topimage

2017-10

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木工教室のお手伝いへの道 その2 - 2006.07.17 Mon

更新が遅れてしまいました。
なにぶん東京からの移動などでヘロヘロになってしまいました。連休中だったもので渋滞につかまったり昔ほど無理がきかなかったり…

さて先日言っていました木工教室に関しては盛況なかたちで終えることができました。
私にとっては初めてのお手伝いだったのですが、色々と参考になることがありました。
先生として指導されたのは昔話のおもちゃ作家として活躍されているH氏です(HPもあるので「昔話のおもちゃ作家」などで検索すると出てくる…はず TVチャンピオンの出場経験もアリ)。
氏の教室の特長は単なる木工教室ではなく、昔話にまつわる木のおもちゃを制作するところです。ノリが乾くまでの間に昔話を氏から聞き、話の中の場面を想像しながら子供たちは木のおもちゃを作って遊びます。実際に作る木のおもちゃは昔話の登場人物で、話にまつわる動きをします。
今回は「舌きりすずめ」です。木のパズルを組み合わせるとすずめになり、そのすずめが舌を切られて痛がりながらコロコロ転がっていくおもちゃの制作です。
場所は狭山市にある博物館。
これです。
PA0_0003.jpg


午前と午後の2部構成で午前午後とも参加人数は20名。結構人気があるんですね~
出来上る予定の見本を見る子供たち
PA0_0000.jpg


H氏の説明を熱心に聞くこどもたち
PA0_0001.jpg


でっ、制作の様子をいいますとモノがパズルなだけに精巧さが必要だったため、子供達は組むのに結構していました。
それでも熱心にペーパーがけをして調整をしている子供達には感心しました。
今どきの子供は結構ドライだときいていましたが、なかなか熱いものを持っています。
そんな場面に触れたことがものすごく良かったですね~
残念ながら制作したおもちゃの画像をおさえることができませんでした。なにしろ子供達が熱心で色々とお手伝いをしていましたもので…
親も熱心でしたね~ ヤッパリ人間っていうのはもの作りがすきなんだなぁと実感しました。


本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/16-e6ada4d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

工房開きへの道 その7 «  | BLOG TOP |  » 木工教室のお手伝いへの道 その1

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。