topimage

2017-09

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はちょっと落ち込んでいます… - 2008.04.07 Mon

ということで昨日は小諸市在住の木工作家Tさんの所を伺うことに(この業界では大御所の方です。興味のある方なら一度は耳にしていると思うのですが…)

随分前から雑誌などの記事で始終拝見していたのですが、実際に会うとなるといやはや緊張するものです。

しかしながら一番印象に残ったのはお弟子さんの方たち。

Tさんはさすが大御所ということもあり木工に対する情熱を内に秘めているという印象でした。

しかしながらお弟子さんの方々は体から突き破ってくるようにその情熱がひしひしと伝わってきます。

休日にも関わらず工房に来てもの作りをされているその姿勢には驚きました。

Tさんのお話伺っている最中に背後から聞こえてくるお弟子さんの刃物を砥石で研ぐ“シュッ、シュッ”という音。

もの作りを真摯に、熱くされているその迫力には圧倒されました。

それに引き換え自分はどうかというと(-_-;)…

なんだか打ちのめされた気分です。


自分は自分のやり方があるんだぁ!

ゴーイングマイウェイじゃい!!


と、考えるほど精神力が強くもない…

おかげで本日は早朝の3時くらいには目が覚めてしまう始末。

しかしながら6時くらいから1時間寝てしまうあたし…

こんなトホホぶりで生業がたったら良いのに…


本日はここまで


ランキングに参加しております。
バスッと一押しいただけると幸いですm(_ _)m。

スポンサーサイト

● COMMENT ●

(/・ω・)/

おでみつさんはおでみつさんのペースですよ^^
うちゅーにひとりしかいないんですよ。おでみつさんは。
ァ、またその話しに・・・♪なんちゃって。(笑)

そういう、わたしも時々人と自分を比べて落ち込みます。(笑)
さいきん、比べることに意味があるのかどうか?とふと思いました。
自分のなかで自分の評論家になるよりも
不器用でも作る楽しみや情熱にエネルギーを注ぐ側になりたいなーって思いました^^

おで、がんばれ♪

ふむふむ、、

私は熱い「ラオウ」より静かな「トキ」の方が好きです。(^^)




意味判りますよね。

お二方に

何だかすみませんm(_ _;)m。

こんなつぶやきにわざわざこたえていただき感謝しております。


ナオミンさんへ

応援ありがとうございます。

自分らしさをしっかりと持ってすすめてゆけばいいいのでしょうが、未だに見つかってないのでしょうねぇ…

でも立ち止まってもしょうがないし、まずはトボトボと前進します。

本当にありがとうございましたm(_ _)m。



yebisuさんへ

コメントありがとうございます。

おっと、そういう切り口できましたか。

そうですか、私は義の星レイでありたいと思うのですが、なかなかそうなりませんね…

なにはともあれ自分のペースでもの作りに励んでいきます。

お心遣いありがとうございましたm(_ _)m。

休日に会社に来て何かするぐらい、
たいしたことじゃなくない?
普通にすると思うけど。

本当にたいしたことって言うのは、
仕事の責任を一身に負うことができるかどうか?
ってことじゃ?って思うけど。
その点から言えば、その弟子よりおでみつさんの方が
一歩も二歩も先んじていると思うけど?

K.C.さんへ

コメントありがとうございます。

正直グータラな人間なので毎日を休日にしてたまに「木工~」くらいの人生にしたいんですよ(これは言いすぎですけどね)。

でも本とかで作家の方のお話を拝見していると「寝る間もおしんで」とか「いつも木のことばかりを考えている」とかそういった言葉をよく見ます。
他人を気にしちゃいけないとはいえ、やはりそういった気持ちがないとダメなのかな?と思ったりします。
もしかしたらまじめにやらなくちゃいけないという感覚は日本人特有のものかもしれませんが…

K.C.さんが以前話されていた北欧での職場の方々のように楽しんで仕事をする。やる時にはやる、でも息抜きもする。そういう生き方じゃこの国ではダメなのかな?って「自分」をしっかりと持っていればいいだけのことなんですけどね。

ちなみに「責任」と「義務」。
この二つ、私がもっとも苦手としている言葉なんですよ。
そういったものを背負うことで萎縮したくないなぁ~
という人間なので…

「壊れない椅子」、「掛け心地の良い椅子」。

そんなものを気にしていたら「ジグザグ」とか「レッドアンドブルー」とか生まれてこなかったような気がします。特に「ジグザグ」の初期型なんかすさまじいものが… あれは技術があとから追いついた典型ではないかと思っています。

とかなんとか言って井上さんの本を読んでかけ心地とかを気にしている自分もいて…

こういった支離滅裂な自分にトホホ気分を満喫している日々です。

でもこういった励ましのメッセージが何よりもうれしいです。

ありがとうございましたm(_ _;)m。


椅子は座る道具、という固定概念からの脱却、ですかね。
例えば、強盗を殴って撃退する椅子、とか
HなDVDを隠す専用の椅子、とか
新聞の勧誘を断るための椅子、とか。

K.C.さんへ

コメントありがとうございます。

K.C.さんのおっしゃるとおりですかね…

座るだけの機能だけでよければ学校にあるような木製の椅子で充分かもしれません。

しかし、K.C.さんの切り口はおもしろいです。

特に2件目が気になります…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/497-3e6a0bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は私の指南書について «  | BLOG TOP |  » 本日は外で見かけたものは

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。