topimage

2017-10

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は千年先は… - 2008.07.14 Mon

ということでかつてのペースから大きく変わりドン亀ペースになりつつあるおでです。

ここ数日は製作しては

ウ~ン(-_-;)…

の日々でしょうか。

地道にやっていきます。

でっ、話題は逸れますが、子供が国語の時間に読んでいる題材がなかなか興味深かったのです。

画像 001

それは薬師寺の修復作業に携わる釘職人のお話。

千年前の釘に挑むその姿勢にはビックリです。
画像 002

千年前の釘にもかかわらず、ほとんど錆びることなく現存しているのには材料の配合に秘密があったようです。

鉄の純度を高め、独自の配合を研究し続けるその情熱。

その研究を続けていきついた先には、
画像 003

ご覧のように節をまわりこんでささっていく釘を製作するまでになったのです。

その職人の方が文中の最後におっしゃった話。
画像 004


千年先のかじ職人には下手くそだと笑われたくない。

それは職人の意地だね


この誇りの高さにはほんとうに敬服しました。

この話の冒頭にかかれていた一節。


千年先のわたしたちの周りはどうなっているのだろう。あのビル、あのマンション、そして、わたしたちの住んでいる家々。きっとかげも形もないだろう。人間のつくったもので、千年以上先めでそのままの形で残っているものを見つけるのは、きわめてむずかしいにちがいない。


たまに聞くのが、


百年育った木は百年生かそう


という家具作りの考え方

そんな発想のレベルではないですよね。

千年先。

そんな先のことをこれまで考えたこともなかったのですが、少し自分のもの作りの部分で意識せねばならないのでは?

と考えた次第でございます。


本日はここまで

スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/551-3bfc5479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は飛びついた次第です «  | BLOG TOP |  » 本日は朝も早から…

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。