topimage

2017-07

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はデスクセットの紹介です。 - 2011.01.12 Wed

ということでっ、先日納品先より帰還し、無事に終了しました。

その家具の紹介を。

DSCN0047_20110112100207.jpg

今回は

デスク、

ワゴン、

本棚、

椅子、

とまとまったお話としていただきました。

今回使用される方は大人の方なので学習机というよりはデスクとしての用途です。

デスクについてはシンプルな中にも曲線を生かした当工房らしいものにして欲しいというご要望でした。
DSCN0049_20110112100217.jpg
天板手前は緩やかなラインにし、

いつものように縁を削り、天板にシャープさを出しました。
DSCN0050_20110112100224.jpg

この曲線けっして装飾的なものとしてだけ表現したわけではありません。

実際にはこのような組み合わせで使われるのですが、
DSCN0069_20110112100243.jpg

本棚の手前にはベッドが来るため使用者が本棚に行きやすいように奥行きを抑え目にしています。

また、使用者は主にパソコン用として使われるのですが、PCはノートタイプを使用。
となると奥行きは必要ありません。
むしろ使用者にとっては奥行きを大きくとることは無用の長物となります。

一方、天板右側につきましては資料等、広げる機会が多くなると思います。
となると右側部分につきましては面積をできるだけ確保した方がいいはずです。

これは感覚的な部分になりますが使用者を中心に円形状に天板が切れ込んでいますと、作業性も良くなると思います。

といった使われる方の機能性にも配慮した意匠を考えました。

引き出しはフルスライドレールを採用。
DSCN0051_20110112100249.jpg

パソコンの配線を考慮し、天板奥側には欠き取りを行いました。
DSCN0055_20110112100259.jpg

ワゴンについてはこれまで何度か制作している至極シンプルなものを。
DSCN0054_20110112100305.jpg

こちらも全段フルスライドレールで、下段はA4ファイルの収納に対応しました。

また、こちらのワゴンを手前に引き出すことでサイドテーブルとなり、更に資料を広げる面積を確保しました。
DSCN0052.jpg

本棚についてはデスク天板の意匠の雰囲気に合わせ曲線を出し、
DSCN0056_20110112100325.jpg

こちらも縁を削り、シャープ感を出しました。
天板には集成材を使用し、重量物である本にも対応できるようにしました。
DSCN0058_20110112100331.jpg

側方の部材はハシゴ状としました。
それも手前の部材は極力細くするように意識しました。
側方を板状にすると今回の配置の場合、空間に圧迫感が出てしまう為この形状とし、
手前の部材を細くすることで棚板との関係に軽快感が出るように狙いました。
DSCN0071_20110112100337.jpg

最後に椅子についてですが、
DSCN0076_20110112100349.jpg

こちらはいつものようにバックスタイルを意識したものとしました。
使われる部屋のドアはデスクと丁度対面となるのでドアを開けた時には椅子の後姿が真っ先に見えるはずです。
扉を開けた時に椅子を眺めてがっかりするような思いにならないように…
という気持ちで制作しましたm(_ _;)m。
DSCN0077_20110112100355.jpg

笠木は背に当る部分が適度に当るように削り出しを行い、
DSCN0074_20110112100402.jpg

背のスポークは背をやさしく包み込むように心がけました。
DSCN0079_20110112100408.jpg

また、スポークを受け止める部分は椅子強度を確保する部分でもある為厚みが出てしまうのですが、下段部分を斜めに削り出しを行うことで重量の軽減に努め、また視覚的にはシャープ感を狙いました。
DSCN0081_20110112100415.jpg

こちらが納品させていただきましたお宅となります。
DSCN0085.jpg
ご新居での新しい生活にうまくこの子たちが溶け込んでくれたら幸いです。

最近特に感じることが多くなってきましたが、お客様は皆様様々な事情をお持ちで決して既成のサイズや形状では対応できないことを実感いたします。

それは機能、意匠、作風もっとつっこむと人格までご覧頂いた上でお話を頂いているような気がしております。

故にこちらとしては全ての部分に対して誠実にもの作りをしなくてはいけないのでしょう。

改めてそのようなことを実感させていただいたお話でした。

この度は本当にありがとうございましたm(_ _;)m。

さて、それでは展示会の作品作りに突入です。

でも、確定申告もありますな…

そろそろ税理士が必要なのでしょうか?…


本日の一言

心に残る秀作です。




本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/942-a9434710
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は新年早々やれやれなんです。 «  | BLOG TOP |  » 本日はホントの正月はこれから

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。