topimage

2017-09

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は曲げ木にトライ、ですな その11 - 2011.08.30 Tue

ということでっ、何がどういう風に失敗かというと、

曲げのかかり具合は良かったのですが、

接着が上手くいっておりませんでした。

そう、クランプを開放すると、ブワッと材がバラバラに開くのですな。

原因はですねー

蒸し器の使用にあたり、材がものすごく熱いのです。

当然蒸しているのですから熱いのですが、

材が薄すぎたのですな。

ゆえに蒸されても水分が留まることなくすぐに蒸発するのです(材の含水率が極めて低いのです)。

でっ、何が問題かというと、そのために糊の乾燥が想像以上に早かったのです。

これが2度目のトライ。


そこで3度目のトライは糊を塗布する前にウェスで材を濡らしてみました。

そうすることで含水率も高められ、かつ材を冷やすことで糊の乾燥時間も少しはのばせるかと。

ところがこれが更なる裏目となります。

含水率が高まるのが材だけであれば良いのですが、そんなうまい話もなく、糊まで含水率が高まります。

そうすると何が起こるかというと、接着力の低下です。

木工用ボンド(うちはタイトボンドⅢです)の多くが乾燥する仕組みは水分の蒸発によるもの。

水分が早く蒸発せにゃーいかんことにはどうしようもない。

水で濡らすことで乾燥時間がものすごぉーく長くなっちゃうのです。

結果一晩たってもうまく接着せず、その後数日クランプでシメシメしておりました。

そりゃークランプで固定したまま数ヶ月放置しておけばイケルかもしれませんが、そんなのんびりな工房があったら見たいものです、ハイ。

して、その結果も接着力の低下が災いし、失敗。

よくよく考えると、教本では薄い材にして曲げをする場合は鍋でグツグツ煮ていたよな…

などと思い返してもいまさら次郎。


蒸す場合は太い材をググッとやる場合の手法か(-o"-;)/!…


と気づいたのは4日目の朝ですか…

ここまでの結果から導き出されるのは


薄い材を蒸して曲げ加工するのはきわめて難しい


という事実です

いやっ、「難しい」のであって、不可能ではなく、もっと技術力をお持ちの方なら鼻歌まじりに余裕しゃくしゃくにやれるかもしれませんが、友達もおらず、一人読めもしない洋書の教本を猿並みの知能しかもたないトホホ木工屋が勘違いしながら解読して作業をした場合の話です、ハイ。


またもや呆然としながら、ボーッと無残な材を眺めること5分。

ひねり出した結論、それは、





最終回の明日に続きますm(_ _;)m…


本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/1071-35ba43e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は曲げ木にトライ、ですな その12 «  | BLOG TOP |  » 本日は曲げ木にトライ、ですな その10

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。