topimage

2017-10

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は長い戦いーその11-最大のヤマ場 - 2010.12.07 Tue

それは、近郊の銀行にくまなく差押さえ手続きを行う。

幸い町レベルの規模です。都市銀行など存在せず、地方銀行の支店が二つほど。

それほど手間はかかりません。

しかしながらこの場合のデメリット。

それは総額で請求金額の以下の申し立てでなくてはいけないという決まり。

つまり二つの銀行へ差押さえを行うのであれば二店舗の合計金額以下の請求でなければいけないということ。

片方に口座がヒットしても半分くらいの請求しかできないということです。

しかし第一の目的は口座を探し当てること。

まずはそれで申し立てを行うこととしました。

申し立てをおこなう準備として法務局に向かい、債務者(この場合オーナー)と第三債務者(この場合銀行)の商業登記簿謄本を出してもらうことに。

書類を受け取り、自宅で申し立て書類の制作を。

しかしながらここで改めてオーナーの登記簿謄本を見て、また考え込んでしまいました。

オーナーの住所が長野県ではなく県外なんですな。

よくよく考えると経理を担当している方も県外なんです。

つまり、銀行口座は軽井沢にあるとは限らない。

そこで謄本に記載されている住所を元に地図で銀行をくまなく検索。

結果、県内2店舗、県外4店舗の計6店舗での申し立てを行うことにしました。

1店舗当り3万円強での請求。

額は減りましたが、目的は口座の確定。

全額を回収するには口座がヒットさせた後、一度申し立てを取下げ、再びヒットした口座に全額申し立てを行います。

ちなみに取下げの書類と再度の申し立ての書類は一緒に裁判所に持って行き、再申し立てを即行うつもりでした。

債務者の債権を取り逃がさないプロのやり方から学びました。

この申し立てと同時に銀行には陳述催告の申し立ても行うことにしました。

つまり債務者の口座が存在するか、存在する場合、記載金額の請求に応じられるかの返答を求める申し立てです。

話が少しずれますが個人情報保護法なんていくらでも切り崩せることを実感しました。

謄本による居住地の住所や銀行口座の割り出しって多分正攻法でもできるんでしょうね。

ちょっと怖い世の中です(-o-;)。


再び法務局に寄り、他銀行の謄本を取り寄せ、裁判所に出向きました。

これまで窓口は簡易裁判所でしたが、今回は…


地方裁判所


です。

申し立て窓口がレベルアップしました。

書類自体に不備はなく、すんなりと受理されました。

しかし、窓口が変わることで、担当官も変わり、今回は第3者である銀行も巻き込むようになり、


事態はいよいよ拡大しつつあるんだな…


などと漠然ではありますがなんともいえない緊張感を持ちました。

債権差押命令の申し立てを行い、ついに強制執行の実動です。



※参考にさせていただいたサイト
 尚、書式、記入例につきましては裁判所サイトがオススメです。

よろずやの独り言ー債権差押命令と陳述催告の申し立て




本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/929-df24761a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は昨日の顛末は… «  | BLOG TOP |  » 本日は長い戦いーその10-悩ましい問題

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。