topimage

2017-06

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はあのねっ、地面ってホントに固いんだよ… - 2012.05.11 Fri

ということでっ、

最寄のコンビニと郵便局に所用があり、外出しようと思ったのですが、せっかくなので先日頂いた自転車の様子を見るのも兼ねようかと。

そもそも最寄のコンビニやら郵便局に行くのにわざわざ車を出す生活習慣もいかがなものかと(-o-;)?

遠方にしかないというのなら分かりますが、たかだか徒歩にて10分足らずであれば歩くなりチャリにて移動が当たり前かと。

でっ、出動したわけです。極上のチャリにて。

出発前に空気圧を見てポンプにてシュコシュコ。

よし、空気圧もバッチリ。

懸念していたチューブがレトロなだけに空気漏れが発生するのでは?といった問題も見られず、かつ近所なので短時間であればOKかと。

ディレーラー(変速機のこと)も問題なく可動するし、

チェーンのコスレもなし、

ブレーキシューパッドのコスレもないし、

タイヤのフレーム、それ以外の部分へのコスレもなし、

後ろブレーキをかけてのかかり具合も問題なし、

前ブレーキのかかり具合もちとゆるいが許容範囲、腰をすえての調整の時に片付けよう。

ハンドルのブレ、緩みもなし、

サドルも同じく問題なし。

よし、出発だっ!

とゆるい坂を下りながら久々のドロップハンドルを楽しむ。

この独特なリジットな構造からくる路面のゴツゴツ感を拾う感じがまたなんとも言えず、

懐かしさとともに古いタイプゆえの煩わしさが却ってマゾ的な当方をゾクゾクさせる。(何しろ車は未だにオモステというマゾ要素バッチリなヤツですから…)

迫り来るT字路。

ミラーが設置されているので車が来ているかは一目瞭然。

子供達には必ず曲がり角では安全確認を、といいながら当人は軽い目視だけでノーブレーキで突っ込みます(だって子供の頃から曲がり角では止まらないもん♪)。

どれ30年物、神的コンディションのロードの切れ味を見てみるか、

とペダルを強く踏みしめ、

コーナーに進入していく、










アレッ?


あーいう時、っちゅーか人間予測のつかない不測の事態が発生した時っちゅーのは時間の進み方がかなり遅くなるものでして…


ハンドルを曲げ、

車体を傾けて進入しているのに、



曲がりらんぞえ?


視線を下げてみると…



ハンドルを曲げれば、当然タイヤも同じ方向に曲がるわけで(ハンドルのコンディションに問題がなければの話ですが…)、



なのに曲がらない?…


って一瞬のことだったんですけどね、


視界がさながらカメラのオートフォーカスのようにグググッと、


ズームイン。





あ……


タイヤが横滑りを起こしている。

そうかっ、タイヤばかりは年季が入りすぎて柔軟性がなくなり(コレは樹脂の硬質化といい、天然、合成問わず時間の経過とともに発生する現象である(-o-)b!)グリップがまったく利いていないのだな…


などと一人納得をした直後。




ガシャ








久々に実感しましたよ。

地面の硬さを。

車ならサスペンションが

単車でも同じ、

自転車ならノンサスでもタイヤが

靴であればソール(靴底のこと)が

それらが地面からの衝撃を吸収するんですよね。

それがね、

ダイレクトにね、

肘と膝に、


ガツン


とね、


来ましたよ。


いやぁー久々の転倒。

以前はいつでしたっけ?

