topimage

2017-09

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はバブルとハートカクテル - 2011.05.27 Fri

ということでっ、

わたせせいぞうさんの「ハートカクテル」です。

DSCN0016_20110527100007.jpg

まったくご存知でない1990年生まれ以降やご年配の方にはなんじゃそりゃ(-o-;)?

多少ご存知であるまさに私と同年代の40代の方には


あぁー、アレね…


とアレの意味の解釈がビミョーなこの作品。

連載されていたころはまさに時華やかなバブルの時代。

正直当方はあの時代を懐かし思う、もっともお気に入りの時代でもあります。
あの頃はジュリアナなんぞに入り浸って団扇をあおるワンレンボディコンのおねぇちゃんが闊歩し、スェード調のベストをはおり4WDを乗り回す渋谷四駆族なるものがはやった時期でした。
もっとも当方なんぞはいたって地味に暮らしておりましたが(-_-;)…
あの時代は消費を美学とし、物もどちらかというと使い捨ての風潮があったかもしれません。
でも、モノが光っていた時代でもあったと思っています。
今の時代出回っているモノというのはやたらと消費電力やら再生利用やら節約、倹約なるものを美学としている気がします。
でもあおの時代をしっている当方としては寂しすぎる気がするのですな。
買っている自分も価格ドットコムなんぞで一円でも安く買おう、なんちゅー勢いもあってそりゃー一円でも安い方がいいかもしれませんが何かせせこましくも感じるのです。
そんな背景がモノにも反映されモノにも余裕を感じない。
タラタラと今の時代に「モノ思うこと」っちゅー今回のお話とはまったく違うことに路線がずれてしまいまいた。

閑話休題m(_ _)m。

とにかくそんないい意味でも悪い意味でも心に余裕があった時代の作品。

そんな時代であってもこの作品に対しては賛否両論がありました。

全編カラーの非日常的な世界で男女の恋愛ストーリーが4ページという短いかたちで表現される。

そのあまりにも現実感のない作品に最初は当方も


けっ、何を気取っていやがるんだ、

どうにも鼻持ちならない。


などと思っていた時もありました。

しかし、モーニング誌上で読み進めていくうちに段々とその魅力に惹かれていったわけですな。

気取りすぎたセリフなのかおしゃれな会話なのか。

それは受け手がどう捕らえるかというところでしょう。

かつ、作者も後半になるほど話がうまくなっていきました。

当方が所持しているのは最初の3冊と最後の3冊。

これを見比べても随分と内容が違います(絵も格段に上手くなっています)。

わたせせいぞうさんというと大抵の場合は

あっ、あのキレイな絵を描く人?

とか、もしくは

あー、あの気取った絵を描く人?

というのが大半の声かもしれませんが、

実はこの方はショートストーリーが絶妙に上手い方なんですな。

コレを連載後、作者は「菜」という鎌倉を舞台にした仲むつまじい夫婦のショートストーリーを連載し、むしろそちらの方が後に代表作になるのですが、やはり当方はこちらのほうが好きなのです。

常に恋愛の終わりか、始まりしか描かない。つまり淡い期待感か焦燥感しかこの作者は描きません。

ただ、

何かを始まり予感させる期待感のある終わり方でも、

寂しく静かな物悲しい終わり方でも、

読み終わった後には不思議と爽快感があるのです。

家族がいて、もう40も過ぎれば、そんな世界なんぞにはまったくもってして興味を持ちませんが、

そんな時代(ハイ、この場合の“時代”というのは当然「恋に破れた時代」のことを指します、ハイ)もあっなぁーとか、

そんな時代背景すら懐かしく思う当方には年齢的にちょーどいいのです。

この漫画の連載が終了したのは1990年。

これから後、バブルもはじけ、この国の人はなんだか元気がなくなったのですな、いい意味でも悪い意味でも。

そんな彼のこの作品も今では古本屋で数百円です。

それだけもう作品としては埋没しかけているのでしょう…



埋め込みコードがなかったので飛んでいただけると幸いですm(_ _;)m

vol.95 サリーの指定席

一番好きだった話はvol.213 ガラスのキリンですか。あの話には何度救われたことか…



本日はここまで


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/1020-597fd7a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は歯医者さんに思ふこと «  | BLOG TOP |  » 本日は工房の火が灯っておりません…

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。