざけんなっ!」と一蹴されたとか。


あぶねぇ、あぶねぇ、せっかくの傑作が台無しになるところだった(-o"-;)…


はい、ダイアンさん、あなたは監督の言われた演技のお仕事に専念してればいいのよ。

ライブハウスで歌姫が熱唱する中一人立ち去る主人公。

そして一番の見せ場は劇場を出たところでヒロイン救出のために雇った相棒(女性)が真っ赤なオープンカーで登場したあとの会話。


相棒「いい車だろう。道に捨ててあったのさ。俺が頂きだ。」(似たようなセリフで最初主人公がこの車で登場している)

主人公「独りか」

相棒「(ちょっと考えて)乗せてやろうか」

主人公「(ドアを開けシートに座りながら)口説くかな」

相棒「(主人公の肩を叩きながら)よしな、俺の好みじゃねいね」

後方からのカメラ取り、エンジンを唸らせて男女を乗せた車が走りさり、下からエンドロールが流れ出す…


くぅーカツチョ良すぎる(-o"-;)!!!


洋画で一番テンションが上がる作品ですね。

何でも昔の西部劇を世襲したロック映画だとか。

確かに。

男は愛する情勢を助けると黙って町から去ってゆく…

一度はやってみたいものですな(今やると「なに、家庭を放置しようとしてんだよっ、」と怒られそうですが…)。

しかし、マイケル・パレ他にも映画に多数出演されているようですが、



他は知らんな(- -)…




※コチラは吹替え版なのでちと二人のかけあいが違いますm(_ _)m。



本日はここまで

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。