topimage

2017-10

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はどの程度の人間か見えますが… - 2009.06.04 Thu

ということで、どこの家庭もそうでしょうが置き場で一番厄介となるは本ではないでしょうか。

でっ、2階の廊下に本棚を設けてもらったのですがこれだけでは不足するのは必至
DSCN0061_20090603224221.jpg

故に対面となる階段脇に柱を立ててもらったんですよ。
DSCN0054_20090603224330.jpg

これだけでは大した置き場とはならいので棚は自作することにしたんですよ。

でっ、工房にある2x4材の端材を利用。

本来であれば、


ダボ穴をあけるかレールを取り付けて高さを調整できるようにする。


のが本来の仕様でしょうが、最初から何を入れるか決まっているし、第一もう既に立っている柱にその様な加工をするというのがものすごく面倒に感じたのでコーススレッドにて横からビュビュッともむことに。

でっ、念のため柱の間を実測したんですよ。

そうしたらですねぇ、間隔がバラバラなんですな。

右の間隔と左の間隔が違うし(つまりピッチがバラバラということ)、上と下でも違う(つまり柱が斜めっているいるということ)。

違いは数ミリのもの(最大でも2ミリでしょうか)。

目測では分からないレベルですが入れる棚板にとっては大問題。

取り付ける位置の全ての間隔を実測し、それに基づいて工房でカットを。

建てたばかりの家の柱をのっけから穴を開けまくりの改造。

普通はここまでやらんかな(-_-;)…

気が付くと床やら階段やらは木屑だらけでとんでもないことに…

こりゃー建てた大工さんが泣くかも…

格闘すること数時間後。完成ー

棚板の固定は食い違いにすることで側方からビュビュッともめるような方法を取り、向こう側に落ちないように反対側からストッパーを設けました。
DSCN0075_20090603224448.jpg

でっ、本を置いた状態です。
DSCN0063_20090603224603.jpg

全部漫画だけど…

これであたしがどの程度の人間かうかがい知ることとなりましたな(-_-;)…

ちなみに階段脇下段だけは階段向きに書棚を設定しました。以前から階段に腰掛て蔵書に目を通すのが夢だったので…
DSCN0064_20090603224713.jpg


本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●

 2ミリの誤差は家具にとっては致命傷でしょうが家の大きさのレベルで言えば許容範囲なんでしょうね。
ビフォー・アフター見てても「あれで良いのか、、、(--;)」と言う作業がかなりありますよね。
 
それにしてもすばらしい量の蔵書ですね。
私も漫画は好きで以前は良く買っていました。
最近はたまったらネットオークションで売っています。古本屋で売るよりかなり高く売れます。

「寄生獣」だけは手放せません(あなたもお持ちのようで、、、^^;)。

yebisuさんへ

コメントありがとうございます。

ビフォー・アフターはおっしゃるように、

えっ(-o-;)?

っという瞬間がありますよね。


耐久性を考えているのか?

実際の使い勝手は?

とはいえ人様のことが言える立場ではないので、公言はしませんが(-_-;)…(故にコメント欄レベルにとどめておこうかと…)。

まぁーしかし全体のバランスを見る限り問題ありませんし、こういった細かいことまであぁーだこーだと気にするのはこういった仕事をしているせいなのでしょう。


ちなみに蔵書につきましてはほとんどが学生時代、もしくは独身時代(つまりアルバイトもしくは給料を好きなように使えた時代)のものでして、結婚後は浦沢さんくらいしか集めていないのが実情です。

オークションに出品するにしても状態がひどすぎてあかんでしょう。

故にここに取り残される運命となるでしょう(-_-;)…

階段脇の蔵書は極力家族のだれでもが読めるものを選択したのですが、「寄生獣」は子供が読んでいまして。

ちょっと描写がキツすぎて早くないか(-o-;)?

とも思ったのですが、まぁー、奥深い作品ですからとりあえずは配置しています。

今後もシャッフルの予定です。
「がんばれ元気」を差し込もうかと…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/764-9f710749
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は組み立て家具の現場が見てみたい… «  | BLOG TOP |  » 本日はその気持ち分かるような気も…

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。