topimage

2017-06

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は当方も愛用しそうです… - 2008.12.25 Thu

ということで本日は棚卸ー

材木から、スライドレールから、ジョイント金具から、ネジクギから、ビスケットから、ノリから、塗料から…

去年の棚卸表を見ると、


ここまでカウントしていたのかぁ(-_-;)…


と我ながら少しやりすぎではないか?

と思います…

まぁー、やらなきゃいけないんですけどね…


でっ、それはともかく先日スツールの組み立てで初めて使いました。

タイトボンドⅢ。
DSCN0008_20081225083032.jpg

比較的単純な組み立て作業だったので試してみようかと。

ノリの拭き取り作業をしているといつもと何かが違うような気が…

ウン(-o-;)?

オケのにごり具合がいつもより激しい…

でっ、気づきました。

タイトボンドⅢ。

コレ、普通のノリよりサラッと溶けます。


これまではタイトボンド(“Ⅰ”とでもいいましょうか…)のスロータイプを使用しておりました。

当方は元来の不器用さが災いし、ノリの拭き取り作業はいつも停滞しがち。

ゆえに早く乾かないようにスロータイプを使用しておりました。

仕方がないことだと思いながら、ノリの拭き取り作業には頭を悩ましておりました。

スロータイプとはいえ、はみ出したノリがどんどん乾き始め、これがなかなか拭き取れない。

なかなか拭き取れないから、時間がかかる。

時間がかかるから他の箇所のノリがどんどん乾き始め、他の箇所を拭き取る時は更に困難なことに。

悪循環でした。

タイトボンドⅢは30分とスロータイプより早い硬化時間です。

不器用な当方は恐らく拭き取り作業が満足にできないまま拭き取りブラシを片手に茫然と立ち尽くす姿が想像できました。



ところがですね、

コレがスゴイのですよ。

ブラシで、サッと一拭き。

一瞬にして拭き取れます。

それもだいぶ立ってなかなか拭き取れないのでは(-o-;)?

と思っていた箇所もあっと言う間に。

サッと拭き取れるので作業が早い。

作業が早いから他の箇所も乾かないうちに拭き取れる。

ノリの拭き取り作業が早いのでトータルの作業時間が短縮。


これまでにない体験でした。

白ボンドより、タイトボンド(Ⅰ)より断然スムーズです。

某木工家のブログでも「もうこれからはコレでしょう」というような内容の記事を掲載されておりましたが、確かに。

耐水性もあり、接着強度もあるようですし…

当方も今後はコレを愛用しそうです。

ただ値段がね(-o-;)…



本日はここまで

ランキングに参加しております。
バスッと一押しいただけると幸いですm(_ _)m。


スポンサーサイト

● COMMENT ●

_〆(。。)メモメモ・・

字がちっちゃ・・・σ(・_・) ワタシ爺なんで・・・ (=_=) ジー こんな感じに・・・

TitebondⅢの接ぎに関しての伸びは心地よく拭き取りも非常に良いです。
特に積層とかの場合、非常に楽です・・・
接着力も優れているのですが、接ぎが切れることがないか?と言えば・・・きれるので、基本どおり糊に頼らず木の動きをしっかり見極めることがいるように思います。
耐水性ですが屋外では通用しないので、少しだけ期待しましょう・・・基本は水を嫌ってください。
パインなどは親和性も高くよく拭き取りの糊を吸いますので、塗装に差し障ってきますから染み込みにも注意です。私的にはパインの白にこのグルーラインの色もちょっと気になります・・・ないのがいいんですがネ・・

さて、一番の問題はそちらは寒冷地。去年のめっちゃ寒かったとき名古屋ではタイトボンドは固まらず白濁して接ぎどころでなかったところもあります。冬の青森でも白濁して接着どころではなかったです。
つまり水分が多い分気温に左右されます。その基準室温は8℃
接着剤を使う環境も糊の温度もそれ以下では使わないことが大事です。接着の保障はありません~
そこでみなさん、この系統でない化学反応で固まるPIボンドとか使われて接着の確実性を選ばれている方もいます。

・・・ということでσ(・_・) ワタシ自身は諸手を上げて賛成というわけではありません~が、良い糊なんでス・・こんなタイプの糊は他にあまりないですからね~デ、使い分けをしっかりすることをお薦めいたします。
σ(・_・) ワタシはドミノ用・作業時間延長用にTitebondⅡのExtendを1ガロンボトルで購入しました。TitebondⅢもガロンボトルだと単価は半分になるんじゃないかな?海外通販ですがネ・・・

・・・というσ(・_・) ワタシの感想です・・・ TitebondⅢは気温が大切ですぞ~~やっぱり20度近くで使いたい糊ですね~

No title

きすべ~♪さんへ

コメントありがとうございました。

テンプレートにつきましてはご迷惑をおかけしました。


いつもどおりのディープな情報提供ありがとうございましたm(_ _;)m。

どんなことでもうそうなのでしょが適材適所というこですよね。

気温につきましては当方も気になることですので15~20℃キープを心がけています。あと冬期は乾燥時間を長くとるように…

ちなみにタイトボンド(Ⅰ)はガロン買いしました。Ⅲはお試しというところもあり、このサイズとしました。

次回は…

何にしましょう(-o-;)?

だから適材適所だっつーのぉ、

ノ○テ○さんのHPに伺ってまた勉強します…

恐れ入ります・・・

早速の対応ありがとうございます・・・<(_ _*)>

ま、そのさらさらとした酢酸ビニル系樹脂エマルジョンタイプ海外の主流ですよね~日本の白ボンドも、ま、強度的にはまずまず問題ないかと・・・安いけれどネ・・
最低温度について参考までに・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/toshim11/21884092.html
あとピーアイボンドですが、これはもっとプロフェッショナルなボンドで18L缶しかなかったかな・・?で、小分けしてくれるところは、斎田さん曰く、宮本さんで小分け可能で、そこで彼も購入しているらしいです。興味あればよりディープな工業的ボンドも知っておくとよいかもですネ
http://www.ann.hi-ho.ne.jp/r-mymt/price.html

など参照・・・どうぞ・・・

やっぱりディープですか?
( -_-)フッ  
マタキマス・・・ 。。。。(( T_T)トボトボ  

No title

きすべ~♪さんへ

コメントありがとうございます。

ご案内いただいたHP拝見しました。

大変参考になりました。

やはり冬でも暖かく。

が大切ですね。

身体的環境においても…

PIはググると賛否両論のようですね。

接着剤の性能というのは木工ではモロに跳ね返ってくる世界ですから、今後も勉強いたします。

貴重な情報ありがとうございました。

それにつけても…

ネットは便利です。

昔は「手作り木工事典」が頼りでした…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/658-b78b5e66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は来年もこれだけは健在だと思いますが… «  | BLOG TOP |  » 本日は経過報告その3

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。