topimage

2017-07

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は曲げ木にトライ、ですな その5 - 2011.08.24 Wed

ということでっ、材の準備を始めましょうか。

今回使用するのはブナ材。

ブナ材は暴れやすい(つまり反りやすい)材ですが、曲げに非常に適しております。

まっ、当方はほんのりピンクがかった色合いが気に入っておりますが…


でっ、これまた忘れてましたが、今回行う曲げは薄くした材を重ねて行う手法。

時々見かけるのは太い角材を長い時間かけて蒸らし、それを一気にウォリャーとやっちゃう手法。

そりゃー、そっちの方が豪快ですよね。

こっちはセコセコと薄い板を用意し、ちまちまと積み重ねて曲げていく手法。

なんとも豪快さがないやり方でございます(-_-;)…

ですが、今回は子供用の椅子ということで、笠木のRがかなりきつく145R(直径290の円周)。

この材、このR、この環境、この蒸し器で、この時間蒸らせば…

経験値が高ければ、そこは判断がつくかもしれませんが、いかんせ経験値が極めて低いため石橋を叩きながら渡りたいと思います、ハイ。

でっ、以前紹介した曲げ木の教本によると材の厚みは6ミリが適切だと。

バンドソーで材を7~8ミリ位でカット。
DSCN0071_20110820180542.jpg

おっとその前に安定した材を切り出したいので手押し鉋で材を平滑にしておきます。

広い面は平滑にはしません。

だってどうせ圧着の段階で意味がなくなりますから。

バンドソーで切り出したら、また手押し鉋に通します。

これをやっておけば、切り出した後に平滑にする極めて危険な作業から開放されます。

切り出したら、切り出した順に番号を付けます(そうすることで積層にした際に出る材の違和感をより解消4できます)。
DSCN0073_20110820180548.jpg

でっ、自動鉋に通して材を6ミリにいたします。
DSCN0074_20110820180553.jpg

ウチのマキタ君は材が薄くなると材の前後にスナイプ(段をつけてより深く削っちゃた跡)が60ミリほど発生するので狙っている材の長さプラス150ミリくらいは余裕を持っています(必要としている長さは350ミリなのでプラス150ミリで500ミリです)。

材のセッティングを行い、
DSCN0075_20110820180558.jpg

出し入れ棒に材の手前部分にタオルを釘で固定。
DSCN0077_20110820180602.jpg

なぜこんなことをするのかっちゅーとっ、これがフタとなるのです。
DSCN0078_20110820180607.jpg

プラの本格的なヤツでフタをしちゃうと蒸気の逃げ場がなくなり、危険な状態に。

穴を空けたとしても噴出す蒸気がちとコワイ(-_-;)…

タオルであれば適度な蒸気で蒸され、無理のない環境となります、ハイ。

塩ビ管はクランプで固定し…
DSCN0079_20110820180612.jpg

と最初はやりましたが、この塩ビ管、蒸されていくと自然と膨張し、クランプが自動解除されます。

そん時は片方だけだったので良かったのですが、両方とも解除し、たとえばその勢いで塩ビ管が転がり始め、つながっているやかんが引っ張られて転倒し、自分に熱湯が引っかかり大やけどを負う…

あたしのキャラでこのままだとそんな事態は必中でしょう。

なので、正解はコレ。
DSCN0093_20110820180643.jpg

そっ、作業台を離します。

ここでちょっと工夫を。

この画像では分かりづらいですが、奥にいくほど狭くしております。

なぜそのようなことをするかといいますと、初回で気づいたのですが、この塩ビ管、蒸気で蒸らされている空間は暖かい(というか熱い)のですが、入り口近辺は冷えております。

つまり、漏れた蒸気が入り口近辺で冷やされ水に戻ります。

蒸らした直後は手早く曲げに入りたいのに、水抜き作業で時間を遅れさせたくない。


となると(-o"-;)/!、


入り口近辺に受け皿を用意し、
DSCN0094_20110820180647.jpg

作業台の空き具合を三角型にして塩ビ管をわざと傾かせて入り口手前は沈み込ませて自然落下を狙うのですな。

さて、塩ビ管をこのように配置したらこんどはシリコンチューブをやかんと塩ビ管にジョイントします。
(ちなみに画像は「クランプで固定」ですが、あまり気になさらずに…)
DSCN0080_20110820180618.jpg

でっ、電源ON!

しばらくすると、

おぉぉぉ!

ちゃんと湯気が出始めた。
DSCN0083_20110820180632.jpg

前回はこの段階すらたどり着かなかったのに(泣)。

とりあえず第一段階は成功のようです(-o-;)/


本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/1065-a849a52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は曲げ木にトライ、ですな 外伝 «  | BLOG TOP |  » 本日は曲げ木にトライ、ですな その4

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。