topimage

2017-05

本日はいんすたやっておりますm(_ _;)m…

ということでっ、インスタやっておりますのでそちらをご覧いただけましたら幸いですm(_ _;)m…

“instagram”のページへ



本日はここまで

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日は考えを改めさせる一日となりました - 2011.04.06 Wed

ということでっ、昨日もいくつかのプチ出来事がっ、


まずは、「水曜どうでしょう」長野アリア昨日から始まりました!

イヤァー楽しみにしてました。

がっ、早目に消灯したので録画しておきました。

がっ、映像出力用のコードを買い忘れ

この段階で本当に楽しみにしていたのか甚だ怪しい(-_-;)…

時間もなく最終手段として地上アナログで録画を敢行。

しかし…

HDレコーダーに映像入力をつないでいなかったことを忘れあえなく惨敗

_| ̄|○…

電器屋へ走らねば…



仕事の方は午前中、家具の搬入のお手伝いを。

たかだか搬入のお手伝いだというのに色々と頂き、かえって恐縮してしましました。

なによりも納品された空間を拝見できるのは勉強になります。

ショールームにポン、

ではイメージが沸きませんが、

暮らしの匂いや自然光が入る空間にあると家具がグッ引き立ちます。

やはり“家具”というだけ“家”に置かれてなんぼというものですね。


でっ、午後より梱包作業。

先日触れた素晴らしいアイディアとは!

物を包んで搬送もしくは移動するのにローコスト、軽量、というとやはりダンボールですよね。

たまたまダンボール箱が切れていた
(よくよく考えるとビバホームにはあったのだ…)

という事実もあり、代用できるものを。

まぁー、それにかわるものはホームセンターならいくらでもあるかと先日カインズホームを物色したわけです。

もっともせっかくのなので条件付けを。


荷をほどいたあと、その梱包材をコンパクトにまとめられること。


でっ、最初に目についたのは籾殻をいれる大きな袋。

色が緑ということもあり尚更気に入ったのですが、フニャフニャですから何か骨組みになるものはないかと。

真っ先に浮かんだのは矢崎加工のイレクター(詳細はコチラより)。

しかしスチールパイプということで加工性も悪く(カッターをこのためだけに買うのはバカらしい)、重量もあるので却下。

お次は住宅の配線に使うパイプ。プラスティック製なので加工性も良く、軽量なので素材としては申し分なし。

しかし、中に通す配線へのストレスを考慮してかエルボー(90°にジョイントする部材)のRがゆるやかでちょっとこれはピシット感に欠けるな…と却下。

でっ、最後に行き着いたのは水道管。

おぉ、そういえばこんな基本的な部材を忘れていた。

プラ製、エルボーも適度にタイト。

こりゃ、使えると。

これで者に合わせてパイプを切断し、ジョイントすれば立派なフレームとなる。

籾殻の袋はやはりスケルトン過ぎるので却下し、これに変わってシート状のもの見つけ、

立派な梱包ケースが完成ー

現場ではフレームを分解し、シートも畳んでコンパクトに収納。

こりゃ、完璧だ、と。

でっ、昨日物に合わせてカットしようとしたんですね。

そのためにはバラバラだった部材を緩衝材で包み、紐で縛ってまとめ、いざ採寸しようとしたら…


コレってこのままシートに包んでもいいんではないかい?


そう、紐で縛ったら意外とコンパクトにまとまっちゃったわけです。

でっ、そのままシートで梱包し、完了ー
DSCN0007_20110406114500.jpg

結局、水道管は、無駄なものとなりました

いいんです、

いつか、

どこかで、

何かに、

使えます、ハイ。

_| ̄|○…



その後、進行中の製品の資材の調整作業。

でっ、気が付くと夕方。

平行しているプレゼン資料の制作も完了しているのできょうはこれにて閉店と。



でっ、例のつぶやきの件にとりかかろうと思ったのですが…

いや、ちょっと考えを改めようと。

人には物事を始める時いくつかのタイプがあるかと。

まずは始めてみて、それから研究をしながら改良していくタイプ。

予めネットや何か専門書などに目を通し、それから検討して行動を起こすタイプ。

今回は前者で始めてみたのですが、どうやらあたしは後者のようです。

いやっ、本屋に行った時についでに“つぶやき”に関する本を一冊買ったのですな。

でっ、内容に目を通し…

私の認識の甘さを実感しました

_| ̄|○…

よくよく考えればブログもホームページもそれなりに時間をかけて足りない頭で検討してから行動を起こしたのに今回は真逆でしたな。

路線を大きく変えての臨むことにしました。

ですからっ、

「えっー、こないだ言っていたことと全然違うじゃんー」

とどうか責めないでいただけましたら幸いです、ハイm(_ _;)m…



でっ、もう一つ認識が変わったのは、例のモグラの件。

先日も触れたように、この本にはモグラに対する誤解、撃退グッズの怪しさなどがかかれていますが、その後にはモグラの生態(写真で見るとなかなかカワイイのです)、そして撃退法までかかれております。

しかし、最後に著者がかかれている文面が印象的でした。


「畑でモグラの被害が出る」というのはモグラに配慮しない、つまりモグラに弱いシステムが稼動しているに他ならない。
やって来ない間はシステムの欠陥が露呈しない。被害が出ればシステムを考え直すことなく悪いのはモグラだ…と血眼になってしまう。そしてたいてい捕獲で個体数を減らす話になる。
(※勝手に中略しています…)

ハチの巣のときも悩みましたが、それは人的被害が充分に考慮された事例だったので仕方がないと思うのですが、今回のは一概にそうは言えません。

なぜならモグラは植物にとって有害な昆虫などを主食としているからです。

更には一匹を退治したとしてもモグラが住み着いたという前例があるからには次のモグラが侵入しやすいようです。

つまりイタチゴッコがおまちしているのです。

となると、対策としてはモグラが住み着いても植物に被害が起きない植え方、システムっちゅーやつを考慮するべきのようです。

ということで…

捕獲、撃退をやめ、被害にあわない植物の植え方から考え直す必要があるようです。

今年の野良仕事はそんなことがテーマとなりますな。

楽しみが一つ増えた気がします、ハイ。


しかし、ここ二日ほど、なにゆえにこれほど内容が濃いんでしょう(-o-;)


本日はここまで
スポンサーサイト

● COMMENT ●

お久しぶりでおじゃましてみたら、相変わらずなご様子で・・・。
我が家のベランダミニ箱庭とは比べ物にならないほどの本格野良作業、楽しみにしています。
モグラが住み着いても大丈夫ってどんなのでしょう~?

うおこさんへ

こちらこそご無沙汰しておりました。

モグラとの共生って正直自分にも想像がつかないのですが、何だか楽しみでもあります。

それが不幸の始まりだったりして(-o-;)…


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://odemitsu.blog68.fc2.com/tb.php/984-f238e582
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

本日は一杯やりたくなったのです… «  | BLOG TOP |  » 本日は印象深い一日でした…

プロフィール

おでみつ

Author:おでみつ
軽井沢にて木工制作業をしています。
2児の父です
カミさんが怖いです(-o-;)…

ホームページを開設してます。

お立ち寄りいただけましたら幸いですm(_ _)m。

工房 風緑木のHPへ

お問い合わせ

コチラにご質問、お問い合わせ内容をご記入下さい。

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:
無料カウンター

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。