topimage

2017-08

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その8 - 2013.03.15 Fri

※“えふびぃぺーじ”開設しました。“えふびぃ”と違いどなたでもご覧いただけますのでご高覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

工房風緑木 | Facebookページも宣伝


ということでっ、

6作目。

DSCN4522.jpg

この頃には復元するのが楽しくて、朝から晩までひたすら作業してましたか。

今回のお題は幕板(天板真下の部材)の構造とそして、「モザイク天板」。

現物の画像を何度見てもどのような構造体なのかが分からなかった作品。

DSCN4527.jpg

バラしてしまえば一目瞭然でしょうがそんなことは当然できないので外からジッと眺めて推理するしかありません。

考えること半日。自分なりの見解を実行してみました。

まずは単なる一枚板で四方を組み、

DSCN5939.jpg

飾り加工をした幕板上部を天板に仮止め。
DSCN5942.jpg

この上部のパーツ、一枚板との接合部分、きつ過ぎず、ゆる過ぎずの加減がコツ。
DSCN5940.jpg

位置を確認後取り付け作業を。
DSCN5943.jpg

その後横部分の部材を取り付け、
DSCN5944.jpg

最後は幕板下部の取り付け。
DSCN5952.jpg

実際のものがどのように制作されたのか未だ自分には分かりませんが、

自分ならこう作る

という見解のもと、制作しました。

そして今回の複製作業の関係者(とは、区の職員の方々や間に入っていただいている施工業者等)の中で最も懸念されていたモザイク天板の再現。
DSCN4523.jpg

微妙な反り具合とその使い込み感。

これをどう再現するのか。

3ミリまで削りこんだ材の1/3ほどは水に漬けて浸透させた後、アイロンを当てることで急激な蒸発により反りを出させました。

それらをの材を一枚一枚張り込んでいきます。

そして本番はこれから。

段差、目違いに合わせ彩色を施していきます。
DSCN5918.jpg

使い込まれると恐らくここの部分が黒くなってゆくだろう…

イメージを膨らませながら作業を進めていきます。

フチ板の浮きも…
DSCN4525.jpg
現物
DSCN5962.jpg
複製

結果大分忠実に再現できたかと。
DSCN4538.jpg
現物

DSCN5961.jpg
複製

DSCN5966.jpg


●お知らせ●

「木工家の家具展」

期間:3月17日(日)~3月31日(日)

時間:午前10時~午後6時まで 

場所:東御市文化会館 展示室


※ギャラリートーク

「木の家具を語る」

日時:3月17日(日曜日)
   午後2時から
場所:東御市文化会館 展示室

東御市文化会館 情報サイト

えふびぃー板

“えふびぃ”イベント「木工家の家具展」

皆様のご来場をお待ちしておりますm(_ _;)m


本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/1247-e94b52a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その9 «  | BLOG TOP |  » 本日は新宿区立中村彝アトリエ記念館 家具複製の記録その7

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。