少なくても長野の前でしたか。

でもね、コケた時って身体的なショックより精神的ショックの方が大きいのですよ。

だからねっ、


誰か見ていないか(-o-;)……


とスカウター並みに周囲を確認し、

転んだ直後にすぐに立ち上がり、すぐに引き返す。

それも決して「痛い」などとは口にせず、慌てることもなく、いたって何事もなかったようにすまし顔で。

幸い近所でしたのですぐに家にはたどり着けます。

そして自転車を玄関脇に立てかけ、

家に上がり、

冷蔵庫より冷たいお茶を出し、

ググッと一杯。

一息つき、



いった…………


とうずくまるのですな。

肘と膝をまくりあげ、確認すると、

両方ともすりむけた跡が。





オレは小学生か(-o"-;)…




なんとも懐かしい傷跡を目にしましたよ。

40過ぎたオヤジが…



ちゃちゃっと水をかけてハイ、完了ー

自転車のコンディションを確認すると。

あぁ…

ブレーキレバーの変形を確認、

アルミ製ですから乱暴な修復はクラックの原因に。

なのでっ、ヘタにいじらずそのままに。

フレームがイッちゃっていたら最悪の事態だ、

と確認したら問題ナシ。

そのかわり身体が衝撃を拾ってくれました(-_-;)。

後遺症が残らなければいいけど…

って心配はご無用。

だってすぐにいつものチャリでコンビニに向かいましたが、とりたてて問題もなく、帰宅後の今でも大丈夫ですから(と、ホントはヤセ我慢だけど…)。

それよりも自転車を早速にキズモノにしてしまった方がショックですよ、いやホントに…

軽視しすぎてご迷惑をかけちゃいました。

ブロックパターンもしっかりと残っていてタイヤ再度には「空気圧」と漢字で刻印されているほど涙もののグッドコンディションのタイヤですが、安全には変えられません。

観賞用に残しておいて、新品を購入せねば。

と一発目の「BS 30年物ロード再生シリーズ」は相変わらずのトホホっぷりをお見せしてしまいました(-_-;)…

DSCN1860.jpg


(本日の一言)

久々にえぇーエンディングだな~と実感。

でもねっ、実写版のムッタは大泉洋がやるべきだっとも実感、しているのは自分だけではないことが分かってなんだかうれしい…




(お知らせ-1)

東急ハンズ渋谷店7a

Hands Gallery Market

にて5月26日まで出品します。

お近くにお越しの際にはぜひともお立ち寄りください(-o"-;)/!


(お知らせ-2)

「世界のこどもの椅子 展 19世紀から21世紀まで」

2012年6月3日(日)まで

小海町高原美術館

http://www.koumi-town.jp/museum/




本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●

メール見てからこちら見に来ました。
怪我の方、大丈夫でしょうか。大事にされて下さい。
タイヤの劣化というと、堅くなって、妙に少しツヤが出てきたような感じで、ってそんな状態だったのでしょうか。
そういったコンディションのタイヤで走ったことがないのでなかなかわからないですが。
やっぱり、滑る、とそういうことなんですね。
私も昔、御存知かどうか、今は無きARAYA(=ツバメ自転車)のMTBを高校生の頃、お年玉貯めて買い。
大学生になった時でしたが、寮から大学に向かおうとしたときに近所の子供と自転車同士で出会い頭にぶつかって相手を廃車にしてしまったり・・・、
ここ最近は,(おでみつさんには叱られそうな感じですが)両サスのどうもそれなりに高性能らしいMTBを街乗りにしか使っていないのですが・・・。
昨年、それなりの坂を下りきったところを減速しつつ後方確認しながら右折しようと右から後方を振り向いたら、足元に小学生が後から猛スピード(!)で突っ込んできていて・・・。
幸い、突っ込んできた彼は尻餅付いただけですみ(それこそ、そのシーンはスローモーションで脳裏に焼き付いていますですはい)。私のMTBの前輪のホイールが逝ってしまいましたが。
彼はそれを見て、「大丈夫か?!」との私の問いかけに対し、
ひん曲がったホイールを見て驚いたのか、
「大丈夫です大丈夫です、」と言いながら慌てて走り去り・・・。
残された私は呆然としつつ、前輪のホイールがひん曲がって漕げなくなってしまったMTBの前輪を持ち上げ、とぼとぼ仕事場まで歩いて帰ったというのがありましたが・・・。

私は今年まだ後厄ですし・・・。

種まで時間が残り少なくなってきましたし。お互い気をつけましょう。

TAZAWAさんへ

コメントありがとうございます。

いやはやかなり大変な目に合ったのですね。

しかも情景を思い浮かべるとトホホ度数がかなり高しとお見受けしました(-o-;)…

しかし、大怪我されなかっただけ不幸中の幸いというところでしょうか。

確か、私はもう後厄も済み、無罪放免のはずなんですけどね…

お互い色々な意味で頑張りましょう(-_-;)…

それでわ

自転車でコケルなんざ、なかなか貴重な体験しましたね。
骨折して、そのまま入院・・・引退・・・

とならずに、なによりです。

ムッタは、大泉洋だと、知的な感じがまったくなくなってしまうので、ダメですよ。
小栗旬の役作りが素晴らしいと思います。見た目は。
映画は見てないですがね。

Masaki様

まっ、見解の相違はよくあることですから…

私は「アレは大泉洋だ」と念じることにしました(-o-;)/

それでわ


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/1158-50ac0f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は急に欲すぃくなったもの «  | BLOG TOP |  » 本日は我が家の日常

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。